<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

グリッドロケーター・PG54LO

もう今年も半分…なんだかんだと5月ももたもたしているうちに終了してしまいました。
ムセンのアクティビティも季節とともに急降下中…喝をいれないといけません。ANZAC DAY祈念局の追っかけも中途半端で終わっていますし。
(とはいうものの7月にはお楽しみも投入ですので、取り急ぎそちらでしょうか。)

さて、そんなこんなで僕が「アウトバックに行きたい、Ululuに行きたい」と、しつこい位に言っていたらXYLから「そんなに行きたいなら行けばいいじゃん」のお言葉が…。(たぶん一回行かしておけばコイツも黙るだろうでしょうか…)

どちらかというと、AUS大陸を南北に走る「スチュアートハイウェイ」を走行したいのが一番の目的…。
時期的にはこちらの冬季である8月か9月が高温のUluluは一番ねらい目です。Ululuは俗にいう「エアーズロック」であり、国立公園となっています。またここは原住民との協定もあり24時間いつでもどこでも入れるというわけでもありません。
(数少ないAUSの国立公園、、、他にはクリスマス島やノーフォーク島などあり。)

http://www.parksaustralia.gov.au/uluru/

日程も限られていますので、今回の計画はメルボルンからアデレードまでは空路入り、アデレードからUluluまではレンタカーで爆走な感じです。当然途中のお楽しみ会も開催です。

IOTA的には単なるAUS大陸ですので面白味がないのですが、PG54…WASA的にはどうなんでしょうか。

[PR]
by JM3EHG | 2015-05-31 19:49 | アマチュア無線 | Comments(0)

ベビー電鍵入手

お久しぶりです。
先日の子供の日イベントからなんだか急に忙しくなり、ブログネタも放置状態となっていました。
ムセン運用もできていなく、結局作った中華キット「CRK-10A」もオブジェ状態となっています…。
あと、お楽しみグッズ各種も本格的始動に至っていないので…困ったものです。

そんなこんなでも、いちお高周波治療は継続しており、先週土曜日はちょこっとだけですが地元のハムクラブが主催するハムフェストに顔を出してきました。(ハムフェストといっても、ジャンク市なんですけど…)

a0004359_20292848.jpg

目下の目的は中華キット「CRK-10A」用にシンプルな縦振の電鍵でもほしいなぁというところで、ミズホが以前出していた「ベビー電鍵」くらいは(すでにJPNはデッドストック?)あるだろう、、、な思いだったのですが、今回はビンゴ!でちゃんと200円で売りに出ていました。
ベビー電鍵には当然ながら蒲鉾板がデフォなんですが、残念ながら蒲鉾(板)の入手は当地では難しく、また入手したとしても魚臭いという部分もあったので悩んでいたのですが、今回のジャンク市では幸いにもすでに木板がついた状態なのも売っており、ついつい1000円相当の買い物をしてしまいました(笑)

a0004359_20341558.jpg
ジャンク品扱いということで、ばねが伸びきっていたりと難ありですが、この辺りはホームセンター等で部材をそろえてピカールが何かで磨けば再生できるんじゃないかなと安易な考えでいたりします。


さて、別件で今回のハムフェストで興味深い無線機が売りに出されているのを見つけました。
それはモトローラ製の陸上業務無線機で「SYNTRX」というもので、これはオーストラリア(メルボルン)で生産されていたというものです。
このシントレックスですが意外と人気のようで改造情報などもネットに結構出ています。

a0004359_20381803.jpg

ちょっとこの無線機、いじると面白そうですので調べてみようと思います。(続く)


[PR]
by JM3EHG | 2015-05-15 20:38 | アマチュア無線 | Comments(0)

2015年5月5日 子供の日の運用で思ったこと

子供の日といえば、南極昭和基地の局との交信がヤングハムの風物詩だったわけですが、なにやらアンテナがブリザードで破損したということで今年の運用はキャンセルになったと、風のうわさを聞きました。

