<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

CWが低調・不人気なオーストラリア

この週末は天気もよいということで、近場で移動運用をしてきました。

というのも、私の勤務先で新たにハムの方が誕生しました。(VK3F***というコールサイン)
その方から以前より一度、移動運用というものを見てみたい…というリクエストがあり。天気予報も晴れ、気温27度と行っていましたのでピクニックもかねて土曜日にいってきました。

場所は自宅から45分程度のいつもの場所(Mt Dandenongの一角)です。
今回は事前に移動運用掲示板なるものに「CWと(前々からしてみたかった)JT65を運用すっからよろしく」的なことを書いたのですが、これまたさっぱりな結果でした。
SSBにおいても1局だけという燦燦たる結果です。

そもそもバンド中をスイープしても人っ子一人オンエアしていない状態です。俗に言う廃バンドというやつでしょうか…。
そんなんで、新ハムの方には申し訳ないぁと思う他ありませんでした。(次回はコンテストの日にでも誘う予定です。)

その後は、近くのファームでチューリップフェスティバルがあるということでこっちに注力…。
a0004359_17364573.jpg
色とりどりのチューリップで心も和みました。


それにしても、オーストラリアのCW人口が気になります。
というのも、ほとんど人気が無いように個人的には感じます。確かにCW人口としては若干程度で存在しているものの、近年のアワード系アクティビティ(山頂、公園、灯台)では、90%がSSBでの運用です。

なぜ?

単純にCWに興味が無いだけなのでしょうか。
特に山頂(SOTA)や公園(KRMNPA)系アワードはQRP運用がメインとなりますので、よりCWの方が利点もあるでしょうし、栄えるはずと思います。
が、しかし、ほとんどがSSBでの運用に偏っているというのが現状です。

[PR]
by jm3ehg | 2014-09-29 06:28 | 移動運用 | Comments(2)

Singapore 電気街ツアー

旅行ネタが続きます…。

今回の日本の帰国途中、シンガポールでのトランジットに時間がありましたので、せっかくですのでいったん入国して、MRTで観光に出かけてみました。

シンガポールのリトルインディア近くに「Sim Lim Tower」という電気街があり、ビルの怪しいカラーリングから何ともな雰囲気。ちなみに道向こうに同じく、「Sim Lim Squere」がありますが、こっちは家電や携帯電話系主体のビルなのであまり面白味はありません。(個人的に。)
a0004359_17190168.jpg

さて、この「Sim Lim Tower」ですが、地下1階から地上5階まで、いろんな店がひしめき合っており、なんだかラジオデパートのような感じです。
見ているだけでも楽しいですが、意外と掘り出し物もあるのかもしれませんし、1シンガポールドルが約82JPYですので、モノによっては安く調達できるのでしょうか。


地下1階には無線機屋も数件並んでいますが、主に業務用途です。もちろんJPNでは使用できませんのであまり、ここで無線機の購入という感じではないですね。
まぁ、無線機屋の雰囲気を感じるくらいがちょうどと思います、Hi。

a0004359_17213607.jpg

JPNでいう秋月電子系パーツ店がちょこちょこあるので、そこを覗いているのもFBかもしれません。
怪しいタイ製の電子工作キットが500円くらいからありましたので、テスト購入?土産にもいいかもです。

a0004359_17210025.jpg

ということで、シンガポールの電気街探訪でした。
チャンギ空港からですと、MRT東西線でBugis駅で降りて歩く方が便利かもしれません。

台湾にも台鉄台北駅の北側に大きな電気街がありますが、ここも似たような感じでした。
現地でのハムの運用もFBですが、このような場所もまだまだアジアには健在ですので、もし時間があるのであれば訪問もいいのではないでしょうか。
おやじが軒先でたばこを吸いながらラジオを修理していたり、(この時はなぜか自動改札機を軒先で修理していた…)そんな光景も見れます。
[PR]
by jm3ehg | 2014-09-19 18:25 | 旅行の話 | Comments(0)

金沢の旅

毎度様です。
久しぶりの更新となるわけですが、有給休暇を頂き少しだけですがJPNに帰国してました。
相変わらず予定詰め過ぎのスケジュールで各方面の方々にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。


a0004359_16001773.jpg

メイン行事?は京都と金沢だったのですが、金沢は普段めったに利用しない鉄道での移動。せっかくですので奮発してグリーン車にしてみました。
連休の初日ということで、第一希望の時間帯はグリーン車も満車…結局大阪駅で2時間ほど鉄分を補給しながら、時間をつぶしてお昼の便で何とか確保できましたので駅弁とビール片手に乗車…。

