<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タヌキワッチ用アンテナを仮設

イマサラ感が非常に濃いのですが、ようやく6年目にして常設?と言えるのかほど遠いですがアンテナを設置してみました。

さしあたり手持ちの部材がありましたので、我が家のミニバルコニーに。コレで40mバンド専用ですが常時タヌキワッチができます(笑)
アンテナはダイヤモンド社のHF40FXW、アンテナ基台は「名古屋」製です(爆)

VKの場合、意外とこのあたりの設置許可がうるさいという部分もあり、また微妙に私の家、ケーブルを通す箇所が待ったく無く無線家泣かせの物件(ぢゃぁ何故そこにした?という部分もあるのですが)で放置していたのも事実。

設置許可・・・適当な不動産会社でハウスインスペクション(要はちゃんときれいに家を使用しているかの点検があります。)も約束した日にまともに来たためしのない連中ですので、当然、無視しておきます。

a0004359_21232568.jpg

同軸の通線は「忍者ケーブル」で対応。今のところハイパワー運用も考えていませんので問題ありません。

それ以前に何も聴こえない…。今日はとりあえず建柱のみというところですので、グランド処理とともにアナライザを使いながら微調整していくつもりです。

とはいうものの、とりあえずKX3で流しワッチしていますが、こんな時間にここが聞こえるとか、恥ずかしながら、まさにHF帯の基本を今学んでいるようです。やはり「ワッチ」からの「コンディションの把握」は大事なわけです。

本来であれば、ルーフタワーでもあげて3エレ程度の八木とか、2エレのSteppIRとかあげてみたいところなんですが、駐在組としては住居も「仮」な訳ですので、そこまでの気合と勇気(+資本)がありません…(悲)

[PR]
by JM3EHG | 2017-01-28 21:36 | アマチュア無線 | Comments(0)

正しいAustralia Dayの過ごし方?

2017年1月26日は「Australia Day」という祝日です。
これは1788年にシドニーのボタニー湾(オペラハウスなどがあるあのあたりです。)に一番初めの入植者となる一団がイギリスから到着した日になります。

これは豪州すべての州の祝日であり各地でイベントが開催されます。
また、無線ネタ的にはこちらの電監、ACMAがこの日に限って特別コールサインでの運用を認めており、通常VKから始まるコールサインが「AX」として運用することがすべてのアマチュア無線局が対象となっています。(事前の申請等も不要。そのあたりは紳士協定)


a0004359_16225948.jpg

WPXアワード的にもオイシイ「AX」コールサインで当然、運用だろう?というところですが、ここは正しい?オーストラリアデイの過ごし方に従い自宅の細やかながらの小さな庭でバービー(バービー:VKではバーベーキューの意)を実施。

バービーはソーセージだろ?!という突っ込みはナシで、なにやら、今年はヤケにラム肉押し(テレビでもCMでもラム押し。なにかラム肉協会でもが動いたか?)でしたので、ラムにしました。当然、AUS産です。

(個人的にはラムが一番肉肉しいと感じます…)

a0004359_16231057.jpg

ちなみにコレはうちのバービーコンロです。XYLの嫁入り道具?一緒にやってきました。
ガスボンベは近くのホムセンで20ドルくらい。手軽にできます。ほとんどのオージーの家は何らかのバービーコンロがあると思います。

それほど、バービーというものはiconic的なものであり、オージーではデフォであるということです。


[PR]
by JM3EHG | 2017-01-26 16:30 | 雑談 | Comments(0)

D-starミーティングに参加@メルボルン

最近はD-star運用が集中していますが、HFのコンディションが悪い中でもクリアに日本とも交信ができますので、VYFBです。

Bendigo Amateur Radio and Electronics Clubが主催するD-starミーティングに参加してきました。

開催会場はなにやら昔の学校のようでレトロな佇まいでした。しかしながら常設のシャックは無いようで基本的に移動運用等でのイベントがメインのようです。
今回のミーティングはフレンド局のVK3TQとVK3JFKがデモをするということで私も(クラブ員ではないですが)お邪魔してきました。

a0004359_15370625.jpg

トピックスはD-starの歴史から始まり最新の動向を紹介するなど幅広いものですが、聴講者からも熱心な質問が飛び交い、なかなか有意義なものでした。
デモ運用ではID-5100A+ラズパイ+モバイルルータを使用してリフレクタREF001で実施されましたが、時間帯からかヨーロッパ圏の局から立て続けに呼ばれるなど、興味深い部分でもありました。

個人的に感じたものは、確かにD-starは基本的には楽しみ方の1つとして専用のアマチュア無線端末を使用し、レピーター経由からGWに抜けて長距離QSOすることが出来るわけでもありますが、一方でパワーユーザーレベルになりますと、DVAPやDVドングルなども普及し、ソフトウェア上でD-star通信を楽しむなど、国々において楽しみ方もずいぶんと違うなという印象を受けました。

a0004359_15532175.jpg

たとえば、オーストラリアの場合、国土が非常に広範囲です。山頂にレピータがあったとしてもカバレッジに限界があります。
D-starレピータサイトのサービスエリア外となると、どうしようもないわけですので、それはそれで致し方ないのかもしれません。
(そういった側面を補完する意味でDVゲートウェイ機能がありますしね。)

