Lake Boga Flying Boat Museum その2(掩体壕編)

さて、Lake Boga Flying Boat Museumを見学して気分上々だったのですが、肝心の、テレビニュースで見た通信施設が見当たらないことに気づきました。

いちおう館内を見渡したのですがそれらしき入口、建物がないため、あきらめモードでもあったのですが、念のため入口にいたボランティアのオッチャンに「この前テレビでやってた建物探しているんやけど、どこかな?」と聞いたら丁寧にも「それはBunkerやからいったん外に出てガーデンから入ったらええよ」と教えてくれました。
a0004359_15372651.jpg
XYLから与えられた時間は30分…これは大変と大急ぎで行くと、確かに地中の半分に埋没した「Bunker」を発見!なにやら屋上にはこの前のテレビニュースで登場していたと思われるワイヤーアンテナもそのままでありました。
a0004359_18283183.jpg
さっそく、空調の効いた内部に入ると、怪しいマネキンとともに当時の通信施設を再現したものが展示されていました。
各部屋はベニヤ板で囲まれているようですが、これも当時のシールド技術だったのでしょうか…。
水上飛行艇の展示している本館?は人気のようですが、やはりこのBunkerはマニアック過ぎて誰もいません。

戦時中の通信施設はこのような感じだったのか、と連想させる展示構成で期待通りの内容。
a0004359_15384812.jpg
AUSでは超有名のAWA製の受信機(CR-6A)を発見。私個人的にはAWA…阿波電気と呼んでます(爆)

先日のTVで見たのは、このBunkerからメルボルンのハムと何かのメモリアルでモールスで通信をしたというのがニュースの趣旨だったのですが、なかなかそれもロマンチックではないですか。

以前、日本の中波ラジオ局送信所(確かIBS釜石?)が閉鎖されるに、そのアンテナ(確かT型のダイポール?)を使用し160mバンドを運用した記事を見たことありますが、なんだかそれに通ずる感じがします。
a0004359_15430215.jpg
通信施設コーナー以外に、医務室や電話交換室、タイプライターを設置した部屋もあり、当時の様子が何となくですがわかる内容でした。

ということで、かなり端折り気味で書きましたが、久しぶりのオトナの社会見学、エンジョイさせていただきました。
[PR]
by JM3EHG | 2015-01-08 06:48 | オトナの社会見学 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談