十勝太ロラン航路標識事務所

監視室と送信所は程なく離れており、ピックアップトラックで移動する。
シールドされた重い扉を開けるとまず6,600ボルトの電源装置が出迎えてくれた。
a0004359_23265336.jpg
もう一枚扉に隔てられておりその向こうにはガラス越しに巨大な送信装置。所内は常時20度にするためのブロアーの音とともに、64個の半サイクルパルス発生ユニットからの発振音が重なりバチバチと大きな音が聞こえる。
a0004359_23531438.jpg
以前はこの部分は真空管であったが現在は半導体素子になっている。ここで作られたパルスは出力ネットワークから結合ネットワークを得て空中線へと導かれる。それにしても1.5Mwの出力がここで作られると思うと信じられない、がそうなのである。きちんと100KHz/1500Kwの免許状も掲示されている。(当たり前か)




それを支えるセシウム発振器が送信装置の片隅に置かれていた。
a0004359_23535451.jpg
ロランチェーンは各エリアにある主局、従局とネットワークでつながっておりそれぞれから
非常に短い間隔(100万分の1マイクロセカンド)のオーダーで送信されている。

つづく
[PR]
by jm3ehg | 2008-04-12 21:25 | ラジオの時間 | Comments(4)
Commented by ふくだ at 2008-04-15 20:58 x
1500kWですかっ!
眼鏡をかけていたら誘導電流が流れたりしませんか(ぉぃ)。
冗談はともかく、すごい施設ですね。
Commented by jm3ehg at 2008-04-15 23:27
ふくださん、こんばんは!
いかがお過ごしですか?札幌も随分日が長くなりました。


いやぁ、私も1.5Kwの間違いと思っていたのですが「1500Kw」でした。
免状は「1.5Mw」です(^^;;;
空中線直下ではいささか体内の血行が良くなったような、なかったような・・・(爆)

ラジアルアース長260m!スケールが違いますね。
Commented by DOR at 2008-04-18 21:04 x
> きちんと100KHz/1500Kwの免許状も掲示されている。
「100kHz/1500kW」でしょ。1アマの人には厳しいです(笑)
Commented by jm3ehg at 2008-04-19 21:53
100kHz/1500kWですねsri。
IC-PW1がいったい何台やねんと、つっこみ入れたいくらいですが。

つなみに対応していただいた方は2技と1総をお持ちということでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44
ECD (Emergency..
at 2017-02-28 05:20
MFJ-2240テスト
at 2017-02-25 21:37

最新のコメント

QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48
I社の特小なんかについて..
by jh3qoh at 22:30
この辺りはアマチュア無線..
by JM3EHG at 12:15

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談