カテゴリ:ラジオの時間( 59 )

パプアの秘境でラジオ・ジャパン短波放送受信

P29VEGのライセンスは生きていたものの、やはりスーツケースのスペースの制限もあり、TECSUNの短波ラジオPL-380とGPSロガー目的として持参していたID-51Aで正解でした。
(結局のところ、夜のお楽しみ時間も確保できなく、ムセンをする時間の確保も困難でした。)

『パプアの秘境でラジオを聴こう』シリーズも第2弾となりました。

前回の受信(第1弾)ではラジオオーストラリアがシェパートンからの短波放送を終了する直前の滑り込み受信でしたが、今回の目的はパプアの秘境で「ラジオジャパン」を受信するに重きを置きました。


a0004359_21123752.jpg


結果的には、こんな感じでPL-380のロッドアンテナだけではなんだか役不足感がありましたので、前回の反省?から持参した1メーター程度のワニ口リード線が大活躍。
ホテルの窓枠に噛ませることで、受信感度もそれなりにUPし、何とか遠く離れた母国の電波を受信することができました。

a0004359_21130325.jpg


こんな感じの簡易宿舎…なホテルで、コレでも4スターで、客の大半は、鉱山のマイニング関係者です。

なんと、僕の部屋のエアコンが壊れたままで、知っているにも関わらず、メンションなし。僕が「俺のエアコンつぶれてるやんけ!ゴラァ」とまでは言いませんでしたが、「部屋変えてくれよ」というと、「今日はフルブックでダメぽ」という始末。アコギな商売ではないですか。

結局なんの進捗もなく、「これがパプアクオリティ」と納得し、寝ることにしました。(もともと高地で夜間は涼しかったので、問題は無かったです。)


a0004359_21124721.jpg

と、ハナシは脱線してしまいましたが、現地も当然ながらヒジョーに遅いネット、電話環境で、まともにネットが使えるわけでもなく。

そんな中でのリアルタイムでのラジオジャパンの放送はある意味、先端を行っているようにすら感じ、なんの情報源もない秘境でのラジオ受信、これぞ、国際短波放送の使命の一つではなかろうかと感じずには言われませんでした。


パプアの秘境で聴くラジオからの日本の歌謡曲…
また一つ、いい経験ができました。(当然、受信報告書は作成しました。)

[PR]
by JM3EHG | 2018-09-27 06:19 | ラジオの時間 | Comments(2)

PROPAGATION Edition 5 ダウンロード

夏の風物詩(こっちは冬ですが)になりつつある、恒例のイベント、「PROPAGATION」のEdition 5をこちらよりダウンロードしました。
なんだか夏のハムフェアーではなく、この「PROPAGATION」をダウンロード、印刷、自分で製本作業する行為から、一年の経過を感じるようになりました。

技術的な話題もですが、ラジオと旅、時にはアマ無線ネタが読み物として展開されており、読み物大好きの私には非常に楽しいものです。

このたいへん素晴らしい書物を監修(そしてフリーで提供)されておりますTotsuka DXers Circleの皆様には感謝の言葉しかありません。





[PR]
by JM3EHG | 2017-08-07 06:55 | ラジオの時間 | Comments(0)

パプアの秘境でラジオ・オーストラリア短波放送受信

12日間、PNGの秘境に山籠もり、もとい出張をしてきましたが、さすがにリモートサイトというだけにアクセスがヘリコプターのみというすごいところでした。

太平洋戦争時代に前線基地があったウェワクからヘリで40分ほど南西に下がった部分で、もう少しいけばインドネシアの国境にも到達するところです。
a0004359_09101945.jpg

現場はマイニングカンパニーが保有するサテライト回線がありましたので、かろうじて、Eメールのやり取りはできましたが、Youtubeなんてカクカク動作で全く使い物になりませんでした。
滞在していた宿舎も当然、テレビなんぞはありませんので、夕食後はシャワーを浴びて野球観戦、、、ではなく、おとなしくレポートを作るか寝るかくらいしかないという何ともなところでした。


そんなときは「アマチュア無線だろう?」という考えにいくのもの「アリ」なのでしょうが、結局のところ諦めました。
というのもヘリに乗りますので、現地に持ち込む機材(本業のほうです)の重量制限やスケジューリングからも到底出来そうにありませんし、事実、滞在中は基本的に「忙しい」、「暑さで体力消耗」の状態でできる状況ではありませんでした。

脱線してしまいました。

根底には未練がありましたので、小型の短波ラジオ(TECSUNのPL-380)だけはスーツケースに忍ばせて持ち込みました。
本来の目的は、どちらかというと「ローカルラジオ局」を受信して、たとえばローカルミュージックや言語はわかりませんが(PNGはトクピジンはじめ、約800言語あります)、トークバックなんぞを楽しめれば、、、という淡い想いでしたが、それは見事になくなりました。

