P2(パプアニューギニア)から無事に帰還

いろいろと乗りましたよ。
Bell 206にDHC6、Dash8にFokker100。

また続きはのち。

a0004359_12384653.jpg
a0004359_12391631.jpg

a0004359_12392792.jpg



[PR]
# by JM3EHG | 2016-12-10 12:42 | 雑談 | Comments(0)

森林浴と高周波治療…のNational Park Activation 2016

今回はアクティベータ―として、件のイベントに参加してきました。

簡単にいうと、このイベント(アワード)、ビクトリア州に点在する45か所のナショナルパークから運用する、もしくは運用局を追っかけ交信することでポイントに応じアワードが出ます。広大なオーストラリア大陸、もといビクトリア州、45か所…意外と難しいです。

さて、XYLにも事前の運用許可を周到に取得済み。これでコッテリと運用ができます。が、なんと前日の天気予報では「嵐」のお告げが…。やはり日頃の行いがこういうところで出てくるのか。とはいうものの事前にアクティベータ―として登録しているし…。

翌朝起きると何とか曇り空の間から青空も見えていますので、現場判断でとりあえず出発しますた。

今回の運用場所はメルボルンの「六甲山」的な「Dandenong Range National Park」です。
定番すぎるスポットであるのですが、勝手知ったる部分ですので、私みたいなカジュアル移動運用愛好家には最適な場所です。


a0004359_15413448.jpg

広大な公園で運用場所もいろいろと点在しているのですが、以前にもクラブのイベントで使用したことのある場所で店開きとしました。森林の中で多少の雨風も防げますし、トイレもありますので安心です。

事前の天気予報のお告げも幸いしてか、ピクニックグランドも閑散としています。こちらにとっては好条件です。さっそく、歩行等の妨げにならない場所にダイポールアンテナを展開。

無線機は定番のIC-7300を投入です。どうも近くに送信所があるせいか若干周波数全体がノイジーな印象ですが、このあたりはNBなどをうまく使いつつ最適化させました。

a0004359_15421040.jpg

現地時刻の朝8時にはオンエアできる状態になりましたが、まだほかのナショナルパークからの声が出ていないせいか比較的ハイペースで応答があります。バンドは当然の7MHz SSBモードです。

途中、なんと交信した地元局の臨検が…。30分ほど停波状態となってしまいましたが仕方ありません。丁寧に対応…。この停波の影響かペースが少し落ちましたので、こちらも「追っかけ」に専念することに。その甲斐あってから、4か所の新規公園をWKD。


a0004359_13575777.jpg

ということで、8時から12時過ぎの運用で35局とQSOできました。キリのいい40に乗せたかったのですが、家庭内SWRの影響を考えると致し方ありません。

普段のスタイルから見ると充分な高周波治療です。そしてアワードの進捗状況はMixで20ポイントになりました。いちおアワードはMixで15ポイントから発行されるので、大丈夫なんですが。

何とか運用中は「嵐」にも遭遇せず。森林浴と高周波浴の両方を楽しみ、まさにこのアワードが目的としている「ナショナルパークからの健康的な運用」になったかと自己満足です、Hi。


[PR]
# by JM3EHG | 2016-11-13 14:03 | KRMNPA | Comments(0)

KRMNPA activation Weekend 2016  

この週末は、ビクトリア州管内のナショナルパークからオンエアーする一斉移動、「Keith Roget Memorial National Park Award activation Weekend 2016」が今年も開催されます。このナショナルパークアワード、SOTA(山頂移動)とともに人気のカテゴリーの一つです。
(最近ではARRLのこの手の移動に力を入れているようですね。)


a0004359_15444463.jpg

私もここに来てからのライフワークの一つとして、このナショナルパークからのオンエアーを楽しんでおり、今回のイベントでアワード取得に近づきたいと思います。
私自身はというと、自宅から30分程度で行くことのできる「Dandenong Ranges National Park」からactivatorとして参加します。


日時:2017年11月11日2300UTC~11月12日0500UTC
ところ:Dandenong Ranges National Park (VKFF-0132)
グリッドロケータ:QF22


すでに参加表明を示している局のほとんど(すべてと言っても過言ではない)は7MHzのSSBに集中しており、いかにCWに人気が無いのかが一目瞭然です。
アワードにおいても国内外局を対象としているわけですので、やはりVK国内のQSOに限らずもっとCW等国際バンドに出ていただきたいですね。
という私ですが、今回はKX3ではなく、QRO目的でIC-7300を投入、7MHz、14MHz、21MHzで運用を考えています。

