カテゴリ:自作・キットネタ( 21 )

続・SIDE KX 到着と装着

かねてから注文していたKX3のサイドプロテクター?「SIDE KX」がアメリカから到着しましたので早速装着してみました。いたって内容物はあっけなく、これだけでした。

特殊工具は必要なくプラスドライバーとボックスドライバー(これはパネルとMIC端子を止めているナット用)くらいです。
a0004359_17073204.jpg
久しぶりのKX3のフロントとリア部の開口です。特に問題なし。雨天使用時の腐食痕もありませんでした。
従来のパネルを外して、SIDE KXを付け直すだけですので、実作業時間5分程度でしたが簡単に装着できました。

a0004359_17104096.jpg
お決まりの儀式?ではないですが、取り付けてニンマリ・・・。
ちなみにPA部にて冷却目的で「ヒートスタッフ」と貼り付けていますが大した効果はありません(涙)。とはいうものの、熱プロテクトは5wではかからず安定出力ですので現状問題視はしていません。

こんなことばっかりしていますが、なんと今週の土曜日も「おひとり様」の模様です。(が、しっかり土曜の晩飯は作れとの指令が…)
今から移動運用場所と献立のサーチをしなくては…

[PR]
by JM3EHG | 2014-05-28 07:05 | 自作・キットネタ | Comments(0)

SIDE KX

無線運用せずに散財しています…(汗)

先日のマーケットで軍資金を少し確保しましたので、ポチってしまいました!!!
ちょうど、マーケットの時にこれを持っているOMがいたんですよね。それを見て「あぁいいな~」と指をくわえていたわけなんですが。

「KX3 アクセサリ」とかでググると、いろんなサプライヤーからこの手のものは結構リリースされているようです。気になるヒートシンクもありましたがあまりそそらず。
まま、QRP5wであればそんなに必要ないかと思い、今回私は「Gemsproducts」というところから「SIDE KX」なるものをオーダー。ペイパルでゴソゴソとAUSのアドレスを入力したりして決済!翌日には「発送した」とコンファームもきました。

a0004359_17130404.jpg

なにをポチしたかというと、KX3のラックハンドル(ってラックに入れるもんちゃいますけど…)です。ついでにカバーも。

KX3の外観をご存じのかたは一発でわかると思うのですが、単なるサイドの金属プレートです。見た目重視というわけですが、結構アウトドアユースなわりにVR系もむき出しでケース(私はロープロのカメラバックですが)にいれると時にはダメージが直に加わりますので、少しは有効かと。
あと、「ほこり」もあるのでダストカバー代わりにクリアのフロントケースもオーダーしました。

a0004359_17185981.jpg
最近の無線機、ブラックボックスでいじるところが無い!(いじる技術もありませんが、基本スペックで今のところ満足、いや使いこなせていない)のでこんな感じで外観をいじる程度にとどめております、Hi。

[PR]
by JM3EHG | 2014-05-21 05:07 | 自作・キットネタ | Comments(0)

ELECOM HS-MC03BK

エレコム社製のPCマイク「HS-MC03BK」を購入してみました。
ヨドバシで580円也。

以前にも書いたのですが、某QRP機用にマイクを探していましたが、純正だと5,000円以上・・・
さすがに単品お取り寄せもなぁ、、、ということでググると、PCマイクを使用しているかたもいるとかいないとか。
a0004359_1920038.jpg


ということで、580円でマイクを導入してみました。
残念ながらPCマイクにはPTTスイッチ何ぞはついていませんので、無線機本体の「XMIT」ボタンでPTT操作をしてやらないといけないという、これまた往年のCB機のようなスタイルでのQRVです。

肝心の性能というところでは、「可もなく不可もなく」ということで、使用には問題のないレベルとワッチレポートを数局からもらっていますので問題はないのでしょう。
[PR]
by JM3EHG | 2013-09-13 06:13 | 自作・キットネタ | Comments(0)

