VK免許事情

P29(NICTA)やH44(TSCI)でライセンスを取得したときは運用場所の情報と共に無線機も申請に必要でしたが、これは日本の方式と同じように思います。

一方でW3EHG(FCC)やVK3EHG(ACMA)を取得した際は当然自宅の住所は必要でしたが、無線機は免許申請には不要です。

このあたりは国々の(電波行政の)考え方と思いますので、一概に否定もできませんがこちらの免許事情のアドバンテージとして「色々なモードがすぐに運用できる」という部分です。
日本の場合、局免の申請以外にも無線機と外部装置(リニアアンプやインターフェース)を使用する場合も「変更届」なるものが必要であり、総務省の審査が必要です。(時間も費用も。)

一方でこちらの場合は一度免許(コールサイン)を取得すればそれ以降はあくまでも個人の責任のもとで様々な運用が認めてられています。
VKの場合、クラスによって運用バンド、モード、送信出力が決められているだけで、使用する無線機も技適や保証認定等の概念がありません。

FCCやACMAがアマアマなのか、それとも日本が厳しすぎるのか…。


[PR]
by JM3EHG | 2016-01-16 18:30 | VKハム事情 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

VK9MA Mellish ..
at 2017-11-06 05:46
ガダルカナル島 Coastw..
at 2017-10-31 05:54
再開局
at 2017-10-26 05:55

最新のコメント

すみません、、、私の読み..
by JM3EHG at 06:22
ありがとうございます。 ..
by JM3EHG at 06:22
>クラブログメンバーでは..
by jf3eig at 21:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談