<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

KRMNPA 久しぶりにHFバックパック運用@Point Nepean National Park

ここのところ春の陽気な天候が続くメルボルンです。


せっかくの休日は自宅で休養…ではなく、件のNational Park Awardに向けての移動運用を「Point Nepean National Park」まで楽しんできました。
Pt Nepeanにはちょこちょこドライブで来ているのですが、マトモに運用したのは初めてです。
今日は天気もいいので、片道1キロ程度ですが(汗)HF機材をパッキングして歩いて運用場所まで…。
a0004359_19562656.jpg
KX3に5mの釣竿、エンドフェットアンテナ、同軸、ロープ類にシールドバッテリー、飲料水にログ帳、筆記具、結構あるもんですな。
それにしてもバックパックで担ぎ上げ?(いちお電鍵も持っていきます…Hi.)なんて何年振りでしょうか。(JGK局との高見山以来?)
特にシールドバッテリーの重さがたかだか数キロですが、身体に堪えます。

そんなこんなで今回の目的地となる「Monash Tower」サイトに到着。
エンドフェットの片側を木々に引っ掛けようと悩んでいたところ、このタワーがちょうどの位置だったので、タワーの手すりにスローパーもどきな感じで展開してみました。今回2回目の出番ですが、意外と張りやすいですね。10分程度で完了…。
a0004359_19575805.jpg

相変わらず?7MHzだけはSWRが高いですが、ままよでそのままQRV開始します。
それにしても、前回の運用時はコンテストでもあったのですが、バンド内が閑散としています。あまりにも天気がいいのでバーベキューでも楽しんでいるのでしょうか。

こんな時はCQマシーンが便利です…。これ幸いにもKX3にはCQマシーンとメモリーキーヤー内蔵なんで大活躍…。
主に今日は7MHzのSSBがメインでしたが、途中CWでも交信ができましたので運用としては成功です。
a0004359_20123002.jpg

ローライトでいうならば、レジャーシートを忘れたので、リュックに入っていたチラシで代用(爆)、それと、久しぶりに地べたに座って(変な体勢?)だったので少し身体が痛い?すべては運動不足と思われるのですが、椅子の用意も意外と重要なのかもしれません。


[PR]
by JM3EHG | 2014-08-30 19:54 | KRMNPA | Comments(0)

OPC-2350LU 追記あり

8月23日に配信された、アイコム社のメールニュースBEACON(No207)によるとD-starでの画像伝送用ケーブルOPC-2350LUがリリースされたようです。

もともとこのD-starによる画像伝送はID-5100のオプションとしてRS-MS1Aがリリースされていましたが、今回のOPC-2350LUのリリースで従来の機器(ID-31やIC-7100などの2.5ΦData端子を有する機種)でもそれが可能となった、とメールニュースでは触れられています。

これまで、私はID-51(オリジナル)のユーザーであるため、ID-5100でしかできなかった画像伝送の機能は指をくわえてみていただけに、うれしいニュースでもあります。


ということで、まずは私もこのOPC-2350LUを近々購入してみようと思いますが、、、なんと手元の携帯がリンゴの4でした。
もともとリンゴブランドはあまり好きでもないし、購入して3年目でバッテリーも弱く、タッチ動作も時々NGな状態…アンドロイドへの機種変更も考えていたのでこれも同時に進行させたいと思います。

別件?で、ラズベリーパイとDVRPTRによる可搬型D-starレピータプロジェクトも進行中…。
機材の関係で完成は9月後半になりそうですが、お手すきの方がいらっしゃいましたら、ぜひVKと画像伝送のテストをお願いします、Hi。


追記情報>
こちらのWEBサイトにそれぞれの機器においての互換性をまとめた表がございました。
機種によって、ファーストデータモード等の制約が生じるようです。


[PR]
by jm3ehg | 2014-08-24 10:58 | アマチュア無線 | Comments(0)

EFT-10/20/40 Trail Friendly

アンテナの自作…アマチュア無線技士、いちお理系の私とて、推進派なんですが、市販品のパフォーマンスも魅力的です。

言い訳がましいですが(汗)、ここAUSってもう物価が高くて、電線1m買うのもそれなりにして、電材パーツにしても一つ一つがコスト高し。となるとどうも通販で気軽にポチとなってしまいます。それでいて確実です。

VCHアンテナも3本ほど作成しましたが、どうも性能としては市販のモービルホイップそれ以下、もしくは同等レベル。ちょっと私には難しかったです。(たぶん暫くは作らないでしょう…)

以前のCQ誌のQRP特集(2011年4月号)の、作家である野尻さんの記事で「シンプルなフルサイズのアンテナを使えば交信できないことはめったにない」という言葉を以前から考えていました。

前置きが長くなりましたが、今回、LNR Precision の ”EFT-10/20/40 Trail Friendly”というエンドフェッドアンテナを購入してみました。
a0004359_19313548.jpg


