SOTA VK3/VC-018 Mt Buninyong

グレートオーシャンロード徘徊から内陸部に入りColacという(某便秘の薬の名前みたい)町で一夜を明かしたのですが、このままですと自宅まで2時間という距離でしたので、さらに内陸まで進んでバララットまで目指すことにしました。

当然、途中にはSOTAでカウントされる「Mt Buninyong」という山があります(笑)

a0004359_14350348.jpg

このMt Buninyong、山頂近くまでモービルで乗り付けることができますので、私のようなズボラハムには非常にありがたいところです。
山頂にはAUS定番の火の見やぐらも立っていましたが、時間も無い(持ち時間は30分)ことですので、早々にKX3をセットUPし7090でオンエア開始。

この周波数はSOTA系のメインチャンネル的な位置づけでもありますので、CQイッパツ目から声がかかります。またこれもJAと同じく「蔵上げ」もオファーいただきましたのでありがたく受けることに。(時代はインターネットクラスターのようです。)
a0004359_14450475.jpg

しかーし、やはり短縮バーチカルアンテナ故に後先が続きません。

・標準的な移動局は1回の山頂運用で7MHzのSSBのみで10~20局はされるようです。
・交信ログはブログですべて公開するのがこっちではデフォのようです。(なのでQSO数がわかる。)
・基本的にはFT-817(5w)にフルサイズのダイポールもしくはギボシ系。

KX3で出力は5wですので、TRX系では問題ないはずです。
やはり「フルサイズ」アンテナでしょうか…悩むところです。当方の場合、当然滑舌の悪い「英語」も条件に入るでしょう。

幸い、このSOTAは山頂(日本でいう三角点)から数百メートルがActivationの範囲ですので、その範囲内で広場等があればフルサイズアンテナの展開もOKでしょう。(三角点の真上でQRVではない。)

途中、アンテナを変えて28MHzにも挑戦してみましたが、当然ボウズの結果…。CWもサッパリ。
やはりCWはアクセプトされ難い運用モードなのでしょうか…。

とにもかくにも、まずはQSOを上げるのが目下の目的、、、
「山頂におけるフルサイズアンテナの設置」、この辺りは現場状況次第というところで今後、検討してみたいと思います。

[PR]
by JM3EHG | 2015-04-06 14:46 | SOTA | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

CWキー
at 2017-09-12 22:25
Diamond Valley..
at 2017-09-12 21:30
IC-740がやってきた
at 2017-08-24 06:18

最新のコメント

QOHさん、返信が遅くな..
by JM3EHG at 21:28
この頃のHF機はシンプル..
by jh3qoh at 19:34
GM OM。 以前の機..
by JM3EHG at 07:11

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談