ナショナルパークアワードの参加賞

なかなか、ブログの更新ができておりませんでした。
ネタはあるのですが、ここ数日は出張もあり、育児もありで執筆まで気力が起こらず。とはいうもののもう間の無く12月も終わり。メルボルンは本来暑いはずなのですが、例年のごとく冷夏のようです。(ほんの数日前に急激に夏日になりましたが、それから一気に10度近くまで下がりで。これでは体も疲れます。)

ということで、FBニュースの方にも僅かではありますが記事を提供させていただいたのですが、当方のライフワークしているナショナルパークから運用するイベントが先日開催されたため、家族を説得した上で参加させてもらうことにしました。(なかなか一人で楽しむ趣味ですので、家族を巻き込むのは困難でもあります。)

イベントの成果の方は1時間程度の運用で20局、、、まぁこんなもんでしょうか。他の参加各局のコメントを見る限りではコンディションもあまりパッとしなかったようですので、全体的に盛り上がりに欠ける感じだったような雰囲気です。

a0004359_14525256.png

と、そんなことをしてましたら、なんと主催者から昨年のイベントの参加賞がポストに入っていました。
約1年越しの発行のようですが、ありがたいことです。このアワード、ビクトリア州に散らばる45の公園をクリアする必要があるのですが、25公園からアワードの申請が出来るシステムになっています。そろそろ当方も「あがり」ではありませんが、ログを整理してアワードを申請してみようかと思う今日この頃です。


[PR]
# by JM3EHG | 2017-12-07 05:53 | KRMNPA | Comments(0)

3回目のPNG出張

ちょうど1年ぶりになりましたが、3度目のPNG(P2)まで出張です。
前回は超遠隔サイトまで、デジタル業務無線機の中継装置の立ち上げに行ってきましたが、今回はポートモレスビーでの技術指導です。

a0004359_10331756.jpg

メルボルンからはブリスベン経由でデイリーにポートモレスビーまで飛行機がとんでいます。

外務省のWEBサイトではPNGは危険レベル1でいちおうの渡航情報が通年発令されている国であり、「安全ではありません」。
そういう意味では、遠隔地のマイニング(鉱山)サイトは、独自のコミュニティ、自治ができていますのである意味安全なエリアかもしれません。

このため、基本的にポートモレスビーの移動は単独ではできず、必ず現地のサポートが必要です。
(当然ホテルも5スターです。セキュリティの問題から至極当たり前です。)
a0004359_20571142.jpg
今回はポートモレスビーの顧客の事務所での技術指導でしたので特に問題なく終了。ただ気候なのか、水なのかやっぱり体調がすぐれません。(特に今回は唇が突然腫れだしました。)やはりそれだけタフな国なんかと痛感…。

帰国日にちょっとお願いしてBomanaの戦没者慰霊碑が設置してある公園(セメトリ)に連れて行ってもらいました。
ここはWW2の戦いで戦没した約3800人の方が眠っているところです。おもにアメリカ、オーストラリア、インド、パキスタン人です。
オーストラリア政府によるサポートでセメトリはきれいに整備されており、安全に見学することができました。

a0004359_10330621.jpg
3回目のPNGとなりました。

PNGはオーストラリアのように安全な国ではありませんので、現地での行動は基本的に現地事情に精通した人とともに動く必要があります。観光に至っては、ポートモレスビーからココダトレイルの縦断が人気のようですが、やはりこれも個々人での行動は危険が高いです。
日本人の場合ですと、ポートモレスビーよりラバウルの方が知名度があるかもしれません。ラバウルへはポートモレスビーから国内線の飛行機を利用する方法があります。

PNGでは過去に日本軍による悲しいことがありましたが、現在に至っては皆、親切です。好印象を持ちました。
個人的にも史跡や戦跡には興味があり、いつかは巡ってみたいのですが、やはり危険が常に伴っていますので、躊躇してしまいます。


[PR]
# by JM3EHG | 2017-12-01 20:58 | 雑談 | Comments(0)

VK9MA Mellish Reef

たまたま18MHzをワッチしていると非常に強力な信号がスコープ上に現れており、少しの間ワッチをしていましたら、それはなんと「VK9MA」というDxペディション局の信号でした。

a0004359_14572544.jpg

「VK9」というと、ノーフォークやココスなどが私の知るところなので、さっそく調べてみたら、「VK9MA」とはメリッシュ環礁からのQRVであることが分かりました。
結構な信号でVKにも入感しています。

ちょうどその時はJAのパイルを対応されていたのでワッチ態勢だったのですが、どうも聞いていると、VK2やVK5も呼んでおり、また「UP」とだけしか指定していませんので、これは呼べるか?!と思い少しパイルに参加してみました。

SPLIT運用もおっかないですが、何とか問題なく操作でき、数コールで18MHzのCWをWKD!さっそくオンラインログで確認(爆)と思いきや、クラブログメンバーではないためNGでした。。。(後で登録でもしてみます。)

インターネットで「VK9MA」のサイトを見ますと、このあたりはやはり宣伝広告なども影響しているのかと感じましたが、毎日アップデートされる情報など、非常に丁寧に作られており、読むだけでもFBでした。

