SOTA VK3/VC-006 Mt St Leonard

予告どおり、今年イッパツ目のアマチュア無線運用をVK3/VC-006 Mt St Leonardで。

気合を入れてIC-7300を電鍵と共に担ぎ上げしましたが、やっぱりVKではマイナーなCW、新春を祝う運用としては、やや低調な滑り出しとなりました。
(いちお規定の4Qは越えていますが…)こちらも意地?でCWオンリーです。

a0004359_19341354.jpg

とはいうものの、写真を見ての通り、業務無線用アンテナが密集しておりギミック好きにはたまらない環境なんですが、いざ無線運用となると非常にノイジーな環境。
なにもない山林の中の運用ポイントと比べれば、ギミック系あり、お立ち台(展望台)もあるので、絵的には、オモロイところではありますが…。

さて、肝心の運用ですが、アンテナの向き、DSPの力を借りてNRやフィルターまわりを調整し何とか聞くに堪えれるほどにはなりましたが、パッとしないコンディション+マイナーなCWも有り、こってりパイルを浴びるというまでに行きませんでした。
(とはいうもののVK4のスキマーには拾われていた模様。)


a0004359_19334592.jpg

このMt St Leonardのタワーですが、キャビンが設置されており、こちらは主に「山火事」の監視用でシーズンになるとここに防災関係の人が監視役で詰めているわけです。
当地の山火事は一旦火の手があがると乾燥しまくりの気候で、火のまわるスピードが速く非常に危険ですのでこのようなタワーを借りて未然の防止を行う訳です。

と、もう一つ、どうもここから1940年代?に初めてPチャン系無線のテストが行われた、、、という文献を以前見ましたので、そういった意味でも歴史的に意味のある場所ではないでしょうか。

(ちなみにメルボルンのビクトリアポリスは1920年代に世界で初めてランチアのPCに車載用Pチャンを搭載して実用化した地なんですよね。おっと脱線。)


a0004359_19255444.jpg

今日の運用はお立ち台の下で日陰を求めるようにシャックをセットアップしましたが、途中、臨検、訪問者もなくマッタリと心地よい風のもとでQRVできました。(最後に仕事関係の電話が鳴ってしまい、それで打ち止め。)

お立ち台も、文献を読むにもともとはタワーとして使用されていたものを途中、ぶった切って展望台用のプラットフォームにしたようです。


a0004359_19263425.jpg

山頂下約1.5kmのところにちょうどモービルを駐車するスペースがありますので、ここをデポとして担ぎ上げました。
高見山の担ぎ上げと比べると…非常に優しいところなのですが、久しぶりの重量物の担ぎ上げ、体力の低下をヒシヒシと実感。

車社会のオーストラリア、完全に身体がなまっているようです。1.5kmでひぃひぃもんですので。やっぱり、無線家は体力が重要ということを思い知りました。



[PR]
# by JM3EHG | 2017-01-06 14:27 | SOTA | Comments(0)

アンテナ開き2017 SOTA VK3/VC-006 Mt St Leonard

突然ですが(笑)、今年イッパツ目の移動運用です。

日本は平日で恐縮ですが、明日1月6日(金)に「VK3/VC-006」(6ポイントですよ)にちょっと行ってきます。
実はココ、2回目なんですよね。1回目は道が分からずアクセスできなかったのですが、今回は大丈夫なはずです、たぶん。

KRMNPA : Yarra Ranges National Park
WWFF : VKFF-0566
Shires : Murrindindi Shire Council

リグはKX3とIC-7300をモービルに積んでいきますが、最後は1.5kmちょっとの担ぎ上げになるので現地で考えます…。
アンテナはちょっとテスト運用したいものがあるので、これでQRVの予定。うまく展開できればいいのですが。

ということで、運用周波数は7,14,21,28と145MHzの予定。

明日も結構な気温になりそうなので、涼しい午前中がメインです。
そんなわけで日本とのパスは厳しいと思いますが、SOTAWATCH2にはセルフスポットする予定なので聞こえていましたら追っ掛けてくださいw。






[PR]
# by JM3EHG | 2017-01-05 20:28 | 移動運用 | Comments(0)

オーストラリアVK便り 1月

2017年も4日目になりましたが、いまだにアンテナ開きができておりません。

さて、1月ですが、26日は「オーストラリアDay」ということで建国を祝う日となり、この日は通常のプリフィックス「VK」ではなく特別プリフィックスの「AX」での運用が認められますので、ちょっと運用を計画中です。


また、私の所属するローカルクラブ「Eastern & Mountain District Radio Club (EMDRC)」が創立50周年を迎えました。


「VK3ER」がクラブのコールサインになるのですが、今月から3月いっぱいまで「VI50ER」が特別に付与されまして、クラブ員持ち回りで運用が行われる予定です。私もちゃっかりですが、2月の週末に運用申し込みを入れていますので出来る限りJPN向けに運用をしたいと考えています。


という取り組みが始まりました。

なんのこっちゃと思うのですが、これはもともとの「Victorian Local Government Award」という「市」の追っ掛けをするもので、今年はこのアワードの強化年間という感じのようです。

あまり馴染みがないのですが、「Shires」という言葉があり、行政区分でいうと「市」レベルを指します。それぞれの州にはこの「Shires」があり、VK3のビクトリア州にも79の「市」がありますので、まさにJCC的なアワードです。
(DXも対象としているのですが、残念ながら電信モードを好まない風土ですので、VKからJA向けには厳しいと思います…。)

こちらもSOTAやナショナルパークアワード同様、日中の7MHz SSBモードが主体になりJPNとのパスがほぼ無い可能性が非常に高いのですが、アクティビティの一つとしていちお紹介しました。



日本ではニューイヤーパーティーですが、思うに年に1度の生存証明、もといオンエアするきっかけ作りにはFBかと思うようになりました。
WIA(こちらの連盟です)も、もう少し頭をひねってそういったイベントも企画すればいいのにと思うのは私だけではないと信じたいのですが…。




[PR]
# by JM3EHG | 2017-01-03 22:04 | VKハム事情 | Comments(0)

Flying the Knife Edge

こっちのSBSで(静岡放送ぢゃないです)「Worst Place to Be a Pilot」というドキュメンタリーをやっていて、けっこうハマってみてたんですが、これ「Susi Air」というインドネシアやパプアのリモートサイトにアクセスする航空会社のお話なわけで。

最近はYoutubeなどでもいろいろ見れますので、興味のある方はそちらを。

で今回、たまたまPNG出張の際、エアニューギニの国内線に乗った時の機内誌にこのブッシュパイロットの方の書籍「Flying the Knife Edge」があるのを紹介されておりさっそくアマゾンで購入しました。


a0004359_14023009.jpg
当然、全編英字ですが、頑張ってじっくり読みたいと思います。

[PR]
# by JM3EHG | 2017-01-01 14:03 | 雑談 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

例年であればVKキャンプツアーなんですが、今年は自宅待機で時間がタンマリとあります…。
いろいろと無線を続けれるようにしたいとは思いますので、お手柔らかにお願いします。



[PR]
# by JM3EHG | 2017-01-01 13:47 | 雑談 | Comments(0)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談