さて、先日土曜日は件のVI局もともQSOできたりとコンディションもよかったので、ちょこっとだけ21MHzで運用。
その中で私が札幌駐在中にたいへんお世話になった方と久しぶりにQSOができました。その交信から、ヤングハムのみなさんが活躍するJR8YMVのイベントが子供の日にあるということを知り、ではではVKからちょっとお邪魔します、、、な感じでトントンとQSO中に決まりました。


a0004359_17262223.jpg
特に写真も無く、すみませんすみません。

本番当日は当然、VKは通常業務の日ですので定時で切り上げてさっそくセットUP。(といってもIC-7000を用意するだけですが…。)
お約束していた21.230MHzのワッチに入ります。間もなく、北海道からの信号が57-59のレベルで入感してきました。

そんなこんなでさっそくヤングハム(YLさん!)とQSOとなったわけですが、オーストラリアからの信号、どのように感じ取ってくれたのでしょうか。個人的にも興味があるところです。
なかなか、当方も気の利いた返事ができなく、反省する部分もあるのですが、この今回の交信から何か得られるものがあったのであれば、私としても、それはこの上ない喜びです。


今回のスケジュールQSOでは、免許取り立て(コールサインは手続き中)の方(こちらもYLさん!)ともQSOさせていただきましたが、10wでのオンエアーであり、正直なところ、信号の浮き沈みも加わりヘッドホンが必要な状態でした。
さらに通常の交信スタイルであれば、10w/SSBでのQSOは他局とのパイルアップ等からピックアップさえも厳しかったと思います。できたとしても、パイルアップがある程度収束して以降(当然コンディションも変化しつつある中)であったと思われますので、やはり10w局とのQSOはスケジュール等を組むのが比較的効率は良いものではないかと感じました。


アマチュア無線の醍醐味でもある「一期一会」的な出会いの意味から見れば、スケジュール交信は事前に時間や周波数、運用者を擦り合わす部分から賛否両論、意に反するかもしれません。
一方で、このような状況において、運用者自身も「10wでは満足に交信には至らなかった、じゃあ次は3アマを目指そう」という意識を持ってもらえる等、キッカケづくりの一つの手段としてポジティブに捉えたいと私は思います。

オーストラリアは、アマチュア無線の世界においては比較的マイナーなエンティティではありますが、今後もこのような形でのサポートは歓迎です。
こちらとしてもぜひ出来る限りの協力をさせていただきたいと思います。


[PR]
by JM3EHG | 2015-05-06 17:38 | アマチュア無線 | Comments(0)

CRK-10Aの製作 一気に完成

ということで、カラーコードの仕分け作業も無事に終え、エイヤでキットの仕上げに入りました。
注意することは取説をよく読むことだけです。非常にわかりやすく書かれていますので、間違えはそうそうないと思います。

電解コンデンサ、ダイオードの向き、トランジスタの型番の確認、LPFのワイヤーの被覆剥き、、、このあたりを慎重にすれば大丈夫でしょう。※かといって電源投入時に煙が出たとしても当方は責任取れませんのであしからず。
a0004359_22112808.jpg

ディスクリート部品ですが、結構ハンダ面はランド同士が近接しています。部品挿入の際にリードをやや曲げますが、この時に違うランド(同じランドであればいいですが)に接触する可能性もありますので、できればルーペ等で接触していないかの確認もすればより確実でしょう。と書きつつも、やはりイッパツ目の電源投入はビビります。(幸いにも何も起こりませんでした)

火入れ式も無事に終了、手元のIC-7000でクリスタルの周波数、7010での発振を確認します。
ちょっと送信時の電流が約800mAくらいで取説指示の500mAよりやや多いような気がしますが、とりあえずそのまま進行させケーシングさせました。(後程、正確に測定してみます。)

ファイナルアンプ(2SC1162)はリアパネルに共付けですので、はんだ付けの前に慎重に高さを合わせます。慎重に合わせたはずなんですが、やはり若干ずれました(汗)。個人的にはケースにまとめる時が一番ドキドキしますね。作ってしまったら、あれなんですけど…。

a0004359_22244284.jpg
とりあえず大きさ比較でトミカと並べてみました。それにしてもよくできています。
ゆっくり作って約3時間ちょっとでした。(途中、ANZAC記念局の追っかけもしてまして…)さて実際の交信はどうでしょうか…楽しみですね。

