RF技術者のこれから・・・

先日は1年に1回開催される主に業務無線機器、またそれらに関連する機器(測定器や電源、アンテナ・・・)のショーに参加してきました。

これはあくまでも業務ベースでの無線用途ですので、俗に言うアマチュア無線など趣味の無線を対象にした「ハムフェア」とはすこしカラーが違うのは当たり前です。

アマチュア無線の世界でも、もはやリモートコントロールシャックやオンラインログ(これはちょっと違うか?)など、IP網との連携がもはや当然となってきていますが、やはり業務無線の世界でも同様。
単に無線機だけの動作ではなく、プラスIP網への柔軟な接続、それによる広範囲の通信範囲の確保が当たり前のようになってきました。もちろん変調方式は完全「デジタル」です。

a0004359_1932959.jpg
本文と写真は関係ありません。


と、前置きが長くなりました。
「RF技術者のこれから・・・」とタイトルに大げさに書いたのも訳があります。

私もめでたいことに先の10月でとうとう30代の大台に乗ったわけですが、ざっと見ただけでも顔ぶれのほとんどが、やはり40歳代から50歳代(もしくはそれ以上)なのです。想像通り・・・というところかも知れませんが、そうなんです。(正直なところ私と同世代の顔は見なかったです。)

趣味の「ハムフェア」と違い、今回のショーはあくまでもビジネスですので、来場者も自ずと業界関係者になります。

なにが言いたいのかというと、将来インターネット網などIP技術、携帯端末、モバイル技術が今まで以上に発達してきても、同時にRFなど無線通信、高周波技術も日々進化していきます。
「無線」だから出来ること、いっぱいあります。

RF(高周波、特にいうとHF~SHFのレンジ,発展途上国となるとまだまだHFの業務も主力。)となると、ぐっと技術者の年齢層がUPしているのでしょうか。

それこそ時には命綱一本で30mの鉄塔に登らされたり、測定器を担いで山の上に上がったりと、フィールドの最前線で活躍するRF技術者の高齢化というのは日本だけでなく世界でも同じである・・・。

個人的にも今回のショーで改めてでもありますが、顕著に感じたわけです。
[PR]
by JM3EHG | 2012-12-06 19:26 | VKハム事情 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


子育て奮闘中です。


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ナショナルパークアワードの参加賞
at 2017-12-07 05:53
2度あることは3度ある? P..
at 2017-12-01 20:58
VK9MA Mellish ..
at 2017-11-06 05:46

最新のコメント

すみません、、、私の読み..
by JM3EHG at 06:22
ありがとうございます。 ..
by JM3EHG at 06:22
>クラブログメンバーでは..
by jf3eig at 21:28

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談