超遅延エコー

昨夜、ふとしたことで思い出したこの単語、「超遅延エコー」。

自分の信号が数時間を経て再び聴こえるという不思議な現象。
当時は月刊ファイブナイン誌で積極的に議論されていたのですが、はて。

大学生のときに三鷹の国立天文台に研修で出入りしていたのですが、知り合いの先生から
「堀内くん、このハナシ知ってる?」と先の59誌のコピーを見せてもらいながら
あれこれ議論をしていました。

いまとなっては、その後が気になるところです。
[PR]
by JM3EHG | 2012-02-02 15:56 | アマチュア無線 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

育ハムへの道?長女が誕生しま..
at 2017-03-28 21:24
速報 EMDRC Hamfe..
at 2017-03-26 16:39
生存証明 3/17
at 2017-03-17 06:44

最新のコメント

ご出産おめでとうございま..
by jn4jgk/3 at 07:07
QOHさん、確かに特小の..
by JM3EHG at 05:48
I社の特小なんかについて..
by jh3qoh at 22:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
KX3 自作キット
JT65・SSTVモード
D-star
オトナの社会見学
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談