オーストラリアと日本の違い?

某アルパカ師のブログコメントにも書かせてもらいましたが、オーストラリアのハムイベント(食べるハムではない…)、色々な地域で開催されているのですが、メインはというと「ガラクタ市」であり、私自身もそこでアンテナや何か小物系を購入しますが、それだけで個人的にはあまり興味をそそるものではありません。

日本のハムイベント・・・例えば、指が触れる部分が傾斜になったCWキーなど、コレまさに独創的なものではないでしょうか。
(オージーからすれば、「なんで斜めなの?打てればいいじゃん」でしょう。)

ふと感じたのは、何がここまで、オーストラリアと日本とで違うのか?という部分です。(かなり強引な比較であることは前もって言っておきます。)

というのも、「オーストラリア」の場合、資源国です。広大な国土に多くの資源(例:鉱石)が眠っており、それすなわち「お金」になるわけです。
資源ブームが低迷、中国等からの安価な資源があるとはいえ、「言い値」商売でしょう。

かたや、「日本」の場合、資源のほとんどを輸入に頼らざるを得ない状況です。そういった背景からも、他国から輸入した「何か」と「何か」を組み合わせて、日本独自の「物を作り上げる」という技術が長けているのだと改めて感じました。それが、先に書いたようなたとえば、独創的な商品に繋がっていくのかとも感じました。

「オーストラリア」の独創的な物?・・・ベジマイトくらいでしょうか。


「オーストラリア」の全否定をするつもりもありませんし、リスペクトしている部分もあります。

出典はかなりまえですが、『トヨタ自、2017年末までに豪州生産撤退へ』この記事も、紹介しておきます。
結局のところ、オーストラリアから自動車工場そのものが無くなり、多くの雇用が失われてしまいました。

トヨタも最後の最後まで「紳士的に」労働者と対話を進めてきましたが、個々の実績より、まず「給料UP」という誠にオージー、典型的、自分勝手な要望を労働組合が続けた結果、トヨタが降参したわけでまさに「自爆」と言えると思います。

給料に満足していた社員にすれば、いい迷惑です。また工場だけでなく、それを支える部品産業も軒並みクローズとなりました。

さらに、オーストラリアのメーカーである「ホールデン」(現在はGM傘下)もついに、自国での生産を終了。
ここも、結局は人件費の高さや、そもそもホールデンの車が売れない。(マーケティングがダメなのでしょう。)
ある意味、自国で自分の車を作れない、オペルのOEMを続けるという部分に憐みすら感じました。

人気の車種といえば、トヨタのランクル、スバルのXVやアウトバック、現代や起亜です。(やっぱり日本車が強い。)

そういった背景も踏まえ、「資源国」として(採掘技術はピカイチなのかもしれませんが)、なぁなぁで進んできた結果、こんな状況になったのかもしれません。

ただ一方で、国民は「なんとかなるさ」的なスタンスで皆それでよいと思っているようです。
危機感が無いと言えば無いのかもしれませんが、逆に何に対しての危機感なのか?という議論にもなりそうです。


[PR]
by JM3EHG | 2017-02-08 15:45 | 雑談 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

バリスタ講習に行く
at 2017-05-18 05:36
2017年子供の日記念運用
at 2017-05-09 06:23
旧ヴィクトリアポリスHQ
at 2017-05-07 22:06

最新のコメント

土田さん、ご無沙汰してお..
by JM3EHG at 07:28
お元気ですか? 西島無線..
by JA8DJY/土田 at 18:50
VK5JST局、時々こち..
by JM3EHG at 06:52

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談