ビールを飲みながら駅弁を食べたり、兼六園を訪問したりといかにもJPNな旅行を味わうことができました。

a0004359_16065738.jpg

AUS出国の直前までムセン機を持参しようか迷いに迷ったのですが、結局持っていかず、よってムセン運用無しで問題ありませんでした。
宿泊したホテルは格安プランで確保した金沢駅前のホテル日航だったのですが、ここの部屋が26階で遠く日本海も見渡せるロケ…。
やっぱり持ってきたほうがよかったかな…ともうすうす感じました。

バタバタの旅だったわけですが、天候にも恵まれました。近江町市場では新鮮な寿司にもありつけて満足です。
a0004359_16264349.jpg

帰りは金沢駅でお土産を買い込み、満員のサンダーバードで戻ってきたというところです。

実は乗車前日に知ったのですが、サンダーバード号の車内販売が9月15日をもって廃止になりました。
そもそも私自身があまり鉄道旅をここ数年しているわけでもなく、もっぱら学生時代は青春18でしたので(=よって優等列車に乗れるわけでもなく…)あまり車内販売というものには関わりがありませんでした。

それこそ就職してからは、出張で新幹線に乗るととコーヒーを購入したりと車内販売を利用していたわけですが、在来線となると、どちらかというと乗車前にコンビニでお茶や軽食を調達していたと思います。(個人的には割高感があり敬遠していたというのも事実)

割高感=車内販売の人件費等が主な要因と思うのですが、いざそんなニュースを聞いてしますと、購入してしまう性といいますか…今回もビールとおつまみを少しだけですが購入させていただきました。

無責任極まりない意見かもしれませんが、いざ廃止となると、もう少し購入しておけばなぁ…というさびしい気持ちにもなってしまいますね。
(なお、サンダーバード号等で車内販売を担当されていた方の一部は引き続き、路線を変え、また来年に開業する北陸新幹線で引き続き車内販売を継続されると、北國新聞に記事が掲載されていました。)
[PR]
by jm3ehg | 2014-09-19 18:25 | 旅行の話 | Comments(0)

海外でのライセンス取得方法

私自身、自慢できるほどの海外での運用経験はないのですが、ちょこっとだけ。

JAやオーストラリア、アメリカの免許については特に問題なく取得しましたが、出張で訪問したH44のソロモンや9V1のシンガポールの免許ってどのようにすれば取得可能かというところで、まずはその国のPTTを調査してみます。

あと、実際にそれらの国に駐在や訪問された方にメールで聞いたり…。
特に9V1の時は90年代に現地に駐在されていた方に教えていただいたりしましたが、当時はかなりライセンス取得は厳しい状況だったとのこと。
それでもIDAという団体が電波行政関係をまとめており、最終的にはここの担当者レベルでメールでやりとりを行い現地のオフィスでライセンス(9V1/W3EHG)を受領しました。

H44の場合は、TCSIという団体が現地の電波行政を担当している部門であり、この時は下記のWEBサイトを参照しました。
Worldwide Information on Licensing for Radio Amateurs by OH2MCN

ここも出たとこ勝負で、とりあえず必要とされるアプリケーション+想定されるもののすべてをコピー+PDFにしてメールで送信。
やはり現地のオフィスで支払、直接手渡しでした。

H44は1日目は担当者がサッカーの試合観戦(ソロモンはサッカーがナショナルスポーツなのです)で不在。
2日目のランチの合間の訪問でようやくゲットできたという感じでした。変にサッカーの不在でクレームして、ライセンス発給ダメ…のほうが具合悪いです。
それくらいの余裕がないといけないのかもしれません。

なかなか日本と違い、お国の事情も含めてレスポンスはあまりよくありません。
また、事前取得(これは本当にシリアスなDXペディでは必要と思います)で入手が確実ですが、短期間の「ライセンスが取れればラッキー」的なスタンスであれば、オフィスでの直接取得が確実ではないかと感じます。

単純にアプリケーション・ドキュメントのやり取りだけですが、たとえばスペシャルコールサイン(H44EHG等)の交渉、現地で面会ができるか?(=ライセンスの手渡し受領が可能なのか?)などのやり取りも個人的には面白く感じました。その辺もテクニックといえばテクニックなのかもしれません。

オフィスの訪問でも、担当者から現地の情報を得たり、それこそソロモンでも「この前もどっかの国からえらい大勢ハムが来てビックリしたわ…」的な話も聞きましたので、興味深かったです。

実は、近々お出かけを予定しており、ライセンスが取得できるかEメールで問い合わせ中ですが、3日たっても返事がないので、次の手段を考えないといけませんね。

[PR]
by jm3ehg | 2014-09-03 17:38 | 海外運用ネタ | Comments(3)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談