French Island ミニDXペディション(案)

オーストラリアでは暦において9月は春となります。9月が終わると10月からはサマータイムで短い夏の季節です。

このところ、天候もそれほど崩れることがないので、以前から企図していたプラン「French Island ミニDXペディション」(案)をそろそろ発動してみたいと思います。

このフレンチアイランドとは、メルボルンの南東部にある島でIOTAでも「OC-136」が与えられている、珍しいといえば珍しい島です。

島に上陸するには、Inter Island FerriesでStony Pointから島内部のTankertonまで15分の船旅が必要で、さながらブーベ島やスプラトリーに上陸する雰囲気を盛り立ててくれます。


そのほかにもOC-136としてフィリップ島がありますが、ここは橋で行き来が可能です。
Inter Island Ferriesのウエブサイトを見てみると、複数の便が本土と、フレンチ島間に設定されているようです。

Stony Point発10:00(or 12:00)>Tankerton着10:15(or 12:15) // Tankerton発13:20(or 16:00)>Stony Point着13:35(or16:15)

このプランであれば、現地で3時間~4時間は運用に確保できそうです。


a0004359_19343676.png

システムは日ごろから使い慣れている、IC-7300+シールドバッテリー、アンテナはダイポールが妥当でしょうか。

World Wide Flora & Fauna向け(公園系?)には、「VKFF-0622」という番号が割り振られています。グリッドロケーターは「QF21PO」のようです。

島内には宿泊施設もありますので、オーバーナイトのコッテリと運用も可能なのですが、家庭内SWRも鑑みて日帰りのミニペディション形式がよさそうです。

[PR]
by JM3EHG | 2016-08-28 06:39 | KRMNPA | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談