USCGの残したもの

顔を上に上げると地上高192mの鉄塔。21条のワイヤーが3方向に展開されており、はるか彼方に航空保安灯の光が見える。これは毎年交換とのことで、当たり前であるがヒトが上っていく。
a0004359_01216100.jpg

送信機舎を出てみると、先には静かな春の太平洋が望むことができる。
と、屋外でも先のバチバチ音が聞こえてくる。どこにいても発振の状況がモニターできるようにスピーカで出しているということで、なるほど確かにスピーカがついている。



平成5年までは海上保安庁ではなくUSCGによって運用が行われていた。現用の送信機舎の横にはUSCGが使用していたレンガ造りの送信機舎が倉庫として現存している。
a0004359_084653.jpg
以前使用されていた真空管も見せていただいた。重さは10Kg,長さは50cmくらいか。水冷式で当時はよく水漏れに悩まされたエピソードも伺った。
英語表記の当時のものもまだ残っており、つい最近までここにいたんだなぁと思わせてくれる。
a0004359_0254960.jpg
クランクアップタワーが残っていたので伺うと、これはアメリカさんがよくアマチュア無線をここでやっていたよ、、、とのこと。アンテナは無くタワーだけがむなしく残っていた。
平成5年にUSCGから海上保安庁に運用を引き継がれ現在に至っている。通常は5名体制でロラン局を守っているのだが以前は10名以上のスタッフがいたとのこと。また有人の時間は8時30分から17時頃までで後はコンピュータ制御とのことである。

つづく
[PR]
by jm3ehg | 2008-04-15 23:57 | ラジオの時間 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44
ECD (Emergency..
at 2017-02-28 05:20
MFJ-2240テスト
at 2017-02-25 21:37

最新のコメント

QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48
I社の特小なんかについて..
by jh3qoh at 22:30
この辺りはアマチュア無線..
by JM3EHG at 12:15

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談