1910年式通勤電車

鉄ネタが続き恐縮です…。コレで最後になります。

AUS文化?である「ものを大切にする」≒「新しいものを受け入れない」(?)風土がマッチして適度に朽ちつつもきれいに保管、もとい時間に任せて放置されているようでした。

ここだけをクリップしてみると、国電とレンガ作りの工場、タイムスリップしたように思えます。

a0004359_22585071.jpg

Steamrail Victoriaの保有するNewport機関区のレンガ作りの整備工場の内部にもいろいろとギミック系が展示されていたりとこちらも当方にとっては興味深い内容でした。
a0004359_22483545.jpg
今回の公開範囲外もフェンス越しにちらっと見えるのですが、昔の旧車両がわんさか放置もとい保存されており、整備維持が上手く追従していない(資金不足や人員不足でしょうか。)ように感じずにはいられませんでした。

a0004359_22493790.jpg

構内にきれいに保管されていた旧国電タイプの通勤電車。今のメルボルンで走るMetlink系の初代といっていいのではないでしょうか。
車体のほとんどが木造のようです。
それにしても当時はこの車両で賄えたのでしょう。車内もクロスシートで今となっては人口の増加で通勤なんぞには使えないレベルです。
ちなみにこのNewportの工場、何度か失火で燃えています。最近でも昨年の3月に火災がありこの車両の一部が全焼、台車だけが残ったようです。

a0004359_22544855.jpg
さりげなく構内の柱にあった我が最寄駅、「Clayton」の駅名版。

今回のイベントにおいても、すでに現役を引退した多くの人が趣味の延長線上で鉄道の運営を楽しんでいるように思われました。
蒸気機関車など日々の手入れを怠らず丁寧に整備されている姿に感動するとともに、このような機会を提供いただいたことに感謝したいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2016-03-12 23:06 | オトナの社会見学 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談