人気ブログランキング |

三重県鳥羽市 家族旅行

ほぼほぼ前回のポストから2ヶ月が経過しそうな勢いですが、久しぶりに投稿します。

世間は関ハムですが、当方は家族旅行で伊勢志摩方面へ。1泊2日のお手軽旅行ですが、今回は我が家の愛犬も帯同しましたので結構な感じでした。

せっかくの家族旅行ですので(笑)、家族が寝静まった後からCQCQをたくらんでおりましたが、お疲れモードでやる気もわかず。
本来であれば、IC-7200Mなどとしっかり目のリグを段取りしていましたが、いやいやKX3とGAWANTで十分、、、といいつつ、結局、ID-31PLUSでの運用で終わってしまいました。

それも2日目の帰り道中に立ち寄った展望台からのスクランブル運用。
a0004359_23060819.jpg
とりあえず、ID-31PLUSと付属ホイップで430のFMをワッチしてみるとさすが、海辺の高台の展望台であり数局聞こえます。
早速付属ホイップのままCQを掛けると、間髪入れずに豊橋市と西尾市からお声がかかりました。
個人的な感想ですが、ID-31PLUSの付属ホイップ、短い割になかなかのポテンシャルを持っているように思います。

a0004359_23063038.jpg

そもそも家族旅行でHFにSVCするプランが強引だったのかもしれませんが、運用するにはそれなりの余裕が必要になります。
FMハンディー機でサクッと運用がやはりお父さんのアイデンティティをキープする意味でもベストなのかもしれません。

ネタはいろいろとストックしているのですが、いかんせん、執筆の時間が取れない、もとい体力がへろへろな状態。2歳児のパワーに押され気味ではないですが、平日はコマーシャルから帰宅後、夕食、娘と入浴、寝かしつけ、犬の散歩とルーチンワークが完成しており、いかにこのルーチンの間に自分の時間を入れ込むか?というところですが、こんな感じですので自分自分も23時前にはすでにおねむの状態。
せいぜい、週末のスポットでの自分の時間が確保できる感じです。(が非常に不確定)

a0004359_23065931.jpg
鳥羽市内のペット同伴可能の海鮮料理店で昼食。せっかくなので伊勢海老天丼を発注。
ありがたいでことです。焼き魚など家族も満足で何とか旅を終えることが出来ました。





# by JM3EHG | 2019-07-21 22:58 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)

GAWANTとKX3

だいぶ前になるんですが、私もトレンドに乗り遅れないようにと「GAWANT」を購入しました。
なかなかコッテリと運用する機会はないのですが、ポテンシャルの高さといいますかお手軽にHFハイバンドを楽しめるアンテナというところで気に入っています。

さて、KX3とGAWANTを使ってみて「個人的」に気づいた点なんですけど…


『エレクラフトのKX3とのコンビネーションではややGAWANTの良さがスポイルされてしまう。』


こればっかりは、JA国内のみならずQRP業界のデファクトスタンダードになってしまったFT某に合わせたデザインと思いますが、ギョーカイではマニアックなKX3との組み合わせではやや難しい部分を感じます。

a0004359_16462791.jpg
GAWANTを直結させてマッチング部が回転しないようにIC-703のラジコンバッテリーで安定させている図。


(※エレクラからAX1なるバーティカルアンテナもやはりKX3対応として、安定させて自立できるようにトライポッド的なものもある。)
(※というか、これは「GAWANT」だけの事案ではなく、神アンテナの第一のRHM8Bにも同様。)

そもそもKX3がFT某のように「自立」してでも使えるデザインではないため、アンテナ端子が側面に出ており必然的に自立ポジション(GNDに対して垂直)にするのはBNC-Lが必要になります。GAWANTでもロッド折れVerも展開されているので、ロッドの折れで垂直出しできるのですが、BNCゆえに、マッチングユニット部分がロックされず「くるくる」と回転し非常に不安定になります。
KX3とGAWANT用のマウントなんぞを3Dプリンタあたりでデザインできれば、VYFBかもしれません。