というのも、今回の滞在先が遠隔地過ぎて、全くラジオすら入感しないという状況。せっかくWRTHのPNGのページを持っていたにも関わらず、なにも役に立たないという状況でした。

そんななかで思い出したのが、「確かラジオオーストラリアが南太平洋向けに放送をしているはず」ということで、さっそく夕食後に25mバンドに合わせるとフェージングを伴ってばっちり聞こえました。



a0004359_09111526.jpg

で、感動していたら、なんと来年1月末を以て終了するニュースが…


時代の流れ、、、といえばそれまでと思うのですが、たとえば、PNGの場合、実は人口というものがはっきりわかっていないという事実があります。基本的にそれは「センサス」(国勢調査)的なものが数年に一度行われていますが、このような超遠隔地に分布する村、集落というのは把握できていないというものが実情です。

現地の人からも聞きましたが、彼らはどのように情報を収集するのか?という部分については、恵まれている集落は政府や、アメリカの非政府組織が配布したラジオを持っており、それで受信しているはず、(ここでいう受信はPNGの国内放送)とのことでした。
それ以外の集落はわからない…。

PNGの集落の人がラジオオーストラリアを聞いているのか?という部分では疑問も残りますが、事実PNG向けで豪州から送信しているわけですので、それも見込んでいるのでしょう。

テレビもインターネットも行き届いていない遠隔リモート地で情報収集をラジオで行う…コレ、まさに短波ラジオの役割ではないでしょうか?大きな感動、というまではいきませんが、やはり感動はありました。いつものABCのニュースです。

今回はたまたま、通信手段がほぼない、出張先のマイニングサイトから小型短波ラジオでラジオオーストラリアを受信してみたわけですが、改めてラジオの大切さも痛感した次第でした。


[PR]
by JM3EHG | 2016-12-13 09:05 | ラジオの時間 | Comments(0)

PL-380で台湾お出かけBCL

前回の記事からずいぶんと開いてしまいましたが、生きています。
5月中旬から日本に一時帰国で、その準備もあり5月は特に忙しい時期でもありました。

a0004359_19195408.jpg
今回は初めて中華航空を利用しましたが、飯もうまいし、メルボルンから搭乗してそこはもう台湾な訳で、一発目から台湾金牌でよかったです。

4年に一度大事故を起こすキャリアで有名?かもしれませんが、特に問題はありませんでした。(あっても困りますが…)台北もメルボルンからの中継地点としてはいい位置かなとも思いますし中華航空はまた利用してみたいキャリアです。
香港やシンガポール経由もありなんですが、ひらがなでいう「く」の経路になり時間がかかるんですよね。。

「台湾」というのも一時帰国の復路でのストップオーバーで台湾観光を計画。駆け足ではありますが、ポイントは見てきました。私は6年ぶりの台湾再訪です。

それと夜のお楽しみ…九份では斜面に面した民宿に泊まったのですが下界を望みながらPL-380でラジオジャパンの受信をしてみることに。
a0004359_19185588.jpg

31メーターバンドで良好に受信できましたので早速受信報告書を。ついでにRadio Taiwanの日本語放送も受信(下界の淡水の送信所からTXしているので十分な強度で受信)しましたので、こちらにもベリをリクエストしたいと思います。

普段の寝床ラジオではDE-1103(愛好者3号)を常用していますが、小型で人気のあるPL-380が前々から気に入ってましたので今回の帰国を利用して早速購入。

副産物は1179毎日放送の「ありがとう浜村淳です~」がFM波で楽しめたことでしょうか(笑)
相変わらず映画の筋はほとんどしゃべっていましたが、非常にクリアな音声。AMラジオのいいところであるトークバックも快適な音質で楽しめました。

話が脱線してしまいました。
このPL-380、小型のBCLラジオとしてはバッチリです。小さいので旅行先でのワッチも快適でした。




[PR]
by JM3EHG | 2016-06-01 19:22 | ラジオの時間 | Comments(0)

3MBS Fine Music Melbourne

久しぶりの「ラジオの時間」カテゴリとなります。

メルボルンは冬となり、やる気がそがれる季節になってきました。この週末はこれまた久しぶりの3連休なのでもあるのですが、全くの予定なし。
お仕事QRLであまり休みのことも考える余裕もなかったのですが、今朝は起きると晴れの天気。
移動運用、、、といきたいところですが、以前から気になっていた市内のレトロなパン屋に行ってみることにしました。

a0004359_17154743.jpg
休日の市内への外出、、、人出が多くストレスばかりがたまるのですが、なにやら連休で遠出しているのか、意外と人出もまばらでよかったです。

