ネット通販でRefund

ここAUSに来てからは、品物の品質の悪さや価格の高さで物欲が湧くわけもなく、もっぱら一時帰国時の爆買か、ネット通販が主になりました。電子パーツ屋にしても自宅近くにこれ幸いに2店舗もあるのですが、どれも「ハズレ」でよくもまぁこれで商売が成り立っているな、という感じ。(商品のセレクト事態がおかしいとか…)

基本的にパーツ類は米国からの通販が多いわけで、通販手数料や送料を入れても豪ドルより安いのなら消費者としては当然そっちを選択するでしょう。おまけに取扱い商品レンジも豊富です。


さて、これは単なる散財記録な訳ですが、最近のCQ誌などでは「MLA」というスモールループアンテナのネタばっかり。そんなにいいなら一度買ってみようというわけで、洗脳されました…。
早速、それではとアメリカの某社のものを購入してみたのですが、到着して開封してみるとなんだか想像していたのとちと違う。

そもそも、荷受けした時点で梱包がやたらとでかく、「うーん、これがコンパクトループかぁ?」な感じでした。
ぽちっとする前も、eham.netのレビューやQSTの記事、Youtubeなどである程度の下勉強はしたつもりだったのですが、大きさもさることながら、MLAでは肝のマッチングボックスも意外とチーパーで雑な感じ。しかもエレメントの一部は別梱包とかちょっと…。

マッチング用のバリコン位置のレタリングがずれていたり、チューニングインジケーター代わりのLEDブラケットはなんだか外れていたりと、今回の買い物はちょっと予想外の展開でした。

一度でも人間、マイナスに捉えてしまうとなかなか挽回できないもので、いろいろとポジティブになるように考えたのですが、開封初日の時点で「返品をどうするべ」と考えだしていました。(ということでインボイスや送り状はすべて控えていました。)
3月の所属クラブのフリーマーケットで売り飛ばすかも考えましたが、これだと半額以下にしないと買い手はいなさそう。

そんなことも考えながらも、購入した某社のWEBを読み直すと「Free refund」の文字が…。
No reasonでも対応してくれるようですので、早速メールしてみると、(当然ですが)「ほかのタイプのアンテナはどうだ?」的なオファーも何度か来たのですが、今回は「No thanks! I just want to Refund this time」で何とかOKでした。

なかなか日本人からすれば「返金」、「返品」はあまりなじみのないことかもしれませんが、AUSにしても「Change my mind」の理由で比較的スムーズに返金に応じてくれます。(ただし未使用とか90日以内などの制限はありますが。)


返送の送料は勉強代として致し方ありませんが、改めて「購入前に実機を見る」ということを感じる勉強となりました。
(実際に事前に見ていたらまず購入しないだろうな、、、というものでした…)

[PR]
by JM3EHG | 2015-12-01 05:00 | アマチュア無線 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44
ECD (Emergency..
at 2017-02-28 05:20
MFJ-2240テスト
at 2017-02-25 21:37

最新のコメント

QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48
I社の特小なんかについて..
by jh3qoh at 22:30
この辺りはアマチュア無線..
by JM3EHG at 12:15

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談