「空飛ぶ学校」The School of the Air

今回、NT州のアリススプリングスに出張にいった勤務先の営業さんからもらった観光パンフレットの中に気になる言葉をみつけました。『School of the Air 』ということばで、直訳すればさしあたり「空飛ぶ学校」でしょうか。
ちょっと気になりましたのでこの「空飛ぶ学校」について調べてみることにしました。

The School of the Air and remote learning

Lessons in Outback got to flying start / TROY LENNON THE DAILY TELEGRAPH JUNE 08, 2011 12:00AM

a0004359_15595427.jpg

日本ではあまり想像することが難しいと思いますが、広大な国土を有するオーストラリアでは遠隔地のリモートコニュニティというものが引き続き存在しており、当然そこには人の暮らしがあるわけで、平等に教育を受けることが必要であり、この「The School of the Air 」とは1950年代当時、インターネットやサテライト回線が無い時代において、短波帯無線機を使用して遠隔地に住む子供たちに教育(授業)を行うという取り組みでした。

先生は町の中心部にある送信所から時間を決めて授業を電波に乗せて行い、それを遠隔地の子供たちが受信し、また場合によっては子供たちがPTT操作をして先生に問いかけに返事をするという仕組みのようです。

今となっては映像と共にスカイプなど、高品質での通信が可能ですが、このHF,VHF帯を用いた「The School of the Air」は直近では2003年あたりまで実施されていたようです。

子供たちが使用する無線機の詳細は分かりませんが、フィリップスやAWAあたりが一括でリモートサイト用に開発したものでしょうか。
アリススプリングスには「The School of the Air」のミュージアムがあるようですので、ここはオトナの社会見学として要現地調査ですね。


[PR]
by JM3EHG | 2016-02-15 06:49 | 雑談 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談