カテゴリ:JT65・SSTVモード( 8 )

続 IC-7300でJT65モード運用

あまり気にしていなかったのですが、当ブログでは「IC-7300でJT65モード運用」ネタが人気のようです。
ありがとうございます。むしろ大したネタを書いていないのが恐縮です。

ソースはといいますと、ここです。
内容はIC-7100でJT65モードの運用となっていますが、IC-7300でも設定はほぼ同じであり動作もまったく問題ありません。

a0004359_16142710.jpg
あえて注意点を挙げるとすれば、IC-7300とPCの接続前に、USBドライバーの設定を完了しておきます。
最新のドライバーはアイコムのWEBサイトからダウンロードできます。正常にインストールができたことを確認してからようやくIC-7300とPCを接続します。

IC-7300でのJT65モードの運用は、「USB-D」モードとなりますので、IC-7300のモードの変更も忘れなく。
セットモード>外部端子>変調入力(DATA ON)は「USB」ポートとしておきます。

あとは、WSJT-XのSetting画面で設定を進めます。

a0004359_16144596.jpg
参考までに当方の設定画面のスクリーンショットを張り付けておきます。
無線機にはダミーロードを装着した状態、またパワーも最小に絞った状態で右下の「Test PTT」を押し正常に送信動作になるか確認します。
a0004359_16143739.jpg
あわせて、WSJT-Xのスコープ画面に何も表示されないようであれば、同じくSettingのAudio設定の項目を確認し、「USB Audio codec」になっていることを確認します。

ということで、非常に簡単にUSBケーブル1本でデジタルモードの運用が可能になりました。
当方は30㎝のシールドがしっかりされたUSBケーブル、またパッチンコアを1個挿入して使用していますが、今のところトラブルなく使用ができています。

次は同じ方式でRTTYモードの設定をしてみようと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2016-06-07 06:11 | SSTV | Comments(0)

IC-7300でJT65モード運用

ようやくVKにもIC-7300が着弾…。昨年のハムフェアで実機が展示されたようですが、無論東京には行けずでこの目で実働を確認することができませんでした。
各局のFBな前評判だけが入電するなかで首をながーくして待っていました。

まだ入手して数日のレベルですので、まずは各種機能をいじりながら勉強ですがそういえば、このIC-7300も最近のトレンドであるUSBオーディオが搭載されていますので、この機能を使ってのJT65モードに挑戦してみました。

a0004359_17142176.png


IC-7000の時は、PCとの間にIFを入れてJT65-HFを使用していましたが、今回は初めて「WSJT-X」(v1.5.0)を使用。
IC-7300とPC(Thinkpad X220i Win7 32bit)の接続は手持ちのプリンタ購入時についていたと思われるUSBケーブル(Bタイプ)を用意しました。

「WSJT-X」は初めて使用するソフトウェアですので、ある程度操作の慣れが必要でしたが、タヌキワッチをしながらなんとか受信できるところまで持っていくことができました。

a0004359_17070603.png
そんな勢いで、エイヤでCQを出している局に応答してみましたがイッパツでコールバックあり。
幸先のよいスタートです。その後も、JA、YB、BIとVK国内専門でしたので(汗)逆に呼ばれ続け少々ビックリしました。

ただでさえ移動運用時は電源ケーブルやマイク、パドルなど機器が接続されていますし、また思わぬところからの回り込みなどで、大切な運用が満足に行えなくなる可能性もあります。極力配線はスマートにしたいところです。繰り返しになりますが、PCと無線機がUSBケーブル1本で運用できるところはやはりFBですね。

いちお続きます。

[PR]
by JM3EHG | 2016-04-05 17:12 | SSTV | Comments(0)

SSTVにでます宣言 (受信も送信もしてみました。) その3

この8月は幸運にもJASTAのSSTVコンテストが1か月にわたり開催されており、まさにSSTVのテストを行うにはうってつけです。

エイヤの勢い(といっても手元の機材を結線するくらいですが…)でセットUP、まずは受信テストに挑戦してみました。
SSTVerの交信が21.340でかすかに聞こえます。なんだか今までに聞いたことのないピロピロ音のようです。
ピロピロ音の後に、やはりお決まりのSSBでの交信がされているようです…。
a0004359_17481120.jpg
ということで、1時間ほど21MHzを中心にと言ってもひたすら21.340周辺をワッチしていたのですが、MMSSTVでデコードできるには厳しい信号レベルでしたので半ばあきらめモード。。。