放熱対策 クールスタッフ30

さて、先日投入した某ポータブル機ですが、意外なポテンシャルを秘めており良く出来ているオモチャです。

楽しませてくれる一方で、やはり増力したくなるのが心情で(とはいうものの10wMAXですが・・・)ついつい、ロングトークになったときには、温度プロテクトで強制5wにダウンしてしまいます。
ドライブとファイナルのFET素子はフロントパネル兼鉄板一枚で放熱させており、満足に熱を逃がせていないようです。これからの夏場のシーズンはもっと過酷な状況?
a0004359_17134864.jpg
じゃあ、ヒートシンクと投入!といいたいところですが、やはりポータブル機ゆえコンパクトさも追求したいですし、せっかくのコンパクトスケールも馬鹿でかいヒートシンクを付けると本末転倒です。


そんなことで、いつものネタ処である「秋月」のWEBを見ているとなにやら「クールスタッフ」というアイテムを発見。どうも「フィルムシート状」になっており発熱の元となる部品につけることで簡単に放熱を促進する・・・という感じです。

ちょうど東京に行く機会がありましたので、ためしに「クールスタッフ50」というものを2個購入してみました。
a0004359_17141511.jpg

これですと、大きなヒートシンクを気にすることなくコンパクトさを維持できそうです。
とりあえず、今日は「クールスタッフ」無しの状態で連続送信をして温度変化/パワープロテクトに至るまでの時間をストップウォッチで計測してみる予定。

後日、完全に温度が落ち着いた状態でこのシートを貼り付け再び連続送信して、パワープロテクトのかかるタイミングを見てみる考えです。
[PR]
by JM3EHG | 2013-09-10 06:16 | 自作・キットネタ | Comments(0)

RHM8BとKX3

で、移動運用をしてみました。

Twitterでは、これからFDの準備しますとか、ゆびをくわえながらROMっていましたがこちらも一人でFDコンテスト(*1)です。

唯一のOFF(?)である土曜日の一日ですが、午前中は見事に廃バンドな様子だったので、粘ったもののお昼前にQRT。いったん、自宅に引き上げ家事の続きをば・・・(悲)

その後、どうしても煮え切れない思いが募り、いつもの15分ビーチまで出動だったのですが、これがいい感じに作用してくれました。

KX3(出力5w)に、マグネット基台につけたRHM8B、あとアース線(*2)てなお手軽な組み合わせですが、7MHzではVK国内から5局、10MHzではZLから1局の応答。

1時間ほどの運用ですが(悲しくも突然の嵐で強制QRT・・・)、欧文チャット電信ときたもんですから(*3)、6局でおなか一杯でした。
やっぱりリハビリは必要ですね・・・英語の文法以前に599BKスタイルに慣れているもんですから、パドル操作も乱れる乱れる・・・。
おまけに短縮符号(っていうのか?)のCUとかAGNとか全然思い出すことができずに、思いっきり「See You Again」とか打電する始末。

いずれにせよ、適当なスタイルですがソレナリに飛んでいます。久しぶりにエキサイトしたHFお手盛り運用でした。


*1:いちお、こちらにも春夏秋とFDもどきがある。
*2 :大きなワニ口2個で作ったアース線をアンテナの外装(具体的に言えば変換コネのアース)とヤリス号のシャーシをつなげただけです。
*3:599BK以外のワードが来るともうダメ。JAでいう、Jと7以外が来たらテンパるのと同じ(爆)

[PR]
by JM3EHG | 2013-08-05 06:41 | 自作・キットネタ | Comments(0)

KX3購入 急きょマイク導入!

内蔵ATUとかバッテリー充電ユニットとか、KX1から世襲している一体型パドルユニットとかヨダレの出るものばかりなんですが、これフルオプションだとK3が買えるくらいの価格やん・・・。
そんなことで今回オーダーしたものは、KX3キットバージョンと、ルーフィングフィルター、Firmup用のケーブルだけにしました。
(これだけでも、一週間悩みに悩みましたが購入の時は結構淡々とオーダーフォーム入力してましたけど・・・爆)

と、思いっきり、俺はCWしかやらない・・・とか言ってる割にはSSBを聴いているとやっぱりオンエアしてみたくなる悲しい性。

今更、KX3のあのどこかで見覚えのある純正マイクに60ドル近く払うのもけったくそ悪いなと思いながらも、ちょっと他の人、どうしてるんやろということで、困ったときの「Google先生」で「KX3 マイクロホン」と入力すると見つけました。
a0004359_1722475.jpg