お目当てのパン屋はこんな感じ。というのも、「Convent」というわけで昔の修道院の建物の一部なんですよね。たぶん修道士さんらはここでパンを自分らで焼いて食糧としていたのかと思わせる雰囲気です。なにやら、普段のCafeと違い店員もテキパキと動いています。すごく些細なことなのですが、最近はこれくらいのことでも感動するようになりました。(要するに普段は段取り悪いというわけです、Hi.)
コーヒーとキッシュをオーダー。遅めの昼飯でしたが、これくらいで十分です。


実は道中、電柱の看板で怪しい文字「RADIO 3MBS 103.5」を目ざとく見つけていたのを嫁さんは気づいていたようです。(笑)
a0004359_17215315.jpg

これはスタジオ訪問しないわけありません。
さっそく突入してみることにしてみましたが、当然、玄関はあいているわけでもありませんので、ここは丁寧にインターホンで訪問の意を伝えました。「ちょっと今放送中やから、5分くらい待って」という返事があり、しばし待つこと数分。中からおじさんがなんか変なアジア人が来よったな、的な顔で迎えてくれました。
このあたりは丁重にお礼を述べ、「ラジオのプログラムとかあるかな~」と。「3ZZZでミキサーしててん」とか話すと、「おー、それならここでもやってくれるか」的な感じになってきまして、最終的にはスタジオまで入っていました(爆)

a0004359_17280908.jpg

この「3MBS」、1975年に設立されたビクトリア州で初めてのFMラジオ局のようです。クラシック音楽が専門のラジオ局のようで、その筋のマニア様にはうってつけのようです。
いかんせんクラシック専門という部分においてはミキサーとしてもオンエア中眠ってまいそうな感じがします。

とはいうものの、たまにはクラシックなんぞを聴くのもFBかもしれません。セカンドの育成にはクラシックでしょうか…?(英才教育?)

a0004359_17274709.jpg

この度は突然現れたアジア人に対して丁寧に説明いただいた、Ronさんに感謝です。

[PR]
by JM3EHG | 2015-06-06 17:30 | ラジオの時間 | Comments(0)

片田舎のフリーマーケットで発見…GX600(RF-1150)

イースター休暇は愛車・アウトバックを寝床としてグレートオーシャンロード界隈を徘徊してきました。

メルボルンから西に約300kmほど離れた、たまたま立ち寄ったPort Fairyのマーケットの一角で見つけました…。ナショ製の短波ラジオ。
JPN名はRF-1150でしょうか…。こっちでのモデルネームはGX600のようです。当然220ボルト使用です。

フリーマーケットも俗にいうガラクタ市で日用品がメインで、たまたまその中でこのラジオがカンガルーの刺繍絵の横にたたずんでいるのを発見。売り手も普通のおばちゃん。高いのか安いのかよくわかりませんが、気になる価格は40㌦の値札…。

XYLに現場でまずは購入に関する口頭承認を得ました。
最初は値引き額35ドルだったのですが、財布の中身に30ドルのみを入れて再度訪問。必殺?の「俺、こんだけ(30ドル)しか持ってないねん」と財布の中身を見せてのアピール(嘘ではない。一部を強調しただけ。)で、結局のところ30ドルでDealでした。
a0004359_09563926.jpg
この手のラジオ品によくあるロッドアンテナの折れもなく、ジャイロアンテナも健在。残念ながら電池ケースの金具は腐食していました。

おばちゃんが丁寧にも袋に入れてくれたのはいいのですが、その時、このラジオの一番のネックポイントであるジャイロアンテナ部をおもいっきり持ち上げて、「あー、そこは持たないでくれぇ~」と言おうと思ったら時すでに遅し。いちお大丈夫でした(汗)

===

さっそく自宅に戻り軽く通電チェック…。いつもの774kHzにチューニングしてみるも何も聞えません…orz
とりあえずこのあたりはVRのガリと疑い、ガリガリと壊れない程度にバンドスイッチを動かすと感度復活(笑)
さすがに本体の半分以上を占めるSPで音質もFBです。

反面、AF用VRが音量ミニマムでも爆音…要整備です。清掃しながらのんびりメンテしたいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2015-04-06 05:45 | ラジオの時間 | Comments(0)

なにかとラジオだけが増強中

なにかと中華ラジオだけが増強されております。

実は(というほどでもないですが…)、DE1121「開拓者」も持っていたのですが、私の操作性が愛好者寄りになっており、あまり活躍の場がありませんでした。
なのでハムフェストで放出…。とはいうものの、引き続きVKシャックには4台の中華ラジオ(ヨドバシで購入したELPAのラジオも…中華ラジオか?)がそろってしまいました。

a0004359_17094983.jpg

あれこれウンチクを垂れたいところですが、まずは、やっぱり「愛好者3号」ですね…。
私のものは2008年10月購入品ですが、なんと6年近く、ノートラブルです。一部フロントSP部のネットが踏まれてへこんでいますが、こちらのFM局(MIX 101.1MHz)寝床専用機となっています。