それならと、送信用画像もとりあえず誂えたわけなんで、周波数がクリアなことを確認したい上で、MMSSTVのTXボタンをポチっと…。
(IC-7000のモニターはオンにしているのですが、先にも書いた通り、今までに聞いたことのないピロピロ音です。ちょっとビクーリでした。)

と一瞬のシーンの後に、なんと何やらピロピロ音が聞こえるではないですか!
おまけにMMSSTVの受信画面にうっすらと、「VK3EHG」の文字ともとに綺麗に画像が表れました。
なんてこったい…というのも、まさか応答があると思いもよらなかったので、少し操作にテンパってしまい応答がずいぶんと遅れてしまいました。。。。(申し訳ありません。)

コンテストナンバーも入れていただいていましたので、こちらからも「595-001」を応答、その後SSBで応答が遅くなったお詫びとともにレポート交換、SSTV、SSBでの初QSOをさせていただきました。

a0004359_17464093.jpg
その後もごそごそしながら、21MHzを聴き続けていたのですが、何とか2局ほど「CQ SSTV」を受信できました。
信号レベルが弱いのか完全な画像とは言えませんが、この週末の運用で受信も送信も何とかできて、なんとなくですがSSTVの運用について少しわかったような気がします。

日本はお盆休み…こちらは悲しきかな普段通りの仕事ですが、終業後(日本時間16時以降)でも少しオンエアーしてみようと思いますので、ぜひ日本のみなさんはビームを真南にお願いします(笑)
[PR]
by JM3EHG | 2014-08-10 05:33 | SSTV | Comments(0)

SSTVにでます宣言 (実際にでてみました。) その2

ということで、土曜日で休日になりました。
今日は天気もまあまあよさそうなので、移動運用…と行きたいところですが、注文しているアンテナ(※1)がいまだに到着しないので、前回の記事のとおり、SSTVと向き合ってみることにしました。


SignaLinkのインターフェースとIC-7000をセットアップ…久しぶりのハイパワー機です(笑)
a0004359_13455569.jpg

まずはこれまた久しぶりのJT65-HFを立ち上げて、QRV開始…。
うーん、送信時間が少々まどろっこしく感じてしまいます。どうもこのモードで運用しているお腹がすいてくるんですけど…。

さてさて、SSTVを運用するにはソフトがいるというわけですので、これまた王道のMMSSTVをダウンロードさせていただきました。
FBなソフトでありがたく感じます。

受信テストとばかりに、SSTVの呼び出し周波数とされる21.340MHzをワッチしてみてもなーんにも聞こえません。
まだこの時間(VK時刻午前10時、日本時間午前9時)はパスが無いのでしょう。

そんなわけなんで、送信画像の作成…と行きたいところなのですが気の利いた画像がありません。取り急ぎ、メルボルン港の画像がデスクトップにありましたのでこれで送信用画像を誂えてみました。

続く…

※1 7月31日にペイパルから発送した、というメールが入って8月7日にマイアミの検査場通過!みたいなアップデートが入電しました。
これだとVKに到着するのはもう一週間程度かかりそうですな。気長に待ちたいと思います。



[PR]
by JM3EHG | 2014-08-09 13:51 | SSTV | Comments(0)

SSTVにでます宣言(たぶん) その1

ここのところ、冬将軍?の到来、Wに注文したアンテナ(謎)がいまだに到着しないなどで、悶々として日々を過ごしているのですが、何を思い出したのか急に「SSTV」をやってみたくなりました。

SSTVと言えば、モービルハム誌を思い出すのですが、最近の雑誌でこの手のモードの解説ってありましたっけ?
唯一手元にあるのが2000年かのハムフェアでもらってきたJASTAのチラシ!だけなのですが、とにかく、やってみようかなと思い立ちました。

a0004359_16364030.png

以前7MHzだったと思うのですが、「今送ったよ~」とか、しゃべっているのを聞いた覚えがありますが、思うにそれはSSTVの画像交換の合図だったのですね。。。
おりしも今月はJASTA主催のコンテストが開催されているようですので、テスト運用にはうってつけではありませんか。
それこそVKの免許では変更申請何ぞは不要ですので思いたったらすぐにQRVもFBです。

JT65モードもしかりですが、果たして時間をかけてまで…と感じる部分もあるのですが、そこはアマチュア精神、「百聞は一見にしかず」、せっかく設備はあることですので、まずはTryしてみようと思います。

そんな意味では、D-starのアンドロイドアプリでの画像送信も魅力的です。
ということで、目標は8月9日の初SSTVオンエアーを目指して準備してみたいと思います。



[PR]
by jm3ehg | 2014-08-05 05:34 | SSTV | Comments(2)

