カテゴリ:D-star( 6 )

「海外D-star強化運用」サマリー

この週末は勝手に自分で「海外D-star強化運用」と題して日本全国のD-starレピータを駆け足に巡ってみました。
目的はVKとJA間でゲート超えによるD-star交信をする、という非常にシンプルなものです。

これは「D-starで海外と交信するのは難しい」というお話を以前に小耳に挟んだもので、シコリではないのですが、気になっていた案件でした。

結果ですが、金曜日深夜から(ややフライング気味ですが)スタートし、日曜日夕刻までで23局(19ユニーク局)でした。

交信できたレピータは以下の通り。

西東京430、岐阜七宗430、札幌430、津山430、大阪WTC1200、倉敷430、宮崎430、熊本430、宜野湾430、名古屋大学430、水戸430、御岳山430、徳島430、生駒山430

そのほかにもAPモード、TMモードでのQSOもいただきました。

すべての方に聞いたわけではありませんが、自己申告いただいた感じでは19ユニーク局のうちの約半分は海外とのD-star交信が初めて、もしくはオーストラリアとの交信が初めて、という具合でした。


ただこればかりは、当方のアクセスレピータの混雑状況、日本側レピータの混雑状況がD-starの場合、大きく依存しますので、長時間の独占運用はできません。アクセスRPTによっては超過密エリアもあると思いますので、この辺りはブレークタイムを長めにとりつつ、運用判断をさせていただいたつもりです。

少なくとも半数の方に海外(VK)とD-starでQSOできる、ということがわかっていただけましたので今回の運用目的、またゴールは達成した思います。

今回はサマリーという形で概要を書きましたが、運用の実際については、次回以降に書いていきたいと思います。


[PR]
by JM3EHG | 2017-01-15 20:45 | D-star | Comments(6)

D-star QSO Partyに参加

よくよく考えてみればD-star QSO Partyスタートから3回目となり皆勤です。
今回は事前に自動応答の実験などもできて、個人的には成果はどうあれ実りのあるものでした。


イベントは金曜日からでしたが、土曜日の午後から運用となりました。
週末は天気もよかったのでメルボルンのレピータが見通せる丘の駐車場までお出かけしてのプチ移動運用です。

a0004359_13281346.jpg

普段であれば、ワイヤーダイポールを建柱し、IC-7300やKX3をセットアップしますが、今回はハンディホイップをマグネット基台でルーフに据え付けてのお手軽運用です。これでも日本はじめ世界各国とQSOできますので、また違った醍醐味ですね。


今年は、メルボルンの基幹レピータであるVK3RWN BとCが絶好調でしたのでこの2つをメインに使用させていただきました。
土曜日の午後、日曜日の午後とプチパイルアップ状態にもなり(ID-51の受信コールのスクロールがエンドレス状態)、やや占有してしまった部分がありました。(反省点)

時々ブレイクタイムをあけながらこちらのレピータの状況も見つつ、2mバンドと70cmバンドのレピータを行き来しながら運用しましたので突然応答が無くなった場合もあったかと思います。このあたり状況ご察しいただければと思います。


運用を振り返って…(というほど大したものではないですが)、交信いただいた皆さんも、ローカルレピーターにアクセスの方をはじめドングルユーザーや、ID-51Plus2のAPモード、ターミナルモードとバラエティに富んだ内容でもあり興味深かったです。

そんな私はレガシーにID-51(オリジナル)でレピータアクセスの交信でした。早く、ID-51の金帯が欲しいものです…Hi。

a0004359_13262886.jpg


あくまでもこれは個人的意見ですが、短い時間のタヌキワッチから知るにどうもVK国内局もあまりDX向け(=GW越え)をしていないように聞こえました。
基本的にレピータの山掛け通信のみで完結している場面が多かったように思います。

コンテスト実質3日目の日曜日は自宅から参加しました。

自宅も辛うじて基幹レピータであるVK3RWNのサービスエリア内ですが念の為モービルホイップをベランダに設置して参戦。
インターネット情報も参照しながらQRV。D-starの場合、アクセスしたレピータにすべて記録が残りますので、逆探知、もとい追っかけしたりしつつ、楽しませていただきました。日曜日の夜間に出ましたが、こちらもプチパイル状態となりました。


