BaMaKeY TP-II

ドイツのBaMaTech社のCWパドル「BaMaKeY TP-II」を導入…。

CWキーと言えば、イタリアのベガリなどが定番でもあり、私自身もトラベラーあたりに興味があったのですが、まぁみんな持っていますので違うものでもあればと思っていたところにたまたま、Youtubeで移動運用とかSOTA系のビデオを見ているときに見つけたものです。

初めて買った電鍵はカツミのKM-23でアキバのロケットで購入しました。が、いざ移動運用で使ってみると、「重い」、「機構的に不安定」という部分で結局のところ出番も無くヤフオク行きとなりました。

「機構的に不安定」というのは、たとえば私の場合、北海道にいたときは短い時間で隣町に移動したりと「動き」のあるものでした。
これでシートの上から落としてしまうとバラバラになり、あまり効率的にも良く無い物でした。

a0004359_16484417.jpg
そんなときに、EAWさんが北海道にお越しになられたときに、実際のCWの運用をみさせていただくと、WhiterookのMK-44をお使いになられておりました。このパドルなら落としても壊れません。ということで、このMK-44が私のCW移動運用を本格的にサポートしてくれるものになり、今に至ります。

何より、安い。これならたとえ壊れたとしても買い直しできますし、機構的にも構造が簡単ですので修理も可能。
また軽いし小さいので携行にも非常にFBです。かれこれ購入した7年ほどですが問題なしです。
a0004359_17380527.jpg

そんなわけで、いろいろとCWのパドルには触れてきたのですが、今回は初めてヨーロッパ製のものに挑戦してみることに。

BaMaTech社はもともとは金属加工屋さん?のようで車用のベアリングやギアを製造されているようですが、オーナーのMarkusがハムでありたぶんそこからハム用のアクセサリーも作っているものと思います。(あくまでも推測。)

慣れないドイツ語のWEBサイトから質問メール数回ですぐに送ってくれました。

さすがドイツ製でしょうか、金属の質感や部分それぞれからしっかりとしたつくりであることが分かります。機構的にも接点部分はクリアのカバーで覆われており外部からの衝撃にも強そうです。

実際の使用感は、この週末のキャンプ先で試してみようと思いますのでまた結果は書きたいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2016-03-25 16:48 | アマチュア無線 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


exJM3EHG Radio_eLog's From Melbourne


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

メンドクサイ、オーストラリア..
at 2017-04-26 06:34
ANZAC Day 2017..
at 2017-04-26 05:29
K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22

最新のコメント

まま、ブロック図書き書き..
by JM3EHG at 07:04
ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談