KXAT3とヒートシンク改造キットのインストール

オーストラリアといえば、常夏な感じでビーチサンダルにタンクトップシャツな感じを想像されることと思いますが、それはせいぜい、オーストラリア大陸の北(VK4とかVK8)あたりまでであり、メルボルンのVK3となると一年の半分以上は「冬」な感じで、むしろヨーロッパ圏の寒々しい雰囲気、表現が正しいような気がします。


かねてから?計画していたお楽しみ会を開催しました。といっても単にこっそり購入していた内蔵ATUとヒートシンクキットのインストールなんですが、今の主力無線機KX3の変更作業を。

a0004359_12284330.jpg
まずはKXAT3なんですが、特に問題もなくインストールができました。主要部品(いやすべてか)すでにアッセンブリされており、プラスドライバーとピンセットくらいが必要工具。あっさりしたもんです。とりあえず取説に目を通して作業の流れを理解するまで5分、インストール5分で完了。


次にヒートシンクModパーツの取り付けも行いました。
これはもともとKX3の定格10wが結構カツカツでマトモに運用できない問題を抱えていたわけで、いろいろサードパーティのメーカーから改造キットが出ていたのですが、いかにも「ヒートシンクです」なデザインで躊躇していました。そんななか、ようやくエレクラフト本家から外観を損なわない程度の厚さのヒートシンクが出たものですから、ついつい購入してしまいました。
a0004359_12335808.jpg

さっそくインプレ…ですが、まぁ、5wと10w、あんまり違いは感じませんが要は気分ということで。
新旧のヒートシンクですが、パッと見ではあまりわかりません。ミーハー的には面白みがないかもしれませんがヒートシンク分の重さも相まって、KX3そのものもどっしりした感じになりました。

あと、KXAT3も思っていた以上にクイックなチューニングで少々びっくり。
ATUスルーとオンでの受信感度の差も感じることなく、当然、パワーロスもなくよくできているのではないでしょうか。
もともとVCHアンテナとか、グランドの影響うけまくりで難儀していたのと、7MHzの運用でCWとSSB(当地はもっぱら7090のSSBですが)を運用するにそんな広帯域に当然マッチングがとれるわけでもないので、これでスムースな運用をば、と考えていました。

KX3も微妙にフルオプ状態に近づきつつありますが、こんな感じでエンドユーザーの好みに応じてOP品が選べる無線機もぜひJPメーカーから出してほしいなぁとつくづく感じる次第です。



[PR]
by JM3EHG | 2015-08-29 12:35 | KX3 CRK-10A | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談