交信いただいた方の中には、D-starでの海外との交信がはじめて、、という方も居られましたので、こちらとしてもオンエアーができて良かったかなぁと思いました。

[PR]
by JM3EHG | 2016-09-26 06:49 | D-star | Comments(0)

VK3EHG F 自動応答の実験

この週末はD-star機器を対象にしたD-star QSO Partyが開催されますが、それに先立って(?)以前から考えていたことを実験してみました。

実験といっても、別段特別なことではなくD-star機の機能に搭載されています「自動応答機能」を試してみることでした。
というのも、D-starの魅力の一つであるインターネット網を経由した交信の際、アクセス先のレピータの状況は「UR?」や「RPT?」で確認できますが、自動応答を用いればより正確な確認ができると考えました。

私自身もVKから日本へのコネクトを確認する際は「JK3ZNB F」にアクセスし正常にコネクトができているか(この場合は特にVK側のG/Wが正常に動作しているか)の確認をしています。

慣例?に習い、「VK3EHG F」をD-starサーバーへ追加登録を行い、自身の音声をID-51に吹き込んでみました。結果は日本の方に協力いただき問題なく動作してました。


一方で、この自動応答はVK3RWNレピータを介して運用するため、頻繁にVK3EHG Fにアクセスすると、それに応じて自動応答が返りますのでワッチ局においては耳障りになる可能性もあります。プライベートレピータではないため、他使用局への配慮も必要です。



また、音声の肉声がOMですので…ここはYLを起用、、、ではなく、あくまでも「英語でのアナウンス」にするなどの課題、反省点がわかりました。
自動応答の設定を音声ではなく、PositionにすることでGPSデータでACKができますので、こちらの方がよりスマートなのかもしれません。

(9/25追記:この場合、確認したい側もGPSを受信していることが必要ですね。なぜならば、相互間の距離が算出できないためです。)

a0004359_15434391.jpg
(画像はアイコムのWEBから引用させていただきました。)


この週末は運用時間以外はPositionモードで自動応答を行う予定です。"VK3EHG F"のコールサイン指定で呼んでいただければと思います。
日本から海外へのコネクトへの確認方法の一つとしての判断でき有益な実験でした。




[PR]
by JM3EHG | 2016-09-23 06:42 | D-star | Comments(0)

RS-MS1Aで画像交換

D-starのアプリケーションとして、画像の送受信やテキストメッセージの交換が可能となるRS-MS1A がGoogle Playを通じて無償でダウンロードができるようになっています。

私自身もID-91でD-starを始めましたが、楽しみ方はDVモードでの音声通信が主ですので、すこし気になっていました。

手持ちのスマホもSonyのXpedia Z3ですので試す価値は大いにあります。さっそく、自分のスマホにインストールしてみました。
あわせて無線機とスマホを接続するためのケーブル(OPC-2350LU)も入手してみました。

a0004359_19435409.jpg

無線機とスマホとの接続はCI-Vの設定を確実にする必要があります。
アプリケーション側のCI-Vの設定の理解に時間がかかりましたが、何とか問題なく接続ができました。

次に手持ちのID-51にダミーロードを接続し、実際の画像通信送信の際の手順を確認してみました。基本的に操作のほとんどはスマホにインストールしているRS-MS1A側です。

a0004359_19460161.jpg
画像送信時はこんな感じです。解像度の設定レベルによって画像を読み取るピクセル数が変わります。アプリケーションの「送信開始」ボタンを押すと自動的に無線機が送信状態となり、アプリケーションが画像をスキャンします。


送信時、無音状態となりますので、いささか不安でもあります。(モニター音が出ればFBかもしれません。)


その後の確認で、ファーストデータ通信時はデータ音が確認できることが分かりました。
また、ファーストデータ通信に対応していない無線機の画像交換では、画像が表示されませんので、事前にどのモードで画像交換をするか合わせておく必要があります。
このため「ファーストデータ通信モードで送信する」等のアナウンスが必要かと感じました。
(ユーザーによっては、未対応の機種を使用されている可能性もありますので。)


またレピータを一定時間、連続送信状態となります。特にレピータの場合は不特定多数の方がワッチされていますので、画像送信の際は一声宣言してから「送信開始」ボタンを押すべきと感じました。


また、画像送信中に無線機のPTTスイッチを押すことで同時に音声も送出することが分かりました。まさにデジタル(多重)だからできる技です。
ですので、画像送信中に音声を送出することで、レピータ局をワッチしている方々にアナウンスが可能です。(当然、この際は送信のみです。)


