ISSからのSSTV画像の受信に挑戦

月一ペース(それ以上?)の投稿になってしまいました。何とか生きています…。
巷では某VUオールモード機の入手で盛り上がっていますが、なかなかオムツの子供を持つ身となると運用に時間が当てられません。
これは仕方ありませんので、じっくりムセンは10年くらい先でしょうか…。(そもそもQRTしていないかという心配もありますが)

で、いきなりですが、Twitterなどで、「ARISS/NOTA Slow Scan TV Event」というイベントがあるということは知っていたのですが、前回は結局、時間の段取りがつかずお流れに。
が、この週末、再度開催される!ということで、気合を入れて頑張ってみました。

原始的な方法で、ID-51とダイヤモンドのSRH770S、ROBOT36という画像デコードアプリをアンドロイド携帯にインストールして、マイク入力から直接デコードさせようというものです。(さながら天体写真のコリメート撮影を彷彿させる感じです…)
当然、外部の風切音も入る形になりますが、常設シャックを持っていない身ですので、このようなテンポラリーなスタイルも致し方ありません…。


a0004359_20524534.jpg
7K1BIBさんのブログを参考にしてみましたが、ノイズ交じりのものの個人的には満足な結果でした。

自宅マンションの廊下から怪しまれない程度にワッチ開始…。
ホンマに聞こえるんかいなと思いながら、ISSのパスに備えましたが、最終的にはID-51のSメータ振り切れのレベルで強力に受信できました。

信号としては、SSTVのあのギャラ音?的なものが聞こえだしてきて、ID-51のスピーカ部を携帯のマイク部分に近づける(笑)というものですが、入感前は緑のノイズの嵐だったものが、徐々に画像となって現れるとなると、、うれしいものです。

ARISSのアーカイブにはノイズもないバッチリの受信画像がアップされていますが、まま、少しノイズ交じりのほうが、臨場感もあり、VYFBではないかと自己満足しています、Hi。

a0004359_20525339.jpg


デコードアプリにはこんな感じで表示されるわけですが、家族の受けは良かったです…。
まぁ、確かに一人で無線機に向かってピコピコするよりかは、子供とこんな科学体験をアマチュア無線を通じて経験させる方が、家庭内での認知度も高まるわけでありまして。明日のISSのパスは自宅のベランダ側なので、家族に実演してみるかと考えてはいます。

# by JM3EHG | 2019-02-16 21:14 | アマチュア無線 | Comments(0)

そして2019年…

新年あけましておめでとうございます。
何とか新年を迎えることができました。

例年は南半球で夏キャンプ、新年祝いでシドニーのハーバーブリッジからの花火を見て終わるという感じでしたので、寒い日本での年越しもああ、そういえば正月ってこんな感じだったっけと、ふと感じました。


特にこれといったトピックスはないのですが、まとまった休みということで家族SVC+普段できないことということで、色々と自宅の掃除とか配置換えをしたりと過ごしました。普段できないことの一つで、オーストラリア帰任前まで過ごしていた自宅の自室に久しぶりに訪問して、色々と荷物を発掘…。

パンドラの箱のごとく、7年前の荷物がそのままの状態となっており、挙句の果ては当時の一人暮らしの調理器具などもそのままの状態…
7年間開かずの段ボール…それすなわち不要なものということで、粗大ゴミ行きとなりました。

そんな中でも、以前に譲る受けたRJX-601も無事に救出に成功。
単2電池9本もないよ…と思っていたら、なんとKX3と同じサイズのDCジャックでしたので、プラマイ逆であること以外は問題なく、通電もでき久しぶりに「喝」を入れてあげました。

とりあえず、エージングをしながら様子見の状態ですが、新スプにも対応しているようですので、さっそく保証認定を出すべく資料を作成したいかと思います。


ニューイヤーパーティもこれまた久しぶりに参加。
偶然にもセカンドは昼寝をしてくれましたので、このチャンスを逃すものかと、急きょ、マグネット基台にホイップをセットアップ。
いささか、二日目の午後という出遅れ感が否めない中、430のFMでCQを掛けてみると、10年以上ぶりに開局当時お世話になった方ともQSOが出来たりと、この時、このタイミングでの再会という、まさにアマチュア無線の醍醐味を味わったりと2時間程度の運用でしたが非常に内容のあるものでした。

さすが、ニューイヤーパーティー効果…改めて痛感いたしました。
生存証明なんぞと言われる所以がここにあるのかもしれません。

# by JM3EHG | 2019-01-06 01:07 | 雑談 | Comments(0)

2018年のサマリー(には程遠い内容)

なんだか駆り立てられてか2018年のとりあえず記録。

我がセカンドも日々成長が著しく、こればかりは仕方ありませんが、まとまったラジオ活動もできずの2018年でした。
オーストラリアから帰国して9か月でしょうか、私に至っては2010年以来の日本での年越しとなるわけですが、これまで年末年始(というかクリスマス休暇)は夏のキャンプでしたので、冬の日本はなかなか厳しいものもあります。