まずは、やってみなはれですね。私として恥ずかしいです。
PC用のヘッドセットをそのままKX3に流用・・・コレOKです。

ただしKX3の場合、1ピン4極なのでちょっと特殊ですが、通常のマイク(3極)を指して送信(PTT)はKX3本体の「XMIT」で操作できます。(なんかCB機みたいね、マイクとPTTが分離してるのって)

最初は戸惑いますが、慣れればOKです。
私もとりあえず、980円で地元のショップで購入したパチモンヘッドセットですが、送受信ともFB。
変調もIC-7000でモニターしましたが、可もなく不可もなくでした。

よかった。。。純正マイク買わなくて(^^;;;
[PR]
by JM3EHG | 2001-07-12 06:18 | 自作・キットネタ | Comments(0)

KX3購入 ハイライト・ローライト

なにやら、記事のアクセス数はUPしていますので、いろんな検索方法?でこちらをご覧になられているのでしょうか・・・。

無事にインプレッションと言いたいところですが先日の土曜日にコソっとやってみた(といっても受信だけですが・・)KX3ですがはてさて・・・。


発注/受け取り編

・ネット決済でスムーズに行えました。
・決済後もエレクラの様々なセクション(営業/Warehouse)からありがとうメールと、発送したメール。
・クーリエ番号も送ってくれたので、一日千秋の思いでトラッキングを追跡。
・WからVKですので、「USPSのインターナショナル、プライオリティ」で送料約70ドル・・・。
・エレクラから実質、一週間?最後はAUS-Postが届けてくれました。(無事受領)


開梱の儀(爆)、製作編
・化粧箱に思いっきり「エレクラKX3」とか書いてるから中身モロばれ。
・KX1で完璧ほどパーツがそろっていた経験があったためパーツ点検せずに製作開始!
・とここで、ネジがそろっていないことに気づきだす。(ってインチねじぢゃん・・・)
・経験則はよくない。
・製作開始日初日は勤務後の作業だったので、製作マニュアル2Pで打ち止め。
・疲れているときに作業続行したら、だいたい壊すから。
・仕事も休みの土曜日・・・エイヤの勢いで組み立て。実質3時間か。
・基板貼り付けタイプ(表面実装タイプ)のジャック類は追いハンダで対応。(特にPhoneとKeyジャック)
・BNCコネクタのシャーシ取り付けでRFケーブルのマージンが短すぎる。(困った点)
・OP-ATU内蔵が前提の線長?ちょっと不安要素。
・それにしてもねじ(しつこい)が無さすぎ・・・梱包工程が変わったのか?


完成編
・とりあえず通電してニンマリご満悦。
・全体を見てみてわかったが、フロント/リア/サイド2枚のバラ組構成だから、やっぱり完全組み立て品故に建付けがイビツです。しっかりビス留しないと空中分解もあり得る?!
・ということで、ねじロックはマストアイテムでしょう。
・単3電池の出し入れには注意が必要。その都度、RFとロジック基板をつなぐフレキシブルケーブルが障害。
ボタンの単押し/長押しで機能があるため注意が必要と、Menuも機能が多いためこのあたりは、実際に使いながら覚えるしかないか。


実運用編
・気になる受信感度は「そこそこ」というところで「Preamp」は必須。
[PR]
by JM3EHG | 2001-07-10 06:45 | 自作・キットネタ | Comments(0)

KX3購入 ということで、完成・・・

いきなりですが・・・
土曜日の日課である洗濯X2ラウンドを終えて11時ごろからくみ上げ、14時にとりあえずフィニッシュしました。昨日も仕事を終えてからちょこっとやりましたので、制作時間は延べで4時間くらいでしょうか。(大半はネジ関連で悩みました。)

キットとは言え10万近くのものであるにも関わらず、どうもツメの甘さが見えました。とにかくネジがバラバラでそろっていなく困りました。あれこれジャンク箱やなんだかんだをひっくり返してましたので。