初めてのJT65講座・・・CQ編

各局のCQに対しての応答で、なんとなくですがイメージが掴めてきたわけであるのですが、テスト電波を発射・・・ということで、前夜に「明日15時からTXします」と各局向けに打電(笑)。

奈良県のJGK局とSKDと相成ったわけですが・・・微弱な電波を相手とするJT65モードでもこの日は全く見えなく、しまいにはCondxも低下...QSOには至りませんでした。まま、聞こえないものは聞こえないということで次回チャレンジですね。(JGK局TNX)

a0004359_166812.jpg

とはいうものの、このテスト運用でも私のCQ@QF22に対しても数局の方と交信ができましたので、電波は飛んでいたようです。
なにやら、電波伝搬が地図上でもわかるみたいで、知人がキャプチャー画面を送ってくれました。

なんだかすごいというか、運用が丸見え・・・のようです。(見えすぎちゃって困る?しつこい・・・)
これも時代なんでしょうか・・・。
[PR]
by JM3EHG | 2013-11-06 05:07 | SSTV | Comments(1)

初めてのJT65講座・・・準備編

いつやるか?今でしょ!(古)
もう時既に遅し的な感じで、ウェーブに乗り遅れた感がたっぷりですが、JT65モードのオンジエアーにようやくたどり着きました・・・。

RTTYを始めた時もなんだかんだで、すんなりできませんでしたが、今回もすんなり出来ませんでした。
(根本的に勘違いしている部分があったりと・・・恥ずかしすぎて書けないです。)

a0004359_1324463.jpg


結局のところ、市販品のIFの力を注入しました。。(技術系なんだったらそれくらい作れよ!ですが・・・)
やっぱ楽だね。USBケーブル一本でPCとIFがコネクトしてます。ちなみにIC-7000とIFはミニDINケーブルで接続していますが、トータルで2本(USBとDATA)のケーブルのみですから。

ということで、VKハムでは定番アイテムのtigertronicsのSignalink USBを導入・・・。
このSignalink・・・サウンドカード内蔵なもんですんなりと事が進みました。

a0004359_1603621.jpg


私のPC・・・レノボ社のthinkpad X220iですが、なんとー音声入出力が1ピン4極ではありませんか・・・。
そんなこんなでMIC/SPケーブルも変換入れんとあかんか・・・だったのですが、今回導入したサウンドカード内蔵のIFのおかげでUSBケーブル1本という実にシンプルな構成となったわけです。
[PR]
by JM3EHG | 2013-11-04 06:28 | SSTV | Comments(2)

初めてのJT65講座・・・ 受信編

もともと、2012年のブログの記事で「JT65やります」とか言っておきながらも、そのまま放置してしまい、関係各局の皆様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。
CQ誌の特集記事や、各局のブログでなんとなくJT65のイメージは掴めていたのですが、なかなか進みませんでした。(といいつつKX3や変なおもちゃばっかり購入してましたし・・・)

で、ここ数か月(8月のハムフェア以降?)どーも、無線熱もとい高周波治療が切れてきてたようで、エイヤの勢いでJT65モードについて真剣に考えるようになりました。

a0004359_1633456.jpg


まずは、できることからということで、愛機IC-7000の外部SPジャックから3.5mmのケーブルでPCに音声だけを入れてみてみました。JT65のウォーターフォールウィンドウが砂漠状態のノイズで(マイク入力が過大であるのはわかるのですが)、Win7のMIC設定画面を度忘れしていて、かなりの時間ロス。オーディオプロパティもずいぶんWinXPと違っており難儀しました。

あーだ、こーだでPCのマイク入力も調整できて、JT65が推奨するレベル、各局の受信に持っていくことができました。

受信はOKでしたが、送信がNG。なんてことはない、ソフトウェア(JT65HF)がCI-Vに対応していないだけでTXはダメなだけでした。

強制的にSEND端子を送信時に落とすなりのことをすれば可能と思われますが、この時はとりあえず受信のみを繰り返し各局の運用スタイルをタヌキワッチしていました。。。
(それにしても、ぎょーさん見えますね。見えすぎちゃって困る?)

なんだか、新たな世界観がして、当分コレで遊べそうですね。




いろいろありましたが、とりあえず受信成功のようです?
[PR]
by JM3EHG | 2013-10-31 18:53 | SSTV | Comments(0)


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

速報 EMDRC Hamfe..
at 2017-03-26 16:39
生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44
ECD (Emergency..
at 2017-02-28 05:20

最新のコメント

QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48
I社の特小なんかについて..
by jh3qoh at 22:30
この辺りはアマチュア無線..
by JM3EHG at 12:15

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談