また、日本と海外の違いの一つとして、日本の場合、レピータはすべてJARLの管轄下と理解していますが、海外(豪州)の場合、レピータはその地域の「ハムクラブ」が管理している場合がほとんどです。故にレピータを管理しているハムクラブの判断でリフレクタに接続されるや、究極の話、インターネット通信費用や電気代、施設の使用料金もろもろのそういったオトナの事情で突然、閉鎖されることもあります。

そのあたりも違いと言えば、違いなのかもしれません。

[PR]
by JM3EHG | 2017-01-22 15:53 | VKハム事情 | Comments(2)

「海外D-star強化運用」サマリー

この週末は勝手に自分で「海外D-star強化運用」と題して日本全国のD-starレピータを駆け足に巡ってみました。
目的はVKとJA間でゲート超えによるD-star交信をする、という非常にシンプルなものです。

これは「D-starで海外と交信するのは難しい」というお話を以前に小耳に挟んだもので、シコリではないのですが、気になっていた案件でした。

結果ですが、金曜日深夜から(ややフライング気味ですが)スタートし、日曜日夕刻までで23局(19ユニーク局)でした。

交信できたレピータは以下の通り。

西東京430、岐阜七宗430、札幌430、津山430、大阪WTC1200、倉敷430、宮崎430、熊本430、宜野湾430、名古屋大学430、水戸430、御岳山430、徳島430、生駒山430

そのほかにもAPモード、TMモードでのQSOもいただきました。

すべての方に聞いたわけではありませんが、自己申告いただいた感じでは19ユニーク局のうちの約半分は海外とのD-star交信が初めて、もしくはオーストラリアとの交信が初めて、という具合でした。


ただこればかりは、当方のアクセスレピータの混雑状況、日本側レピータの混雑状況がD-starの場合、大きく依存しますので、長時間の独占運用はできません。アクセスRPTによっては超過密エリアもあると思いますので、この辺りはブレークタイムを長めにとりつつ、運用判断をさせていただいたつもりです。

少なくとも半数の方に海外(VK)とD-starでQSOできる、ということがわかっていただけましたので今回の運用目的、またゴールは達成した思います。

今回はサマリーという形で概要を書きましたが、運用の実際については、次回以降に書いていきたいと思います。


[PR]
by JM3EHG | 2017-01-15 20:45 | D-star | Comments(6)

SOTA VK3/VC-006 Mt St Leonard

予告どおり、今年イッパツ目のアマチュア無線運用をVK3/VC-006 Mt St Leonardで。

気合を入れてIC-7300を電鍵と共に担ぎ上げしましたが、やっぱりVKではマイナーなCW、新春を祝う運用としては、やや低調な滑り出しとなりました。
(いちお規定の4Qは越えていますが…)こちらも意地?でCWオンリーです。

a0004359_19341354.jpg

とはいうものの、写真を見ての通り、業務無線用アンテナが密集しておりギミック好きにはたまらない環境なんですが、いざ無線運用となると非常にノイジーな環境。
なにもない山林の中の運用ポイントと比べれば、ギミック系あり、お立ち台(展望台)もあるので、絵的には、オモロイところではありますが…。

さて、肝心の運用ですが、アンテナの向き、DSPの力を借りてNRやフィルターまわりを調整し何とか聞くに堪えれるほどにはなりましたが、パッとしないコンディション+マイナーなCWも有り、こってりパイルを浴びるというまでに行きませんでした。
(とはいうもののVK4のスキマーには拾われていた模様。)


a0004359_19334592.jpg

このMt St Leonardのタワーですが、キャビンが設置されており、こちらは主に「山火事」の監視用でシーズンになるとここに防災関係の人が監視役で詰めているわけです。
当地の山火事は一旦火の手があがると乾燥しまくりの気候で、火のまわるスピードが速く非常に危険ですのでこのようなタワーを借りて未然の防止を行う訳です。

と、もう一つ、どうもここから1940年代?に初めてPチャン系無線のテストが行われた、、、という文献を以前見ましたので、そういった意味でも歴史的に意味のある場所ではないでしょうか。

(ちなみにメルボルンのビクトリアポリスは1920年代に世界で初めてランチアのPCに車載用Pチャンを搭載して実用化した地なんですよね。おっと脱線。)


a0004359_19255444.jpg

今日の運用はお立ち台の下で日陰を求めるようにシャックをセットアップしましたが、途中、臨検、訪問者もなくマッタリと心地よい風のもとでQRVできました。(最後に仕事関係の電話が鳴ってしまい、それで打ち止め。)

お立ち台も、文献を読むにもともとはタワーとして使用されていたものを途中、ぶった切って展望台用のプラットフォームにしたようです。


a0004359_19263425.jpg

山頂下約1.5kmのところにちょうどモービルを駐車するスペースがありますので、ここをデポとして担ぎ上げました。
高見山の担ぎ上げと比べると…非常に優しいところなのですが、久しぶりの重量物の担ぎ上げ、体力の低下をヒシヒシと実感。