愛好者3号では不評とされるボリュームと周波数の操作性ですが、むしろ私はこっちのほうが好きかな…。
(なので開拓者が幅を利かすことはなかった…)


[PR]
by jm3ehg | 2014-08-11 05:08 | ラジオの時間 | Comments(2)

管理人近況

なんだか、9月の月末から10月の月初にかけてむちゃくちゃ忙しくて、さっぱりブログの更新が滞っておりました。(楽しみにしていただいている方、すみません。)

帯状疱疹もなんとか落ち着き、服も満足に着れるようになりました。(いや、あれ本当に痛いんですよ。)
体調も万全な訳ですが、どうも週末にイベントが入りなかなか最近は高周波を浴びていません。

さんざん文句を垂れたKD1JVもかわいそうなんで(^^;;;、とりあえず落ち着いたら久しぶりにハンダコテを握ってみようと思います。(なんなんだこの気の変わり様)

この週末のオセアニアDXコンテストも別件でさっぱり参加せず。コンディションすらまともに把握していません。

a0004359_15522185.jpg


ということで、私の近況。
ボランティアで活動している3ZZZ 日本語放送ですが、たまたまメルボルンは日曜日からサマータイムとなり、昨日はスタジオにエンジニアが来ていました。
何やってるの?で話しかけるとタイムサーバーの調整とか。ちなみにスタジオ(演奏所)からメルボルンの東30kmにある送信所には800MHzのSTL回線で飛ばしているよ・・・とのことでした。
[PR]
by JM3EHG | 2013-10-07 06:54 | ラジオの時間 | Comments(0)

SDR入門 ドングル到着!

JPNより、かねてから興味のあったSDRのドングル(以下金物)が到着しました。(HさんTNX!)
見た目はUSBメモリースティックそのものですが、よくよく見ると側面に金色のRFコネクタ(アンテナ端子/MAタイプというらしい)があったりと怪しさ抜群です。

付属品は、金物本体にソフトウェアCD(私の場合これは使いませんでした。)、ロッドアンテナ、MAからFコネの変換ケーブルといたってシンプルです。

a0004359_16425172.jpg


初心者ですので、まずはBeaconの記事「No.153 「超かんたんSDR(ソフトウエアラジオ)入門」を熟読して理解を深めました。

ハナシがそれますが、Beaconの記事は個人的に好きでよく読んでいます。(特にOnline とーきんぐ とエレクトロニクス工作室・・・時々ヒントがあります。)

逸れましたが、ソフトウェアのDLから開始しましたが、難癖があったもののすんなりとインストールできました。(ちなみに当方のPCは、Thinkpad X220i Win7Proです。)

a0004359_1645353.jpg


金物付属のロッドアンテナで(これはホンマおまけ程度ですが、地元FM局くらいならOKでしょう。)FM局の受信を試みるもカスカス・・・orz ワニ口ケーブル延長で何とかOKでした。

初受信は我が、3ZZZ!ということで92.3FMを・・・。

ソフトウェアはSDR#というものですが、いろいろとパラメータを変える部分があるので、この辺りは使用しながら見ていくことにします。とりあえず初めての金物での受信ができました。
[PR]
by JM3EHG | 2013-07-15 06:42 | ラジオの時間 | Comments(0)

Radio Australia will transmit digital text and an image

たまたま、昨日R-AUSの話を書いたところ、興味深い記事を見つけました。

Radio Australia will transmit digital text and an image during three special broadcasts the weekend of 8 and 9 June 2013.

ということで、

MFSK16 text
MFSK32 text
MFSK32 in Flmsg* format (creates Radio Australia logo in browser window)
MFSK32 image (ABC logo)

のフォーマットで7分間送信がもちろん「Shepparton」より行われるようです。
調べてみると、R-AUS以外にもこのようなデジタルでの放送は行われているようですね。

詳細はこちらです。
[PR]
by JM3EHG | 2013-06-06 05:18 | ラジオの時間 | Comments(0)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

阪堺電車でナビトラ
at 2018-10-14 17:06
パプアの秘境でラジオ・ジャパ..
at 2018-09-27 06:19
メルボルンに半年ぶりの訪問と..
at 2018-09-25 23:25

最新のコメント

OYMさん、返信遅くなり..
by JM3EHG at 21:12
R.Japanの君が代は..
by OYM at 23:25
> OYMさん ありが..
by JM3EHG at 12:36

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談
デジ簡