ちょっとARRLまで HQ訪問記

現地で運用するかなぁと考えたものの荷物増えるからヤメトコ・・・あっさり玉砕。
折角なんだしそうや、ARRLまでお出かけしてみようと計画しました。これなら出来そうです。

行きはマンハッタンのpen-stationからamtrakで。途中newhavenで乗り換え、しかし動かない・・・。
車掌がごちゃごちゃいっているけど理解不能。とりあえず隣のおばちゃんとおしゃべり。

「いつもこうなのよ・・・・」だそうで。
a0004359_1284420.jpg

結局1時間遅れでhartfordに到着。時間も詰まってきていたのでタクシーを捕まえました。($15)
場所を言うも運転手さんに分かってもらえなかったので、QSTを見せてこの住所に行ってくれ~とお願いしました。

約20分ほどで到着。郊外の静かなところです。木々も秋の色が濃くなり、しばし散策。
モニュメントやマキシム記念局の撮影を楽しみました。
a0004359_1324368.jpg

WEBのvisit usを見てもらうと分かるのですが、平日1時間ほどのサイトツアーをボランティアによって開催されています。

簡単な受付を済ませ、今回のガイド役Sez(K1SEZ)さんとアイボール。好きなモードは?とかDXCCはどれくらい持っているの~?日本人をガイドするのは始めてだよ~とツアー前から盛り上がってしまいました。
JAのコールも書いとけ!と名札を手渡させました。

メインロビーに展示されているクラシックなラジオの解説から始まり、非常災害時に使用する通信セットの紹介や、QSTの編集室、テクニカルレビューを書いているlabを見せてもらったり。
a0004359_1331246.jpg
QSLビューローも見せてもらいましたが、女性スタッフのかた1名で仕分けをされていました。
「これがJAに送るダンボールよ!」とちょうど梱包されている状態でした。(あて先はもちろん島根です。)
a0004359_23422882.jpg


ここのオフィスでは100人ほどのスタッフが仕事に就かれているようです。すれ違うスタッフの皆さんに、Sezさんが日本からやってきたvistorだよと紹介されたりで恥かしかったです、Hi。
a0004359_23422191.jpg
QSTの書庫では、あなたの誕生日はいつかなということで、1982年の10月号を発掘。ペラペラとめくりましたが懐かしい・・・広告でした。
a0004359_23434481.jpg
HQ局であるW1HQのシャックも見せてもらいました。スタッフの方が運用されておりIC-756PRO3とIC-746PROがセットアップ。アンテナはSteppIRでした。(うらやましい・・・)

2階建ての建物で、内部は明るく、またスタッフ皆さんが和気あいあいとお仕事をされています。sezさんにはラウンジでジュースをご馳走してもらい、あーだこーだとタクシーが来るまで過ごしました。

突然の訪問でも皆さん笑顔で話しかけてくれ、アマチュア無線という共通の趣味を元に交流を深めることができた素敵な思い出です。
[PR]
by jm3ehg | 2010-11-14 02:06 | 海外運用ネタ | Comments(6)
Commented by ms at 2010-11-14 20:12 x
写真と記事を眺めていて、我々の日常とは次元が違う空間のような気持ちになってしまいました。
でも、無事に帰宅されたんですね!
Commented by JE4SMQ/KH0K at 2010-11-16 20:17 x
いいな~ARRL本家。
いいな~アムトラック。
US本土は憧れです。
Commented by jm3ehg at 2010-11-16 20:54
MSさん、こんばんは!

確かに、我々の日常とは少し違う感じでしたが、やはり趣味が同じという同士ということで、それはすぐに消えてしまいました。

またARRLに行ってみたい?といわれると、Yesです。
それだけに日本から訪問となると大変ですが、今回のように旅のオプションで組み込むには、最適のツアーでした。
Commented by jm3ehg at 2010-11-16 20:58
KH0Kさん、コメントありがとうございます。

アバウトなところ?なだけにamtrakは遅れまくりで散々でした。

ARRLからの帰りのタクシーでは、「youはハムかい?」など、会話も弾み楽しかったです、HI。
ぜひ、機会があれば訪問をお勧めします。JAからの訪問を歓迎してくれますよ。


Commented by DOR at 2010-11-18 07:36 x
俺がサンディゴ(始発駅)からアムトラックに乗った時も1時間遅れで出発。でも誰も文句を言わずに、ホームで立っているのが信じられなかった。

ARRLとちがい、日本のQSLビューローは見学できません。
http://dora.idou.net/blog/archive/2010/11/qsl_bureau.html
Commented by jm3ehg at 2010-11-20 21:56
DORさん、こんばんは!

遅れるのが当たり前の文化みたいで、少しカルチャーショックでしたがこれがアメリカなんだなーと痛感。

それにしても、某QSLビューロー、良く分かりませんね。
会費も払っているのに、業務を公開してもいいんじゃないかと思うのですが・・・(私感です)

配送の受け入れも、時間も謎です。
そう思うと、ARRLのオープンな風土がさらに強く思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


技術屋の憂鬱


by JM3EHG

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

K-CW7023-B 到着
at 2017-04-18 05:22
無線電信トランシーバキット ..
at 2017-04-09 17:03
「いかに育児をしながら自身の..
at 2017-04-03 22:21

最新のコメント

ん〜保認料を思うと… ..
by jh3qoh at 22:37
QOHさん、面白そうでし..
by JM3EHG at 20:55
おっ… 面白そう。 安い..
by jh3qoh at 20:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

カテゴリ

アマチュア無線
移動運用
VKハム事情
海外運用ネタ
SOTA
KRMNPA
ラジオの時間
自作・キットネタ
JT65・SSTVモード
オトナの社会見学
D-star
育ハム
旅行・食べ歩き
ドライブ・キャンプネタ
雑談