初めてづくしのPNG出張の記録

負傷した両足もようやく落ち着いてきまして、普通の生活に戻りつつある今日この頃です。

気づけば12月ももう半月が終わっており、来週いっぱいでこちらは仕事納め…やり残し感が否めないのですが、なんとか一週間でカタをつけたいと思います。

しつこいですが、個人的にもいろいろと初めてづくしであった出張の記録ということで。
内容というと、簡単にいえば下の写真のようなものです。

a0004359_20500750.jpg


パプアニューギニア(PNG)は2014年以来で、まさかまた行くとは、という思いでしたが、サラリーマンですので、行けと言われれば行かないといけません。しかも今回の現場は超遠隔サイトということで、いままでとは違います。
当然、この地域ですので、事前のマラリア予防接種は必須です。

そもそも、現場に行くにはヘリしか足がないので、「ちょっと機械がおかしいので、会社まで代品取りに行ってきます…」なんて気軽な言い訳も通用しない失敗も許されない現場でした。


現場への往路はまず、ポートモレスビーから国内線でウェワクまで。
ウェワク…太平洋戦争に詳しいかたならご存じと思いますが、ラエと並び日本軍の前線基地があった都市です。


a0004359_20415045.jpg

ウェワクのエアポートも、降りた瞬間から独特の蒸した感じの古典的な?南国の空港。この空港もガダルカナルの空港と同じく日本軍が整備したものか興味深いです。

ウェワクからサイトまではチャーターヘリで45分の飛行でした。
と、この世に生を受けて34年で、初めてのヘリでした。パイロットのGayさんから事前に説明を受けまして、「お前、ヘリ初めてか?」と聞かれたので「YES!」と答えたところ、「じゃあ、前座ってええよ」的な感じで、座らせてもらいました。


a0004359_20451630.jpg

機体登録番号、P2-HCN、ベル206ジェットレンジャーです。

当然、実用性一点張りですので気密性もないので内部は結構騒がしい。基本的に会話もデビットクラークのインカムを通じてです。
見たところ、コクピットにはベンディックスキング製のVHF航空無線機が2台、アイコムのHF機(IC-F7000!)でした。アンテナはムーンレイカー製のAT230がスキッドに沿わせて設置されているなど興味深い…。実際、飛行中はIC-F7000を使用して6MHzで交信してました。


a0004359_21010672.jpg

現場はといいますと、鉱山資源がたっぷり眠っているPNGでもあり、おもに「金」と「銅」がメインの発掘。
実際、サンプルで取得したものが保管しており、見せてもらいましたが、確かに土の中にキラキラと光るものがありました。(金だそうです。)

マイニング(鉱山)の現場はというと、朝4時半起床、5時朝食、6時朝礼・作業開始、18時作業終了という12時間労働です。しかも土日の休みは無く、シフト制となっており、この勤務体系を3週間連続で行い2週間休暇という感じです。きつい!


a0004359_21320151.jpg

聞いたところでは、これはマイニング業界では通常とのこと。このような遠隔地には娯楽もありませんので、楽しみといえば、作業後の夕食くらい。また現場は安全上の理由で「飲酒禁止」…かなり厳しい。
とはいうものの、食事も電気もすべて会社が支給するため、「お金」は貯まるそうです。(要は使うところがないから。)


一週間、現場には滞在しました。作業そのものはもう少し短縮できたと思うのですが、実際の仕事現場もヘリでないとアクセスできない場所であり、天候によってはその日は待機、、という日もあったので、こればかりは仕方ありません。

帰りはというと、現場からいったんヘリに乗り、エアストリップ(滑走路といっても草原)のあるサイトまで前日のうちに移動。
そこから、これまた初のDHC6ツインオッタ―で1時間かけてマウントハーゲンまで。

a0004359_21181969.jpg

こんな感じのエアストリップがPNGには何か所もあり、その周りにはローカルのビレッジ(村)が点在しています。定期的に政府が用意したメディカル関係や衣料品、食糧などが空輸されているそうで、実際に上空からも何か所かエアストリップが見えました。

で、今回の僕のシートはなんと「1A」。
自由席なのでどこでもよかったのですが、ドリンクや機内食のサービスは…ありませんでした。
帰りのルートはPNGでもハイランド地域(内陸部)を横切るわけで同時にロギングしていたGPSロガーの値では約4000mあたりを飛行していました。


a0004359_21112170.jpg

で、通常、高高度を飛行する旅客機の場合は気圧を地上と同じになるように調整しているのですが、この機体、たぶんそれはしていないと思います。結構、飛行中は頭痛がひどかったです。。。それに寒い。

おまけにこれもヘリと同じくかなりの騒音。幸い手元に耳栓を持っていたのでそれを付けました。

マウントハーゲンはここは「ハイランダー」と呼ばれる原住民の街で、PNGでも特に「アグレッシブ」で危険なところというのは前々から教えてもらっていたのですが、確かに見る限り、なんとも言えない雰囲気を出していました。さすがにビビりました。(目がなんだか皆血走っている。)

マウントハーゲンからは、これまた初のフォッカー100に。
エアニューギニのジェット機なんですが、かなーり古い機体?のようで天井から水が漏れていました…。
そんな緊張のフライトでしたが、無事にポートモレスビーに帰還。

後はというと、いろいろありまして、何とかメルボルンに帰ってきました。

おわり


[PR]
by JM3EHG | 2016-12-18 20:45 | 雑談 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

バリスタ講習に行く
at 2017-05-18 05:36
2017年子供の日記念運用
at 2017-05-09 06:23
旧ヴィクトリアポリスHQ
at 2017-05-07 22:06

最新のコメント

土田さん、ご無沙汰してお..
by JM3EHG at 07:28
お元気ですか? 西島無線..
by JA8DJY/土田 at 18:50
VK5JST局、時々こち..
by JM3EHG at 06:52

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談