シンプレックスモードでの画像交換が適しているのかもしれませんが、なかなか奥が深いものであることが分かりました。
D-star運用の今後の研究課題としたいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2016-07-28 19:53 | D-star | Comments(0)

D-star運用 DVAP

CQWWVHFコンテストはまさかの不戦敗で散ったわけですが、この数か月、地元のD-starローカルレピータ(VK3RWN)が復旧してストレスなくGW越しの交信ができるようになりました。これもレピーター管理団体の皆さんの尽力の結果です。感謝。


そんなことで、昨日は食後の空いた時間にCQをJA向けにかけてみたりしながらラグチューとFM波のようなクリアな音質でのQSOができ、またHF帯とは違った楽しみ方ができました。また、その後、シアトルからはDVAP経由で呼出を受けたりとまさに、ワールドワイドな使われ方…でFBでした。
シアトルの方は、私がVK3RWN B上で運用されていることをインターネットで掴み、呼んでいただいたそうです。


インターネットでは私がVK3RWN B配下に居ることが分かります。
この時、私のID-51の設定はVK3RWN BからGW経由で生駒430向けに設定していたわけですが、コールサイン指定等で"ZL1xxx"が直接私を呼んでいただいた場合、私は手元のID-51のRX>CSでイッパツ変換を入れますが、時々、生駒430向けの情報がそのままとなっており、本来はZL1xxx向けのQSOが同時に生駒430にもダウンリンクということが、ごくまれにあるようです。


この場合は、自分のID-51の設定は山掛け(CQCQCQ)にしておき不用意にGW越しにならないようにしておくべきでしょう。(相手はDVAPで直接アクセスしているわけですし。)


また、私の場合は気分でRPTを変えながらCQを出しますので、(当然、CQ後3分ほどワッチはします。)もし札幌430でCQをかけて応答が無く、西東京430でCQを出していた場合、札幌の方が私を直接呼んでいただいた場合、RX>CS変換だけでなく、自分のID-51もやはり札幌430にしておくのがベターです。

このため、「どこどこのRPTからです~」と言っていただけると、私もそれにID-51のRPT設定を変えることができますので安心です。この情報がないとどこのRPTから出られているのかが分からず、追っかけできない場合があります。

この結果、こちらもごくまれに、札幌とメルボルンの交信が関係のない西東京430にダウンリンク…の可能性が考えられます。

というのも、VK3RWNをDVAP等でタヌキワッチされているのでしょうか、メルボルンには関係のない、局間の通信が時々ダウリンクされてしまい、長時間運用ができない事態が発生中…いやはや難儀なものです。
(要はアメリカとイギリスのそれぞれの局がDVAPを使用してVK3RWN越しで展開されており、延々垂れ流されるわけです。)

[PR]
by JM3EHG | 2016-07-18 05:39 | D-star | Comments(0)

HFとD-starを使い分け

久しぶりの3連休です。この次は11月のメルボルンカップ(競馬ね)のまで祝日が無いAUSです。

3連休ですので、とこか遠くへ…の気分でもありますがXYLが風邪でダウン…でしたのでおとなしく今回はメルボルンで待機です。
悲しいくらいに寒いですので、移動運用すらやる気がありません。

仕事の残務作業をしつつ、XYL指示のもと買い出しで過ごしながらD-starで遊んでました。

ようやくメルボルンのD-starのゲートウェイが再開通しました。今回は結構大がかりな変更も入ったようでゲートウェイサーバーの再登録も必要とのことで、再度設定し直し。何とか平城山のJK3ZNB Fもコネクトできましたので繋がっているようです。

日本ではEスポ祭りで色々盛り上がっているようです。まこと羨ましい限りです。
こちらHFを聞いてますがさっぱりの状況…SSNも悲惨なもので、JT65モードですら聴こえなくなりました…。

コンディションの低迷時はD-starが威力発揮?
HFとD-starを使い分けということで、当分はこの図式で楽しめそうです。

[PR]
by JM3EHG | 2016-06-11 23:54 | D-star | Comments(0)


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

メンドクサイ、オーストラリア..
at 2017-04-26 06:34
ANZAC Day 2017..
at 2017-04-26 05:29
K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22

最新のコメント

遅くなりましたが、おめで..
by JO3AXC at 08:26
まま、ブロック図書き書き..
by JM3EHG at 07:04
ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談