a0004359_16461098.jpg
本来はこんな使い方がベストなのかもしれませんが…の図


ついでになんですが…

QRPでは重要な電池についても、KX3は内蔵できるんですけど、(専用の内蔵電池のオプションもあるが)手軽に内部の電池の交換ができないというのもあります。

というのも、KX3には電池ケース的な部分が存在していなく、電池ケースへのアクセス、それすなわち、開腹作業ということで、パカッと本体を二つに開腹するわけなんですが、この二つの部分の接続が「フレキシブルケーブル」という何ともな部品で構成されており、このフレキの線が内部で断線したら一巻の終わりです。

a0004359_16461745.jpg
願わくば屋外での電池交換は避けたいところ…の図


なので、基本的にはフィールドでのQRVでも外部電源から電圧供給(のスタイルの方が多いと思いますが)悲しきかなKX3とGAWANTをハンディライクになかなか使うことができないという部分も大きな課題でもあります。


と、一部ボヤキ的な気づきを書きましたが、ある意味その部分はアマチュア精神でいろいろと考える、ノビシロかもしれません。
メーカーやキット開発者から与えられたものだけでの自己満足もよいと思いますがここはアマチュア精神という部分で創意工夫を見つけたいと思います。

(結論)
KX3では、往年のTR-1100のカタログ表紙みたいな、ショルダーベルトで背たろうてさわやかにCQすることはできない。

# by JM3EHG | 2019-05-26 16:30 | アマチュア無線 | Comments(0)

シャックのハナシ

ときどき登場しますが、今の私のシャックです。
メインのラインナップはHFはKX3とIC-7000M、そしてID-31Plusのみです。

簡単なところ、似鳥のキッチンラックと思わしきものに、とりあえずセットアップしており、普段は自室に保管などしています。

そもそもTXしている時間あるなら、子守してくれ、、、なのでそこまでのストイックな運用はできません。
そんな中でこのキッチンラックに収まる程度のシステムが今の運用スタイルでは妥当な線かと思っています。

a0004359_21530209.jpg

アンテナも基本的にマンションなので、運用するときにだけモービルホイップを突き出している状態ですので、常時ワッチはできていません。せめて受信アンテナくらいはあげてみたいと思うのですが。。。

出来ればシャックも常設しておきたいところですが、子供も小さいので、私の不在時に触って怪我などさせてしまったらそれこそ追放されてしまいそうですので、運用するときだけリビングに持ち出してきます。

ということで、土曜日の午前中などは子供を後ろから監視しながら、僕はリビングのソファー前にシャックをセットアップし、ソファーに座りながら遊んでいます。

a0004359_21525257.jpg
そんなことで、いまのこの規模で過不足はなく、満足しています。
あまり欲張りすぎると、これはこれで家庭内環境のマッチングが取れなくなりますので、当分はこのスタイルでOKかと。

無理せず、自分の趣味を家庭環境と両立させながら楽しめるかが当分のテーマかもしれません。

# by JM3EHG | 2019-05-25 22:03 | アマチュア無線 | Comments(0)

久しぶりにハムショップでお買いもの、こどもの日?アマチュア無線運用

休み明けのリバウンドが恐ろしいのですが、普段できないことを何とかクリアしながら10連休後半に突入。

予てから「ポンバシに行きたい」と連呼して、ほぼほぼウザがられていたのですが、IKEAに連れてけという条件付きでポンバシにGoできました。

a0004359_00013316.jpg

道中の高速料金やコインパーキングの費用も考えると、ネット通販も確かに便利なのですが、やはりショップにはいくべきですね。
カタログ紙上ではわからない部分もショップでわかったりと、ショップに足を運ぶのも情報のアップデートも含めて重要と実感。

ショップでは愛機ID-31PのBP-271を新たに購入。オリジナルの271は使い込みすぎですぐに電圧降下を起こす状態でした。
あとは50MHzのモノバンドホイップ…第一のHF6CLにしました。他、モービル用のパーツをあれこれと。

