2017年 02月 04日 ( 1 )

EMDRC 50周年記念局 VI50ER

この週末は私がこちらで所属する「Eastern & Mountain District Radio Club Inc.」の50周年記念の特別コールでの運用枠をいただいたので近くの公園まで移動運用をかけてきました。

この日は久しぶりの38度近くまで気温が上昇した夏日でもありました。
(日陰に合わせるようにモービルを止めたため、やや同軸がピンピン気味になっているのは内緒だ…)

通常、クラブコールのVK3ERを使用して移動運用やコンテストに参加するのですが、今年の1月1日から3月31日までは、当局から特別に割り当てていただいた「VI」コールを使用します。普段はオーストラリアの場合、「VK」が定番でありますが、日本の「8J」同様にこちらでも記念局向けに専用のプリフィックス「VI」があります。

a0004359_20572980.jpg

ここは定番ではありますが、7MHzを投入してみたものの、IC-7300のスコープ上からもだれも運用していません。
土曜日の午前中、日本ではまず考えられない現象です(爆)
個人的にはVKには7100kHzまでの割り当てで十分ではないかと思うくらいです。

7000から7030あたりのCW周波数は見事に誰もいませんが、こちらも意地?ですので、しつこくCWでCQ連発しました。
やはり、VK、電信はマイナーなモードのようですが、1時間の運用で4局…。これ以上TXし続けてもエネルギーの浪費だけと判断、プラス暑さでこちらが先に参りましたのでQRTとしました。

a0004359_20574097.jpg

今回の使用アンテナもフルサイズのダイポールです。短縮系モビホではないためアンテナの耳の悪さが原因とも言いにくそうです。
やはりこれはコンディションもさることながら、ハム人口(国土の総人口に比例している思いますが)なのでしょうか。

広大な国土のオーストラリアです、そういった側面もありVUHFの通信はコンテスト時以外、あまり活気はありません。
基本的にはFMアナログレピータを経由した一般的ものです。このため、日中の国内運用というところで7MHzがVKでは一番運用人口が多いものと思われます。

それにしても、日本のようなドップリとパイルを楽しむのもずいぶんご無沙汰になりました。なんだか恋しいです…。



第2部・・・

第1部はHF帯で惨敗でありましたが、第2部は冷房の効いた自宅シャック(とは言い難い自分のデスク)からD-starを投入。
JA向けにもSVCしてみました。

ただ、記念コールサインはD-starのゲート超えに登録をしていませんので、自分のコールサイン設定のままで行いましたが、ちと一言。

ただこれは、あくまでもD-starのコールサインルーティング上だけに必要なものであり、なんら法的な縛りはありません。
音声通話上で私が宣言するコールサインが正しいのですが、交信いただいた何局かの方は最後まで「無線機の画面にVK3EHGが流れるが、このコールサインではないのか?」と言われ、説明をしたものの「VI50ER」を理解いただけませんでした…。私の力不足を実感。

(画面の情報だけではなく、やはり自分の耳でも確認いただきたいですね…。)



[PR]
by JM3EHG | 2017-02-04 20:58 | VKハム事情 | Comments(0)


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

VK9MA Mellish ..
at 2017-11-06 05:46
ガダルカナル島 Coastw..
at 2017-10-31 05:54
再開局
at 2017-10-26 05:55

最新のコメント

すみません、、、私の読み..
by JM3EHG at 06:22
ありがとうございます。 ..
by JM3EHG at 06:22
>クラブログメンバーでは..
by jf3eig at 21:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談