酷暑の日本に厳冬の日本、、、こんなに気候の変化が著しかったかなぁと思う部分もあるのですが、これもなにか地球規模での気候気象変化の一つなのかもしれないです。

仕事もバタバタといろいろありまして、長らくお世話になった部署から異動もありで、これはこれでまた大変な部分もありました。
同じ会社とはいえ、部署が変わるとまた大変です。

とりあえず、12月の最終日まで突っ走りましたが、新年はどうなることやらです。

a0004359_23120261.jpg

ということで、当初2名で簡素に執り行う忘年会が、時間に都合をつけていただいた方々と急きょ5人での忘年会になりました。
かなりA変調気味になり、後々の対応がたいへんでしたが、同志の方々といただくJA酒はFBでした。

IC-9700の話題も挙がりましたが、当分は静観の状態でしょうか。(家庭内SWRの調整もあります)
興味のあるリグなんですけど、結局購入しても育児やその他で個人的なまとまった時間が取れないというジレンマもありますので。

そういう意味では、ID-31で時々運用するくらいが性にはまっている感があります…。

あ、あとは2019年はまとまった連休がいろいろとあるので、久しぶりに家族とVKツアーも考えてはいます。

# by JM3EHG | 2018-12-31 23:30 | 雑談 | Comments(0)

VK3EHG更新完了

ACMAからメールがちゃんと事前に来まして、問題なくVK3EHGの免許更新を完了しました。

そもそもの人口比率もJAと違いますので、大量に免許手続きをさばく日本と同じ天秤で比較するのはあれなんですが、もう少し日本の免許手続きもシームレスといいますか、フレキシブルにしてほしいものです。

最新のVK式といいますと、

1、免許切れの3か月くらい前にレターかEメールでACMA(総通ですね)から、「まもなく局免切れるから準備しとけよ!」的な案内が来ます。(この案内にも、これはNoticeだからまだ支払いはしないでね、的なコメントあり。)

2、1か月くらい前にACMAからEメールで「間もなく切れるから、免許ほしかったら53ドル払ってな」が来ますので、そこに書かれたBpayコード(振り込み口座です)をオーストラリアに残している口座からネットバンキングで入金。

3、数日後、EメールでACMAから振り込み確認した。免許状はPDFであるから、DLしてね。。。


これだけです。
かたやこちらはというと、わざわざ収入印紙を買って、返信用の封筒同封とか…電子申請が普及(しているのか?)しているとは思えません。

現金至上主義、紙もの至上主義といいますか…
「When in Rome do as the Romans do.」(郷に入れば郷に従え)なんでしょうね。



# by JM3EHG | 2018-12-17 22:30 | VKハム事情 | Comments(4)

海外駐在から帰国後の話題

気づけばあれよあれよと12月に突入。
これまでのニューイヤーは夏のオージーで過ごしていましたので、日本で過ごす正月も実に7年ぶりになります。

この辺りもいろいろあり、(人にもよりますが)駐在員組で当方はAUS残り組、その他の方は日本に帰省というわけで、特に何もありませんが、一応もし休暇中に会社で何かあれば初動の動きができる意味でも棲み分けされていました。

さて、今年の3月19日に家族全員(含む犬)で引き揚げ、帰国しましてまもなく9か月というところでしょうか。
わずか7年のオーストラリア駐在ですが、それなりに、苦労といいますか、単純に段取りが悪いのか、まだまだこの母国である日本の生活、地に足がついていないように感じます。

なんとか家族全員、安全に帰国できたのは、家族の協力、もとい、関係の方のサポートがあってのことですが、それはそれで神経を使う部分もありました。
それ以降はというと、帰国後の住居への引っ越しや、役所手続きなどの衣食住に関することや、勤務先での着任、7年ぶりの日本での業務などなど、やっぱり想像以上に大変でした。

私自身も海外勤務のプロでもなんでもないのですが、何か国も歴任した当時の上司からも「海外駐在は特殊技能」という言葉もあり、たしかに出張ベースでの海外での業務と、現地駐在としての勤務は違うと思いました。


なにが言いたいのかといいますと、帰国後、数名の方から個別でメールを頂いたりして、感じた部分もあるのですが、このブログを見て海外勤務に対して想いを馳せているかたもいらっしゃるかもしれないということで、7年前の事情とは異なると思いますが、可能な限り、技術系29歳で海外駐在を任命されて35歳で帰国するまでの話で個人的なバイアスも掛かっていると思いますが、忘れないうちに書き留めていこうと思います。

このような話題というものは、経験ベースとなっており、場合によっては「なにを偉そうに…」と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。(ですので、不快に感じられる方は、ignoreしてください…)

# by JM3EHG | 2018-12-09 22:43 | 雑談 | Comments(0)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

ISSからのSSTV画像の受..
at 2019-02-16 21:14
そして2019年…
at 2019-01-06 01:07
2018年のサマリー(には程..
at 2018-12-31 23:30

最新のコメント

そういえば、年末年始期間..
by JM3EHG at 23:51
昨日某社団局の変更申請(..
by OYM at 10:58
JGKさん、ご教授いただ..
by JM3EHG at 08:13

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談
デジ簡
GPSロギング