さすがによく考えられています。まず第一に、軽いです。
最初、郵便で届けられたとき、あまりの軽さに本当に入っているのか?と疑ったくらいです。
あと、形状そのものがコンパクト。KX3をいつも入れている、ロープロのカメラバックにも入ります。

ちなみにBushcommのエンドフェッドも持っていますが、こっちはハイパワー・ミニタリー仕様故にでかい・重いです。(J隊仕様ですのでその分しっかりしています。)

仕様上、入力は25wまでですが、KX3メインの私としては十分です。

SOTAなど、普段の登山荷物とともに無線機の担ぎ上げとなると、やはりそれぞれの重量、重さは重要です。
これに仕舞寸法50㎝ほどの5mポールでサクッとやるのもFBです。
こっちのSOTAしている人って10mのポールを片手に持って登山しているんですよね。個人的には登山時は両手オープンだろ…ですけど。
[PR]
by JM3EHG | 2014-08-17 19:26 | アマチュア無線 | Comments(0)

KRMNPA 新アイテム試し打ち… Lake Eildon National Park

ログをみたら前回の運用は7月19日。ほぼ一か月ぶりです。
新アイテムがようやく着弾しましたので、さっそく試し打ちならぬ試し運用。
というのは、超軽量エンドフェッドアンテナをポチ…。7/14/28MHzという何ともなトライバンダーなエンドフェッドです。

移動場所はというと、件のナショナルパークアワード関係で、「Lake Eildon National Park」というところです。
メルボルンから北東に150㎞ほどですが、写真のようなところです。
a0004359_21354793.jpg
アンテナの張り方(と思う)なのか、ちょっと7MHzはSWRが高ぎみ。14MHzはデフォでべた落ちだったので問題なし。28MHzは未測定です(笑)。

今日は別件もあり、YL氏も同伴です。
携帯でポチポチされている間にQRVです。いつもならすぐにCQをかけるところですが、なにやらバンド内がガサガサ騒がしい…。
VKのローカルコンテストのようで(後で調べると、開始1時間後くらいでした。)えらいにぎやかです。

まずはQを稼がないといけませんので、今回は戦略を「お声掛け作戦」に転進。
14MHzでRunしているコンテスト局を片っ端からお声掛け…。さすがに5wでは被されますので、そのあたりは絶妙な?タイミングで。
a0004359_21392612.jpg
そんなこんなで陽も隠れて寒くなりだしたので…(あとこれから2時間かけて帰らないといけないため)、6局で切り上げて撤収。
新アンテナのテスト運用としてはそこそこな成果でした。あとは近所の公園で、アンテナの張り方についてちょいと訓練してみます。
[PR]
by JM3EHG | 2014-08-16 21:47 | KRMNPA | Comments(0)

ようやく到着?

ようやくAUS本土に上陸したようです。
久しぶりに時間がかかりました。

a0004359_17263910.png

[PR]
by jm3ehg | 2014-08-13 17:27 | アマチュア無線 | Comments(0)

なにかとラジオだけが増強中

なにかと中華ラジオだけが増強されております。

実は(というほどでもないですが…)、DE1121「開拓者」も持っていたのですが、私の操作性が愛好者寄りになっており、あまり活躍の場がありませんでした。
なのでハムフェストで放出…。とはいうものの、引き続きVKシャックには4台の中華ラジオ(ヨドバシで購入したELPAのラジオも…中華ラジオか?)がそろってしまいました。

a0004359_17094983.jpg

あれこれウンチクを垂れたいところですが、まずは、やっぱり「愛好者3号」ですね…。
私のものは2008年10月購入品ですが、なんと6年近く、ノートラブルです。一部フロントSP部のネットが踏まれてへこんでいますが、こちらのFM局(MIX 101.1MHz)寝床専用機となっています。

愛好者3号では不評とされるボリュームと周波数の操作性ですが、むしろ私はこっちのほうが好きかな…。
(なので開拓者が幅を利かすことはなかった…)


[PR]
by jm3ehg | 2014-08-11 05:08 | ラジオの時間 | Comments(2)

SSTVにでます宣言 (受信も送信もしてみました。) その3

この8月は幸運にもJASTAのSSTVコンテストが1か月にわたり開催されており、まさにSSTVのテストを行うにはうってつけです。

エイヤの勢い(といっても手元の機材を結線するくらいですが…)でセットUP、まずは受信テストに挑戦してみました。
SSTVerの交信が21.340でかすかに聞こえます。なんだか今までに聞いたことのないピロピロ音のようです。
ピロピロ音の後に、やはりお決まりのSSBでの交信がされているようです…。
a0004359_17481120.jpg
ということで、1時間ほど21MHzを中心にと言ってもひたすら21.340周辺をワッチしていたのですが、MMSSTVでデコードできるには厳しい信号レベルでしたので半ばあきらめモード。。。