車社会のオーストラリア、完全に身体がなまっているようです。1.5kmでひぃひぃもんですので。やっぱり、無線家は体力が重要ということを思い知りました。



[PR]
by JM3EHG | 2017-01-06 14:27 | SOTA | Comments(0)

アンテナ開き2017 SOTA VK3/VC-006 Mt St Leonard

突然ですが(笑)、今年イッパツ目の移動運用です。

日本は平日で恐縮ですが、明日1月6日(金)に「VK3/VC-006」(6ポイントですよ)にちょっと行ってきます。
実はココ、2回目なんですよね。1回目は道が分からずアクセスできなかったのですが、今回は大丈夫なはずです、たぶん。

KRMNPA : Yarra Ranges National Park
WWFF : VKFF-0566
Shires : Murrindindi Shire Council

リグはKX3とIC-7300をモービルに積んでいきますが、最後は1.5kmちょっとの担ぎ上げになるので現地で考えます…。
アンテナはちょっとテスト運用したいものがあるので、これでQRVの予定。うまく展開できればいいのですが。

ということで、運用周波数は7,14,21,28と145MHzの予定。

明日も結構な気温になりそうなので、涼しい午前中がメインです。
そんなわけで日本とのパスは厳しいと思いますが、SOTAWATCH2にはセルフスポットする予定なので聞こえていましたら追っ掛けてくださいw。






[PR]
by JM3EHG | 2017-01-05 20:28 | 移動運用 | Comments(0)

オーストラリアVK便り 1月

2017年も4日目になりましたが、いまだにアンテナ開きができておりません。

さて、1月ですが、26日は「オーストラリアDay」ということで建国を祝う日となり、この日は通常のプリフィックス「VK」ではなく特別プリフィックスの「AX」での運用が認められますので、ちょっと運用を計画中です。


また、私の所属するローカルクラブ「Eastern & Mountain District Radio Club (EMDRC)」が創立50周年を迎えました。


「VK3ER」がクラブのコールサインになるのですが、今月から3月いっぱいまで「VI50ER」が特別に付与されまして、クラブ員持ち回りで運用が行われる予定です。私もちゃっかりですが、2月の週末に運用申し込みを入れていますので出来る限りJPN向けに運用をしたいと考えています。


という取り組みが始まりました。

なんのこっちゃと思うのですが、これはもともとの「Victorian Local Government Award」という「市」の追っ掛けをするもので、今年はこのアワードの強化年間という感じのようです。

あまり馴染みがないのですが、「Shires」という言葉があり、行政区分でいうと「市」レベルを指します。それぞれの州にはこの「Shires」があり、VK3のビクトリア州にも79の「市」がありますので、まさにJCC的なアワードです。
(DXも対象としているのですが、残念ながら電信モードを好まない風土ですので、VKからJA向けには厳しいと思います…。)

こちらもSOTAやナショナルパークアワード同様、日中の7MHz SSBモードが主体になりJPNとのパスがほぼ無い可能性が非常に高いのですが、アクティビティの一つとしていちお紹介しました。



日本ではニューイヤーパーティーですが、思うに年に1度の生存証明、もといオンエアするきっかけ作りにはFBかと思うようになりました。
WIA(こちらの連盟です)も、もう少し頭をひねってそういったイベントも企画すればいいのにと思うのは私だけではないと信じたいのですが…。




[PR]
by JM3EHG | 2017-01-03 22:04 | VKハム事情 | Comments(0)

Flying the Knife Edge

こっちのSBSで(静岡放送ぢゃないです)「Worst Place to Be a Pilot」というドキュメンタリーをやっていて、けっこうハマってみてたんですが、これ「Susi Air」というインドネシアやパプアのリモートサイトにアクセスする航空会社のお話なわけで。

最近はYoutubeなどでもいろいろ見れますので、興味のある方はそちらを。

で今回、たまたまPNG出張の際、エアニューギニの国内線に乗った時の機内誌にこのブッシュパイロットの方の書籍「Flying the Knife Edge」があるのを紹介されておりさっそくアマゾンで購入しました。


a0004359_14023009.jpg
当然、全編英字ですが、頑張ってじっくり読みたいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2017-01-01 14:03 | 雑談 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

例年であればVKキャンプツアーなんですが、今年は自宅待機で時間がタンマリとあります…。
いろいろと無線を続けれるようにしたいとは思いますので、お手柔らかにお願いします。



[PR]
by JM3EHG | 2017-01-01 13:47 | 雑談 | Comments(0)


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

メンドクサイ、オーストラリア..
at 2017-04-26 06:34
ANZAC Day 2017..
at 2017-04-26 05:29
K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22

最新のコメント

遅くなりましたが、おめで..
by JO3AXC at 08:26
まま、ブロック図書き書き..
by JM3EHG at 07:04
ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談