で、5月5日は、、、QPRからみのコンテストがある!と臨戦態勢状態でしたが、もれなく、こどもの日家庭行事が最優先ということで、「たこ焼きPTY」に突入。

とはいうものの、50MHzと29MHzでちょこちょこっとCQをかけて数局とQSO。
個人的にはこれでおなかいっぱい。

a0004359_00014718.jpg
前日に調達したHF6CLも好調のようで、久しぶりにニューイヤーパーティー以来の自宅からのQRVとなりました。
大阪近郊の局とまったりとラグチューさせていただきリフレッシュ。適度な高周波治療が重要であることを改めて実感した次第。

途中、セカンド(2歳)の乱入はあるものの、どうも書くことが興味があるようで、今後はログ記入のサポートをお願いして「ほめて伸ばす」、パパは交信に専念…なんてことを想像してました。

まぁ、どう転ぶかわかりませんが、少なくともIC-7000Mの電源スイッチはわかっているみたいなので、要注意です。








# by JM3EHG | 2019-05-06 00:14 | アマチュア無線 | Comments(0)

RADIWOW R-108を購入、インプレには程遠い内容

CQ誌のBCLコーナーの囲み記事でもあった「RADIWOW」ですが、ついつい密林のタイムセール効果も相まってついカッとなって購入してしまいました。

最近の大陸系もとい中華ラジオですが、発音に難儀します。「RADIWOW」、、、ストレートにいくと「ラディウォウ」でしょうか。
「Wow」だけですとどうも、ハマショーを連想してしまいます。(爆)
(「XHDATA」の808も「クサダータ」でしょうか。)

さて、インプレには程遠い内容ですが、下記ご参考まで。

・密林のタイムセールの価格ではCPは高そう。
・TECSUNのPL-380より一回りさらに小さい!

a0004359_00175550.jpg


・中華ラジオのチーピー感はそれなりにあるが、問題なし。
・化粧箱がすごい小さい。しかも写真がなぜか高級家具?
・充電池の持ちも特に問題ない。USB充電できる軽快さも良し。
・エアーバンド、、、いちおう入感している。自宅から直線で20kmの伊丹空港のATISやTWRも受信はしている。
 ただ、エアーバンドをストイックに楽しむなら専用の受信機が適かと…。旅先の空港でお手軽ワッチなどはFBかも。
・NHK第一(ラジオ深夜便)を聞きながら就寝、翌朝、電源を入れると感度がめちゃ低下。
 VFOで周波数を1ステップでも動かすと感度復帰する現象。雰囲気としてはDSPの処理?ソフトウェア的なバグなのか…。
・右サイドのチューニングダイヤルが良い。ノックスイッチもありで、SlowとFastの切り替えも可能。
・怪しい巾着ケースはナシ。100均でとりあえずポーチを入手。

a0004359_00180004.jpg


・バンド切り替え時のプチ音がイヤホン使用時に少し気になる。
・あとコストとの兼ね合いですが、テンキ―バックライトが欲しい。。。(夜な夜なのタヌキ用)

a0004359_00180474.jpg

個人的にはコンパクトさで気に入っています。
受信感度ですが、DISPの項目で受信感度が表示できますので、TECSUNのPL-380と比較してみましたが、ほぼほぼ同一のようです。
敢えて言うなら数デシ程度の差ですので、あまり大勢に影響はないかと思います。
予備の電池の心配もなく、基本、電池は入れっぱなしの状態でUSB充電もなかなか良いです。

DEGENの愛好者3号、KchiboのKK-S500、TECSUNのPL-380を使いましたが、それぞれ個性があり、RADIWOWも個性のあるラジオです。
コンパクトな軽快さを生かし、RADIWOWでの旅先BCLを楽しみたいかと思います。


# by JM3EHG | 2019-05-05 00:01 | ラジオの時間 | Comments(0)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

三重県鳥羽市 家族旅行
at 2019-07-21 22:58
GAWANTとKX3
at 2019-05-26 16:30
シャックのハナシ
at 2019-05-25 22:03

最新のコメント

ありがとうございます!
by JM3EHG at 21:07
合格したのね。おめでとう..
by KSofNaka at 22:44
返信が遅くなり申し訳あり..
by JM3EHG at 22:21

以前の記事

2019年 07月
2019年 05月
2019年 03月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談
デジ簡
GPSロギング