2015年5月5日 子供の日の運用で思ったこと

子供の日といえば、南極昭和基地の局との交信がヤングハムの風物詩だったわけですが、なにやらアンテナがブリザードで破損したということで今年の運用はキャンセルになったと、風のうわさを聞きました。

さて、先日土曜日は件のVI局もともQSOできたりとコンディションもよかったので、ちょこっとだけ21MHzで運用。
その中で私が札幌駐在中にたいへんお世話になった方と久しぶりにQSOができました。その交信から、ヤングハムのみなさんが活躍するJR8YMVのイベントが子供の日にあるということを知り、ではではVKからちょっとお邪魔します、、、な感じでトントンとQSO中に決まりました。


a0004359_17262223.jpg
特に写真も無く、すみませんすみません。

本番当日は当然、VKは通常業務の日ですので定時で切り上げてさっそくセットUP。(といってもIC-7000を用意するだけですが…。)
お約束していた21.230MHzのワッチに入ります。間もなく、北海道からの信号が57-59のレベルで入感してきました。

そんなこんなでさっそくヤングハム(YLさん!)とQSOとなったわけですが、オーストラリアからの信号、どのように感じ取ってくれたのでしょうか。個人的にも興味があるところです。
なかなか、当方も気の利いた返事ができなく、反省する部分もあるのですが、この今回の交信から何か得られるものがあったのであれば、私としても、それはこの上ない喜びです。


今回のスケジュールQSOでは、免許取り立て(コールサインは手続き中)の方(こちらもYLさん!)ともQSOさせていただきましたが、10wでのオンエアーであり、正直なところ、信号の浮き沈みも加わりヘッドホンが必要な状態でした。
さらに通常の交信スタイルであれば、10w/SSBでのQSOは他局とのパイルアップ等からピックアップさえも厳しかったと思います。できたとしても、パイルアップがある程度収束して以降(当然コンディションも変化しつつある中)であったと思われますので、やはり10w局とのQSOはスケジュール等を組むのが比較的効率は良いものではないかと感じました。


アマチュア無線の醍醐味でもある「一期一会」的な出会いの意味から見れば、スケジュール交信は事前に時間や周波数、運用者を擦り合わす部分から賛否両論、意に反するかもしれません。
一方で、このような状況において、運用者自身も「10wでは満足に交信には至らなかった、じゃあ次は3アマを目指そう」という意識を持ってもらえる等、キッカケづくりの一つの手段としてポジティブに捉えたいと私は思います。

オーストラリアは、アマチュア無線の世界においては比較的マイナーなエンティティではありますが、今後もこのような形でのサポートは歓迎です。
こちらとしてもぜひ出来る限りの協力をさせていただきたいと思います。


[PR]
by JM3EHG | 2015-05-06 17:38 | アマチュア無線 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

里帰り帰国中です
at 2017-10-17 09:10
RAAF Museum@Po..
at 2017-10-01 10:38
目指せAJD? 今年もD-s..
at 2017-09-26 20:36

最新のコメント

OYMさん、今回はQSO..
by JM3EHG at 15:06
 それは良かったですね。..
by OYM at 17:38
QOHさん、返信が遅くな..
by JM3EHG at 21:28

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談