ともあれ、VKのプリフィックスも残すところ「VK0」のみとなりました。
残念ながらVK滞在中はムリでしょうね。




[PR]
# by JM3EHG | 2017-11-06 05:46 | アマチュア無線 | Comments(2)

ガダルカナル島 Coastwatcher 

オーストラリアという地域柄、南太平洋も業務テリトリーに入っていることから、パプアニューギニア(PNG)やソロモン諸島なども時々ですが出張の指令がやってきます。

太平洋戦争では、PNGは東部ニューギニア戦線でラエ、マダン、また昨年トランジットで立ち寄ったウエワク。またソロモンではホニアラや玄関口の空港であるヘンダーソン空港(ヘンダーソン空港も元をたどれば、旧日本軍が周辺の制空権を確保するために開拓した飛行場。)、ゴールドリッジなど、失礼な言い方ではあるのですが、意外とそういった戦地に知らない間に訪問していたということもあります。(当然、すべての出張には日本酒をオーストラリアから持参し現地で納めています。)

そういったこともあり、何回かそれらの地を訪問する中で、太平洋戦争について興味といいますか、少ししっかりと理解してみようという形で、中央公論新社から出版されている児島 襄氏著作の「太平洋戦争(上)、(下」)を読んでみることにしました。

今回は私の上司がソロモン諸島への出張を計画されているとのことから、現地の情報提供も含めて改めて、2013年に当方が出張した際の写真を見ていましたら、その時は特に気に留めなかったものが出てきました。

a0004359_14465739.jpg

銅像のモニュメントはソロモン諸島ホニアラの中心部の港に設置されており、当時は「無線の伝令?と監視をする誰かか」程度の解釈であったのですが、よくよく調べてみると説明のプレートには「Coastwatcher」と書かれています。

先に書いた、児島 襄氏著作の「太平洋戦争(上)、(下)」で知るのですが、この「Coastwatcher」とはその名の通り、コーストガード、沿岸警備の者で、当時、ソロモン諸島(ガダルカナル島)はオーストラリアを守る最後の砦的な意味があることから、古くから、オーストラリア人と現地民が組織を作り日本軍の侵攻の警備をガダルカナル島沿岸の各地で行っていた、、、と記述されています。

当然のことながら、それらの伝達は短波、中波無線機で行われており、ガダルカナル島からオーストラリアのタウンズビルに伝送、そこからさらに真珠湾等に展開する米軍に中継されていた、というわけです。



ルンガ川(手前)を望む。そして中央にホニアラ市街地。
a0004359_14534997.jpg

戦没者記念碑からヘンダーソン空港方向
a0004359_14535737.jpg

ゴールドリッジ無線中継サイト
a0004359_14533573.jpg

[PR]
# by JM3EHG | 2017-10-31 05:54 | Comments(2)

再開局

以前にも何回か書きましたが開局20周年の節目の年(2016年)に見事に局免を失効。
現状、VKに在住する分には問題なかったのですが、やはり、どうも気持ち悪い?のでエイヤの勢いで「再免許」に挑戦してみました。

=以下はJARDによる保証認定の場合です。(TSSではありませんので)=

2016年に「失効」していますので、当然、「新規開局」に沿ってです。
申請するリグについてですが、幸いにもJAから持ち込んだIC-7000Mは新スプ対応機種として生き残っていました。

引き続き、このリグを使うことで申請しましたが、もう一つ「KX3」がありますので、コレをどうするか?ということで少々悩みました。
調べてみると、製造メーカーのエレクラフトがKX3のJA化対応の改造を行っているため、これを利用するしかありません。

改造といっても、5MHzの送信禁止変更とそれに関するサートの発行ですが、このサートが保証認定において重要になります。原本をJARDに提出しました。
また、KX3にはスタンドアローンでFSKモードに限り、外部装置無くRTTYとPSKの運用がCWキーングで可能なので、合わせてそれも申請しました。

ザックリですが、このような時系列です。

9月11日 JARDに書類一式を提出
9月15日 JARDから書類の受領メールと共にKX3のスペックについての問い合わせ
9月22日 保証認定完了、同日に総通に転送
10月23日 総通より免許状受領

おおよそ、JARDの案内書にも記載とおり、保証認定完了後からちょうど1カ月ですね。(総通によってはバラつきがあるようですが。)
今回は電子申請ではなく、完全な紙ベースでの申請を行いました。(電子申請の場合、不備があった場合の修正で時間を要するとかの話も聞きましたので…)

ともあれ、無事に赤い証票を受領しました。

これでKX3も問題なくJAで使用できるようになりましたが、この機種については平成34年までの限定免許です。引き続き、新スプ規格への対応を検討する必要があります。

[PR]
# by JM3EHG | 2017-10-26 05:55 | アマチュア無線 | Comments(3)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

追試 Great Otway..
at 2018-01-02 21:21
AO-91の受信に挑戦してみた
at 2018-01-01 21:52
季節のご挨拶 あけましておめ..
at 2018-01-01 21:33

最新のコメント

すみません、、、私の読み..
by JM3EHG at 06:22
ありがとうございます。 ..
by JM3EHG at 06:22
>クラブログメンバーでは..
by jf3eig at 21:28

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談