それならと、送信用画像もとりあえず誂えたわけなんで、周波数がクリアなことを確認したい上で、MMSSTVのTXボタンをポチっと…。
(IC-7000のモニターはオンにしているのですが、先にも書いた通り、今までに聞いたことのないピロピロ音です。ちょっとビクーリでした。)

と一瞬のシーンの後に、なんと何やらピロピロ音が聞こえるではないですか!
おまけにMMSSTVの受信画面にうっすらと、「VK3EHG」の文字ともとに綺麗に画像が表れました。
なんてこったい…というのも、まさか応答があると思いもよらなかったので、少し操作にテンパってしまい応答がずいぶんと遅れてしまいました。。。。(申し訳ありません。)

コンテストナンバーも入れていただいていましたので、こちらからも「595-001」を応答、その後SSBで応答が遅くなったお詫びとともにレポート交換、SSTV、SSBでの初QSOをさせていただきました。

a0004359_17464093.jpg
その後もごそごそしながら、21MHzを聴き続けていたのですが、何とか2局ほど「CQ SSTV」を受信できました。
信号レベルが弱いのか完全な画像とは言えませんが、この週末の運用で受信も送信も何とかできて、なんとなくですがSSTVの運用について少しわかったような気がします。

日本はお盆休み…こちらは悲しきかな普段通りの仕事ですが、終業後(日本時間16時以降)でも少しオンエアーしてみようと思いますので、ぜひ日本のみなさんはビームを真南にお願いします(笑)
[PR]
by JM3EHG | 2014-08-10 05:33 | SSTV | Comments(0)

SSTVにでます宣言 (実際にでてみました。) その2

ということで、土曜日で休日になりました。
今日は天気もまあまあよさそうなので、移動運用…と行きたいところですが、注文しているアンテナ(※1)がいまだに到着しないので、前回の記事のとおり、SSTVと向き合ってみることにしました。


SignaLinkのインターフェースとIC-7000をセットアップ…久しぶりのハイパワー機です(笑)
a0004359_13455569.jpg

まずはこれまた久しぶりのJT65-HFを立ち上げて、QRV開始…。
うーん、送信時間が少々まどろっこしく感じてしまいます。どうもこのモードで運用しているお腹がすいてくるんですけど…。

さてさて、SSTVを運用するにはソフトがいるというわけですので、これまた王道のMMSSTVをダウンロードさせていただきました。
FBなソフトでありがたく感じます。

受信テストとばかりに、SSTVの呼び出し周波数とされる21.340MHzをワッチしてみてもなーんにも聞こえません。
まだこの時間(VK時刻午前10時、日本時間午前9時)はパスが無いのでしょう。

そんなわけなんで、送信画像の作成…と行きたいところなのですが気の利いた画像がありません。取り急ぎ、メルボルン港の画像がデスクトップにありましたのでこれで送信用画像を誂えてみました。

続く…

※1 7月31日にペイパルから発送した、というメールが入って8月7日にマイアミの検査場通過!みたいなアップデートが入電しました。
これだとVKに到着するのはもう一週間程度かかりそうですな。気長に待ちたいと思います。



[PR]
by JM3EHG | 2014-08-09 13:51 | SSTV | Comments(0)

SSTVにでます宣言(たぶん) その1

ここのところ、冬将軍?の到来、Wに注文したアンテナ(謎)がいまだに到着しないなどで、悶々として日々を過ごしているのですが、何を思い出したのか急に「SSTV」をやってみたくなりました。

SSTVと言えば、モービルハム誌を思い出すのですが、最近の雑誌でこの手のモードの解説ってありましたっけ?
唯一手元にあるのが2000年かのハムフェアでもらってきたJASTAのチラシ!だけなのですが、とにかく、やってみようかなと思い立ちました。

a0004359_16364030.png

以前7MHzだったと思うのですが、「今送ったよ~」とか、しゃべっているのを聞いた覚えがありますが、思うにそれはSSTVの画像交換の合図だったのですね。。。
おりしも今月はJASTA主催のコンテストが開催されているようですので、テスト運用にはうってつけではありませんか。
それこそVKの免許では変更申請何ぞは不要ですので思いたったらすぐにQRVもFBです。

JT65モードもしかりですが、果たして時間をかけてまで…と感じる部分もあるのですが、そこはアマチュア精神、「百聞は一見にしかず」、せっかく設備はあることですので、まずはTryしてみようと思います。

そんな意味では、D-starのアンドロイドアプリでの画像送信も魅力的です。
ということで、目標は8月9日の初SSTVオンエアーを目指して準備してみたいと思います。



[PR]
by jm3ehg | 2014-08-05 05:34 | SSTV | Comments(2)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談