いちおVOACAPで予測してみました。
メルボルンと東京間ですが、なんとかパスはあるように見えます。短縮アンテナではなくワイヤーを立てますのでたぶん大丈夫でしょう…。

a0004359_15451690.png

コンパクトのKX3もVY-FBなんですが、やっぱりIC-7300、野外でも使いやすいです。電源もそれほど食いませんので短時間の移動であれば20A程度のシールドバッテリーで充分遊べます。


あまり日本ではこのような公園系のイベントは馴染みのないものと思いますが、もし聞こえていましたらQSOをお願いいたします。

[PR]
# by JM3EHG | 2016-11-07 06:18 | KRMNPA | Comments(0)

「世界の中心で、愛をさけぶ」の旅

かねてからといいますか、ようやく、といいますか念願のエアーズロックです。

タイトルで気取って『「世界の中心で、愛をさけぶ」の旅』なんて書きましたが、自身、一度も見たことも読んだこともありません(汗)

毎晩、行きたい行きたいと嫁に愚痴っていたら、許してくれました。ただしツアーの手配、旅費は私持ちという条件で…。

オーストラリアなら「アウトバック」だろうというのと、もう長旅できるチャンスも無くなるであろうと色々と思いつつ、感じつつあり、とりあえずここへの旅で個人的には豪州は満足です、Hi。

前後のスケジュールを見てみても、もう年末では!12月の前半で何とか確保ができました。

a0004359_13381869.jpg

とはいうものの、年末の忙しい時期しかタイミングがなかったので2泊3日の完全ツアー会社配下のパック旅行。

しかもボッタくり価格ではないですが、オーストラリア国内発と日本国内発の料金がほぼ同じという部分が泣けます。
さすがに豪ドルでの決済ではなく、JPYで決済しましたよ…。(かなり悩みましたが、最後はエイアの勢いです。)


ツアー料金・・・なんてことはない、ここの旅の拠点であるホテルが一カ所しかなく(エアーズロックリゾートというところが運営)、言い値のドル箱観光地です。

普通なら競合他社を立てさせて料金・サービスなどで競わせるところですが、政治的な問題なのか、それとも他社から見て見込みのないところなのか、分かりませんが、まぁそういうところです。

それに便乗してか、エアーチケットも足元を見られてそれなりの値段…。アコギな料金体系、オージーらしいといえばらしいのか、国自体がこんなもんですので仕方ありません。

いちお念の為、個人手配の場合でも試算してみましたが、たいして大差なし。めんどくさいのですべてコミコミのツアーにしました。

肝心の?無線的アプローチでは、グリッドロケータでいうと「PG54」。レアなところでしょうか?
とはいうものの、2泊3日たんまり予定が入っていますので、高周波治療が出来るか問題でもあるのですが、せっかくですので「世界の中心から~」で叫んでみたいと思う部分もあります。。。

[PR]
# by JM3EHG | 2016-11-06 19:59 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)

ARHS Newport Railway Museum

以前から目をつけていたARHS Newport Railway Museumに行ってきました。

ニューポートという町に吹田工場みたいな一角があるのですが、さらにその一角にこのミュージアムはあります。

外周の道路沿いからなんとなく雰囲気はわかっていましたが気になります。このミュージアム、土曜日だけに開館というのが泣かせるのですが仕方ありません。
(エッセンドンのアビオニクスミュージアムなんて火曜日だけのサラリーマン泣かせのところもありますが…)


a0004359_16395959.jpg

入場料8ドルを支払い入場。ボランティア有志で維持管理されていることで頭が下がりますが、いささか朽ち果て感が半端ない感じです。
もう少し展示するなら手入れしてくれよ…と思うのは自分勝手かと自問自答。展示物、見れるだけ我慢しろという感じ?

残念ながら日本でもよく似ているかも。京都、名古屋、大宮の箱もの博物館は非常に整備されておりますが、一方で北海道の三笠などは資金繰りが厳しいのか雪害等で非常に痛々しい状況でもあります。


a0004359_16382134.jpg


鉄分補給のミュージアムなんですが、どうもギミック系に目が行ってしまいます…。
古き昔の駅舎を再現していると思うのですが、よく見ると切符の自動販売機があったりとコンセプトがバラバラというものオージーらしい展示構成?(あまりそのあたりのDetailは気にしない?)

土地が有り余っているにも関わらず、とりあえず展示車両を詰め込みました感で非常に見学しずらい部分もあり個人的には「うーん」でした。台数限定でもいいので、朽ち果てるに任せるではなくしっかり整備していただきたいのも正直な感想。


a0004359_16381218.jpg

とはいえ、歴史のある展示物で興味深く見学させていただきました。


[PR]
# by JM3EHG | 2016-10-29 16:40 | ドライブ・キャンプネタ | Comments(0)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談