カテゴリ:KRMNPA( 14 )

KRMNPA Kinglake NP

この週末は珍しく久しぶりの土日月の3連休・・・。

ここ数日、いろいろとございまして(これはまた後ほどでも)、土曜日はムセンする気にもなれなかったのですが、日曜日はドライブがてら(同伴です)気分転換も兼ねてワイナリー巡りをしてきました。
a0004359_1724167.jpg


意図的にワイナリーは、くだんのNPが近くにあるとかないとかで、そのまま1時間ほどお時間拝借・・・。
いつもはパラパラ聞こえる程度の7MHzもなんだかバンド中がガサガサしており、空き周波数を探すのも一苦労な状態・・・なにやらVK 州コンテストのようですが、それもあり短時間ではありますが数局と交信できました。
a0004359_16283589.jpg


今回運用した、Kinglakeナショナルパークのピクニックエリアですが何やらベンチやテーブル、BBQコンロの一切合財が新品のようです。考えること数秒、見渡すと周りの木々の表皮がすべて黒ずんでいます。
Bush Fireでこのあたりは燃えてしまったからピクニックエリアも新しく生まれ変わった・・・というわけでした。

a0004359_16285282.jpg


それにしても自然の生命というのは感心するばかりで、上の写真も看板の足元にはすでに植物が自生しています。木々も皮は黒いままですが成長を続けているようです。
[PR]
by jm3ehg | 2014-06-12 17:24 | KRMNPA | Comments(0)

KRMNPA Organ pipes NP

速報といいながらもさっぱり更新していませんでした。

メルボルン空港の近くにもナショナルパークがあるということで、ちょいと行ってみました。
とはいうものの、今回はYLの同伴出動です。帰り道にしっかりお買いものに付き合いました。

オルガンパイプナショナルパークということで、珍しい名前なのですがなんでもこの付近にボルケーノ(活火山)が存在しており、溶岩がふもとの小川に流れ込み急激に冷やされたことでパイプ状に固まった云々…というわけで下の写真を参照ください。(すごい省略…)


a0004359_18570247.jpg


そんなわけで、大雨の中行ってきましたが、さすがに運用は断念。とりあえず次回運用に向けての下見でしたが、この「オルガンパイプ」見応えがありました。メルボルン中心部からそんなに離れていないところなのですが、こんなに大きな自然があるとは…。
これはぜひ天候のよい日に再訪したいところです。

a0004359_17374170.jpg

いろいろな植物が園内に群生していたのですが、ナショナルパークはワンコ・ヌコNG…。確かにペットが入っていたらこれらの植物を見るのは難しいかも。最近はペット連れのマナーの悪さもありますし、そういったもので野生動物の生態にも少なからず影響もあるのかもしれません。なので、ナショナルパークとして一定のコントロールは必要なのでしょうね。ワンコ同伴できないのは少々残念ですが、これは仕方ありません。
a0004359_17401371.jpg
大雨で人っ子一人おらず野生動物も油断していたようです。ワラビー?超至近距離で対面でした。
VKの移動運用ではデフォのようです。(しつこい?)



[PR]
by JM3EHG | 2014-06-07 19:09 | KRMNPA | Comments(0)

KRMNPA Churchill Natinal Park

さてさて…さっそくではありますが、第一回目のActivationを実施。

第一回目の移動場所は自宅から20分ほどの「Churchill NP」にしました。(ま、緊急スクランブルがあればすぐに帰れますし)
天気も不安定であまり人気がなかったので、久しぶりにBushcommのロングワイヤーを張りましたがCondxがNGのようで×。SOTAのメイン周波数である7090や7095をワッチしても静かなものです。
a0004359_13211344.jpg
ものは試しと、いつもの(笑)RHM8Bとマグネット基台を取り出して机の上にセットUP。ただ置いただけでアースも何もつなげていません。

今回はたまたまアンテナアナライザも持ち合わせていたので、とりあえず7MHzで測定するとSWRが2.0!エレメントを調整すると1.5まで落とし込めました。

ちなみにロングワイヤーで受信していた7085のラグチュー局もほぼ同じ信号レベルで受信しています。木製のテーブルが何らかの作用をしているのでしょうか…。そんな理屈もあれなんで、とりあえずCQをかけてみると何と4,5コール目でコールバックがありました。

いつもQSOしてくれるベンディゴのYLさんなんですが、55/55なので飛んでいるみたいです。(当方・KX3/5w)
a0004359_13233776.jpg
それから4局と途切れなく交信が続いたのですが、それで終了。
交信の中でも「今日はCondxが悪くてバンドが非常に静かだ」と言っていたので、やはり土曜日は少し悪かったようです。

ともあれ、テーブルの上に設置したHFロッドアンテナで4局交信ができたのでよかったです。やはりそれなりのワイヤーアンテナの製作が急務と感じてきました…Hi。


[PR]
by JM3EHG | 2014-05-31 14:54 | KRMNPA | Comments(0)

French island お手軽DXペディション?

メルボルンから南に下がるとフィリップス島というところがあり、ここは橋でつながっているので容易に車で上陸が可能です。また野生のペンギンが見れるということで、メルボルンの有名な観光地の一つでもあるわけです。

以前から気になっていたのですが、ここはIOTAでもVK本土とは違う番号(OC-136)が割り当てられておりコンファームも27%ということで、どうもソレナリにレアみたい。
undefined


最近はまっている山頂運用(SOTA)についてYoutubeを見ていると、これとは別でFrench Islandでの移動運用の映像を見つけました。
このFrench島もOC-136に属しているわけなのですが、ここは自然保護区域でフィリップス島と違いフェリーのみの上陸手段で原則、「徒歩」のみ可能のようです。(当然わんこの入場は不可)

映像を見ているとなかなか面白そうな感じだったので、さっそく下見を兼ねてとりあえずフェリー乗り場まで行ってきました。
ここだけはなぜかMetlinkの終着駅のようで2連のディーゼルカーが止まっていました。
a0004359_13425547.jpg

ある程度、グーグルのストリートビューなどでアタリはつけていましたが、船乗り場は特に何もなく、フェリーのチケットも近くのタバコ屋で買うてくれ、、、な感じ。出航時刻も朝は8時に一本だけです。
パブリックの駐車場もあるので(5ドル)朝一に車をここに掘り込んでフェリーで上陸が無難かもしれません。
しかしながら駐車場のおやじがやる気なく、シケタ感じが…。お金を徴収する割に汚いので…これがスタンダードなのかもしれませんが・・・(おっとボヤキになってしまった)

undefined

自宅からは車で船乗り場まで約1時間でしたので、もう少し天候(気温)が落ち着いてからお手軽ペディションを計画してみようかと思います。French島そのものにも宿泊施設はあるようですが、様子見で日帰りしてみるのもよさそうです。
[PR]
by JM3EHG | 2014-02-08 13:41 | KRMNPA | Comments(2)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

CWキー
at 2017-09-12 22:25
Diamond Valley..
at 2017-09-12 21:30
IC-740がやってきた
at 2017-08-24 06:18

最新のコメント

QOHさん、返信が遅くな..
by JM3EHG at 21:28
この頃のHF機はシンプル..
by jh3qoh at 19:34
GM OM。 以前の機..
by JM3EHG at 07:11

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談