オプションのルーフィングフィルターの調整は次のステップで行います。
a0004359_13451991.jpg
とりあえずIC-7000と聞き比べの図


そんなことで、アンテナをつなげて21MHzを内蔵SPで聴いていますが、想像していた以上にちょっとチープ感が否めなくもない・・・。

詳細は後で書きますが、受信感度も各バンド-117~-119dBm(ただしPre必須)ですので問題なし
送信出力も外部電源13.8v時のみですが、いちお定格以内でしたのでOKと思います。

a0004359_1355577.jpg
あたりまえですが、ネジ留は必須と思われ・・・。ましてやポータブル機ですのであらゆる方向からの振動もあるわけですので。
全体を組み立ててみて、やっぱりどうも立てつけが悪いかなぁ(移動中に空中分解?)。
[PR]
by JM3EHG | 2001-07-06 13:53 | 自作・キットネタ | Comments(0)

KX3購入 製作の前に・・・

引き続きつらつらと書きます。

組み立てマニュアルを見ましたが、別段難易度の高い部分は無さそうですので、「予定通りにいけば」半日コースな感じでしょうか。

無線機キットの醍醐味の一つといえば、コノ手の巻き巻き作業ですが、悲しきかな(幸いにも?)すでに基板に実装済み。
a0004359_11522623.jpg
これくらいはキットなんだから組み立て工程で残しておいて欲しかった・・・とは言えども肝心なLPF回路ゆえ、巻き方それぞれにパワーのばらつきも出てくるので、(エレクラの考えとして)KX3のパフォーマンスを充分に楽しんでいただくには、これらの部品は工場実装済みがベターなのかも知れません、と勝手に自己解釈します。

a0004359_1275654.jpg
LCDが乗っかったロジック基板もこのような状態。すでにVR系部品も実装済みですので、まさにケースに入れるだけ・・・というなんともインスタントな感じです。

と、つらつらと書きましたが最小限の組み立ての楽しみを残しキットとして供給しているエレクラも見事なものと思います。

この土曜日にでもエイヤで組み立てる予定です。
(来週早々にはSDRの金物も到着の予定ですし・・・JT65はどうなった?すみません・・・)
とりあえず、執筆・・・くらいはしないと本当に組み立てせずに焦げ付かせそうですので・・・(汗)
[PR]
by JM3EHG | 2001-07-05 06:58 | 自作・キットネタ | Comments(0)

KX3購入

写真が命ということで、まずは定番の化粧箱の撮影・・・

購入に至るまでは先のポストで書きましたが、エレクラフトはクレジットカード決済、カチャカチャとキーボードを打てば一週間後には無事に到着。久しぶりのHF機の購入です。
a0004359_16285836.jpg


早速確認というわけですが、化粧箱を開けると、フロントパネルとかコネクタ、線材類の「機構部品」と、完成済みのRF基板とLCD液晶が載ったロジック基板が静電防止の袋に入って「基板部品」として入っています。
このあたりは、KX1を作ったときと同じ様相で、細かなパーツ類は小分けの袋に丁寧に整理されていますので、パーツ確認もさほど時間は必要ないと思います。

a0004359_16343721.jpg

出力10w機ですが、この小ささによくまとまっているというのが率直な感想・・・。
ほとんどがSMDで単体での部品交換はほぼ無理・・・。唯一のディスクリート部品といえば電解コンやLPFのコイル、VR類だけでしょう。果たして何層基板を使っているのかも興味のあるところです。

ロジック基板も「Firmware DSP 1.21・・・」みたいなラベリングもありますので、いやはや、なんにしろFirmwareで性能を維持する時代になったようです。

a0004359_16423272.jpg


ちょいと気になったところで、このジャック類。この手のジャック、最近良く見ます・・・。
当たり前ですが基板に貼り付けタイプで、KEYとかPHONE端子な訳ですが、これ絶対テンションが掛ってハンダ割れそうです。作業時は追い半田がベター?

とりあえず、キット作成マニュアルを眺めながら作業のイメトレを開始します。
[PR]
by JM3EHG | 2001-07-03 06:27 | 自作・キットネタ | Comments(0)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

CWキー
at 2017-09-12 22:25
Diamond Valley..
at 2017-09-12 21:30
IC-740がやってきた
at 2017-08-24 06:18

最新のコメント

QOHさん、返信が遅くな..
by JM3EHG at 21:28
この頃のHF機はシンプル..
by jh3qoh at 19:34
GM OM。 以前の機..
by JM3EHG at 07:11

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談