D-star運用 DVAP

CQWWVHFコンテストはまさかの不戦敗で散ったわけですが、この数か月、地元のD-starローカルレピータ(VK3RWN)が復旧してストレスなくGW越しの交信ができるようになりました。これもレピーター管理団体の皆さんの尽力の結果です。感謝。


そんなことで、昨日は食後の空いた時間にCQをJA向けにかけてみたりしながらラグチューとFM波のようなクリアな音質でのQSOができ、またHF帯とは違った楽しみ方ができました。また、その後、シアトルからはDVAP経由で呼出を受けたりとまさに、ワールドワイドな使われ方…でFBでした。
シアトルの方は、私がVK3RWN B上で運用されていることをインターネットで掴み、呼んでいただいたそうです。


インターネットでは私がVK3RWN B配下に居ることが分かります。
この時、私のID-51の設定はVK3RWN BからGW経由で生駒430向けに設定していたわけですが、コールサイン指定等で"ZL1xxx"が直接私を呼んでいただいた場合、私は手元のID-51のRX>CSでイッパツ変換を入れますが、時々、生駒430向けの情報がそのままとなっており、本来はZL1xxx向けのQSOが同時に生駒430にもダウンリンクということが、ごくまれにあるようです。


この場合は、自分のID-51の設定は山掛け(CQCQCQ)にしておき不用意にGW越しにならないようにしておくべきでしょう。(相手はDVAPで直接アクセスしているわけですし。)


また、私の場合は気分でRPTを変えながらCQを出しますので、(当然、CQ後3分ほどワッチはします。)もし札幌430でCQをかけて応答が無く、西東京430でCQを出していた場合、札幌の方が私を直接呼んでいただいた場合、RX>CS変換だけでなく、自分のID-51もやはり札幌430にしておくのがベターです。

このため、「どこどこのRPTからです~」と言っていただけると、私もそれにID-51のRPT設定を変えることができますので安心です。この情報がないとどこのRPTから出られているのかが分からず、追っかけできない場合があります。

この結果、こちらもごくまれに、札幌とメルボルンの交信が関係のない西東京430にダウンリンク…の可能性が考えられます。

というのも、VK3RWNをDVAP等でタヌキワッチされているのでしょうか、メルボルンには関係のない、局間の通信が時々ダウリンクされてしまい、長時間運用ができない事態が発生中…いやはや難儀なものです。
(要はアメリカとイギリスのそれぞれの局がDVAPを使用してVK3RWN越しで展開されており、延々垂れ流されるわけです。)

[PR]
by JM3EHG | 2016-07-18 05:39 | D-star | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ホットな?2重国籍問題
at 2017-07-20 05:29
生存証明 6月
at 2017-07-09 11:22
KX3のJA化対応もろもろ
at 2017-06-17 22:42

最新のコメント

DJY土田さん、ありがと..
by JM3EHG at 18:56
甚だ遅くなっていますが、..
by JA8DJ at 18:03
土田さん、ご無沙汰してお..
by JM3EHG at 07:28

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談