[PR]
by JM3EHG | 2015-05-04 22:15 | KX3 CRK-10A | Comments(0)

ANZAC Day 記念局追っかけ

私自身どちらかというと普段はCQを出す方が好みな訳でもあるのですが、ここ数日、当地オーストラリアではANZAC Dayに関連して、各州から記念局がアクティブにオンエアされています。

マイナー国VKな割に意外と呼ばれている部分も感じ取れるのですが、こちらの連盟(WIA)からもアワードが出るとかですのでここはちょっと俗にいう「追っかけ」というものに精を出しています。

今日現在では、VI4ANZAC,VI6ANZAC,VI8ZNZAC,あと、アワード対象外?のようですが、同じくVI4AE2という局ともQSOが出来ました。
特にVI4ANZAC等はプリフィックスでわかるとおり各州単位の記念局なのですが、これとは別にVK100ANZACというNational wideの記念局も登場。


ちょうどこのVK100ANZACは今月、メルボルンの老舗ハムクラブが輪番ということで、現地乗り込みしてきました。(といってもモービルで15分程度のところ。)

a0004359_17260161.jpg

Mentone RSL(The Returned & Services League of Australia)というところで、移動運用形式でこの日(輪番初日)は運用されていましたが、このRSL…ここAUSにはたくさん目にする施設です。名前から分かるように、退役軍人の方に対する施設のようで、中はビリヤードやダーツゲーム、ビールバー等があるようです。

脱線してしまいましたが、現地乗り込みしたにも関わらず、なんとモービルに無線機を積んでいないことに…(汗)
そんなわけでとりあえず、ハムクラブの会長さんとさらっと挨拶だけ交わして、その場を辞去。後程呼びましてとりあえず、VK100ANZACはWkdできました。


a0004359_17341174.jpg
現場で見かけたAUS式踏みたて君?重石は園芸肥料のようです。
さしあたり、VIステーションではVI1,VI2,VI3,VI5,VI7を取り残していますでこれらの局とのQSOを当分の目標としたいです。

[PR]
by JM3EHG | 2015-05-04 06:37 | VKハム事情 | Comments(0)

CRK-10Aの製作 部品仕分け

5月になりました。JPNはゴールデンウイーク、うらやましい限りです。
何かと忙しい週末…、起床、朝食を摂り、洗濯2ラウンド、食器洗い、部屋の掃除機がけ、犬の散歩と途中放棄せずなんとかクリア。

お楽しみグッズでのベランダアンテナ設置もあったのですが、どうも天候がよくない予報でしたので、まずはお楽しみグッズ第一弾のQRPトランシーバーの「CRK-10A」の製作に取り掛かりました。

久しぶりのキット製作です。まずは丁寧に解説されている日本語版取説をダウンロード、プリントアウトして熟読、、、これまた久しぶりにカラーコードの登場で血迷いましたが、とりあえずテスター片手にいつもはすっ飛ばす工程も丁寧に確認しました。
a0004359_21390011.jpg

ここにきて抵抗のカラーコードがよく見えない?(焦点が合いにくい?)、怪しい兆候が見られましたのでおとなしく、テスターでのダブルチェックも入れました。(よい子はきちんと両方確認しましょう。)

黒い礼服(黒色=0)、茶を一杯(茶色=1)、赤い人参(赤色=2)・・・途中怪しく、紫式部(紫色=7)ですよね、、、と考えながらも抵抗の定数も赤い人参系が多いような…これも設計者の好みでしょうか。そもそもカラーコードもキットくらいでしか見かけないようになりました。いまやチップ部品、SMDがほとんど…ディスクリートパーツのほうが高そうに思います。

そんなことも考えながら、とりあえず部品仕分け完了となり基板への実装に取り掛かりました。


[PR]
by JM3EHG | 2015-05-02 22:37 | KX3 CRK-10A | Comments(0)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

速報 EMDRC Hamfe..
at 2017-03-30 06:26
育ハムへの道?長女が誕生しま..
at 2017-03-28 21:24
生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44

最新のコメント

JGKさん、ありがとうご..
by JM3EHG at 15:14
ご出産おめでとうございま..
by jn4jgk/3 at 07:07
QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談